鉄道ホビダス

『トワイライトゾ?ン・マニュアル14』いよいよ発売!

IMGP4193.JPG
「今年は出ないの?」とお問い合わせが殺到(…でもないですが)している『トワイライトゾ?ン・マニュアル』ですが、いよいよ来週21日(金曜日)に発売となります。毎年夏に1冊ずつ発行してきた『マニュアル』も、ついに14巻目を数えるまでになりました。しかもこのいわば“今年度版”No.14は怒涛の492ページ!

今年はB滝が中心になってまとめただけあって、私鉄の貨物列車と貨車ネタの充実ぶりは驚異的です。B滝好みの小田急はもとより、これまでほとんど紹介されることのなかった関西大手私鉄や名鉄の貨物輸送に関する記事も満載です。渋目の記事ではお馴染み三宅俊彦さんの「稚内駅3代記」、吉田明雄さんの「笠間稲荷軌道」、今井 理さんの「黎明期の国産瓦斯倫機関車」も大作です。編集の都合で昨年は休載となってしまった松田 務さんの保線車輌探求は「モロ、ハイモ」、相変わらず精力的に森林鉄道跡を歩き続けている竹内 昭さんからは「東大農学部軌道」の詳細レポートが来ております。硬派な記事ばかりなく、モデラーや撮影派にとっても心を揺さぶられる写真や記事も満載でお送りします。
▲「1冊で“立つ”マニュアルは初めて」とはB滝の言。本当に厚い。ちなみに、以前このブログで次のマニュアルでご紹介…と書いた常磐炭礦西部鉱業所のグラフは諸般の事情で今回間に合わず。失礼しました。

IMGP4195.JPG
さらに、今年の付録はちょっと趣向を変えて「昭和5年版・貨物営業粁程表(連帯線)」を収録しました。これは同年4月現在で鉄道省と連帯運輸契約を結んでいる私鉄・軌道・専用線・航路、さらにはいわゆる“外地”の連帯運輸線とそれを結ぶ航路について、実際の営業粁および運賃計算上の貨物営業粁、さらには貨物取り扱いの制限を一覧表にしたものです。すでに廃止されてしまった私鉄はもとよりのことながら、何といっても白眉は時刻表にも記載のない軌道の停車場名とその粁程が記載されている点です。しかも末尾の「五十音別駅名表」は鉄道省停車場を含めて、当時のすべての貨物取扱駅を索引にしたもので、すべてに読み仮名がつけられているため、廃止私鉄や軌道の難読駅名の判読にも有用です。

お待たせした分たっぷりのボリュームで、秋の夜長どころか、じっくり読み込めば年内一杯充分楽しめるこの『トワイライトゾ?ン・マニュアル 14』、定価は2500円です。是非ご覧ください。

レイル・マガジン

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.