鉄道ホビダス

2009年12月 4日アーカイブ

PA120031%5B1%5D.jpg
▲塗装と車体標記を施した完成例。完全なスケールモデルではないが、ヨンサントオ以前は“どこにでもいそう”な国鉄のワム1形/ワム3500形をモチーフとしている。
クリックするとポップアップします。

鉄ホビ・ダイレクト特製品として今年初めに発売し、多くの皆様にご好評をいただきました16番「観音トム」トータルキットに続き、16番の“ちょっと旧めの貨車シリーズ”第2弾として発売した「木造ワム」トータルキットが好評をいただいております。しばらく品薄状態が続いておりましたが、来週には再出荷可能となりますので、この機会に店長のB滝より再度ご案内させていただきたいと思います。

GG6O4659.jpgこの製品は、トム同様に精密ロストワックスで車体を製作したもので、車体の補強リブや細かなパーツ取り付けという面倒な工作を一切省いた構成。屋根板、床板、そしてフレーム材はエッチングおよびプレス加工を行なった真鍮製パーツを使用しています。足廻りのパーツはシュー式軸受、φ10.5のスポーク車輪、ブレーキテコ関連や床下器具パーツなど一切が付属します。パーツ取り付け用の穴あけ+ネジ切り(タップ立て)とハンダ付け工作はユーザーの皆様に行なっていただく必要がありますが、手馴れた方でしたら半日もあれば完成に持ち込んでいただける貨車のキットです(軸受の取り付け穴を調整していただくと、13mmゲージにも対応します)。
▲すでにたいへんな好評をいただいている「観音トム」。やはりヨンサントオ以前の、ことに地方鉄道のシーンには欠かせない仲間。
クリックするとポップアップします。

GG6O3591%5B1%5D.jpg
▲「木造ワム」トータルキットの構成内容。車体側板と妻板はロストワックス一体となっており、工作性はすこぶる良い。
クリックするとポップアップします。

製品のプロトタイプは国鉄のワム1形/ワム3500形で、車体補強無し、鋼製貨物ドアの極めてプレーンなスタイルを再現いたしました。ヨンサントオまでの国鉄貨物列車編成に混ぜていただければ雰囲気の良い列車が蘇ります。またヨンサントオ以降とする場合は車体に黄色の帯びを巻いた「ロ車」としていただくか、救援車や工作車などの事業用となった仲間とするのも一興。加えて私鉄に払い下げられた仲間や、国鉄木造ワムの設計を流用して誕生した私鉄貨車とすることも出来ます。

GG6O3569%5B1%5D.jpg
▲いわゆる“素組み”未塗装状態の「木造ワム」。ブラス製品ならではの輝きがモデラーの心をくすぐる。端梁のバッファー穴もその歩んできた歴史を物語るようで魅力的。
クリックするとポップアップします。

さて、トム、ワムに続く“ちょっと旧めの貨車シリーズ”の次期予定製品も設計、試作が着々と進んでおりますので(思いがけない車種、形式になる予定です)どうぞご期待ください。
鉄ホビ・ダイレクト特製●16番「木造ワム」トータルキット
価格:9,800円(税込)
ホビダスナンバー 51897119

waga_jnr003b.jpg

090820n008.jpg

レイル・マガジン

2009年12月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.