鉄道ホビダス

2009年12月 1日アーカイブ

091201nn0250.jpg
▲C58 363号機の機関士席で至福の時間を過ごす前原さん。詰めかけた報道陣のリクエストに応えて汽笛を鳴らしたものの「本職のように良い音では鳴らせません」。'09.11.28 三峰口
クリックするとポップアップします。

またとない秋晴れの空の下、波久礼-樋口間で「門デフC58」を堪能した前原さんは、ふたたびSPに護られながら三峰口駅へ。三峰口ではテレビ・新聞等のプレス対応の囲み取材が予定されており、車列は国道140号線の秩父市内の混雑を避けて荒川左岸を武州日野駅へと向かいましたが、幸いなことに5001レを追い抜くことができ、急遽、武州日野駅で予定になかった撮影を行なうこととなりました。

091201n0224.jpg091201n0225.jpg
▲三峰口に到着した前原さんは駅長室でナッパ服に着替えてC58のもとへ。すでに駅前には大臣をひと目見ようとする人垣が…。'09.11.28 三峰口
クリックするとポップアップします。

波久礼の撮影地で「今日はワンチャンスですから…」とちょっと寂しそうにおっしゃっておられた前原さんにとっては、願ってもないシャッターチャンスとなったようです。

091201n0228.jpg5001レの到着を追いかけるように三峰口駅に到着した前原さんは、まずはナッパ服に着替えるために駅長室へ。すでに駅周辺にはテレビ中継車やプレス関係車輌がびっしりと停まっており、駅前は大臣の姿をひと目見ようとする地元の皆さんで黒山の人だかりとなっていました。真新しいナッパ服に着替えた前原さんは、さっそくC58のキャブへ。機関士席からプレスの囲み取材に応えようというわけです。
▲いざ転車台へ。わずかな区間ながら、憧れの添乗にご満悦の様子。'09.11.28 三峰口
クリックするとポップアップします。

091201n021n.jpg
▲たくさんの報道陣に囲まれる機関士席の前原さん。こののち転車台へ、さらにホームへとプレス関係者もC58を追って構内を右往左往…。'09.11.28 三峰口 P:武田忠雄
クリックするとポップアップします。

テレビ・新聞関係の記者さんからの質問は、私たち専門誌からみると「?」なものが多く、機関士席に座った前原さんからは「C58のCはどういう意味か知っていますか」と逆質問が投げかけられる場面も…。それでも「ご自分を蒸気機関車に例えると何形ですか?」という女性記者の質問に、「一番好きなのはC55、C57ですが、スタイルが良いC型機よりも、スピードは遅くともしっかり粘着をとって確実に重量物を牽引してゆくD型機になることが政治家には大切です」と応じられていたのが印象的でした。

091201n0268.jpg
▲前原さん一行は三峰口駅から秩父駅まで5002レに乗車。名残の「門デフ」を掲げて軽快に下りこむC58 363号機。'09.11.28 武州日野-武州中川
クリックするとポップアップします。

昼食をとる間もなく慌しくプレス取材を終えられた前原さんは、三峰口駅から5002レで秩父駅へ。到着後は秩父まつり会館を訪れ、12月3日に迫った秩父夜祭(2日宵宮、3日大祭)の笠鉾と屋台の山車を見学、そののち秩父神社を参拝されて、分刻みの視察日程を終えられました。

capture_520px.jpg
▲上の画像をクリックすると動画(再生時間 0分51秒)がご覧になれます。
※音声付きですので、再生の前に周囲の環境にご配慮ください。なお、MACでは再生できない場合があります。

わずかな時間ではありましたが、ほんとうにひさしぶりの“線路端”で、愛機のシャッターを切り、石炭の匂いを嗅ぎ、超多忙な前原さん、いや国土交通大臣も多少なりともリフレッシュされたのではないでしょうか。

waga_jnr003b.jpg

090820n008.jpg

レイル・マガジン

2009年12月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.