鉄道ホビダス

京葉線にもE233系。

%EF%BC%A5233keiyouimage.jpg
▲京葉線に投入されるE233系の外観イメージ。 (JR東日本プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

「故障に強い車輌」、「人にやさしい車輌」、「情報案内や車輌性能の向上」、「車体強度の向上」をコンセプトに開発されたJR東日本のE233系電車は、一昨年秋に中央線用の0番代が誕生して以来、次々とバージョンが登場して今や首都圏の通勤電車の顔と言っても過言ではありませんが、このたび新たに京葉線への投入が発表されました。

233%E4%BA%AC%E8%91%89%E6%A6%82%E8%A6%81.jpg
京葉線に導入されるE233系は、従来車と同様に拡幅車体を採用して混雑緩和を図るほか、電気機器や保安装置などの主要機器を二重系化して、車輌故障における輸送障害の低減が図られる予定です。また、新たにWiMAXを活用した情報案内表示装置を客室内各ドア上に設置して、運行情報やニュース等が迅速に表示されるようになります。
▲京葉線用E233系の概要。WiMAXアンテナによる案内放送設備に注意。 (JR東日本プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

新造輌数は計250輌で、投入開始時期は来年2010年夏とアナウンスされています。なお、運用区間は京葉線(東京―蘇我間)のほか、外房線(千葉―勝浦)、内房線(蘇我―上総湊)、東金線(大網―成東間)が予定されています。

090903ne233.jpg
090903ne233-1000.jpg
090903e233_2000n.jpg
090903ne233-3000.jpg
▲これまでに誕生したE233系の各番代。上から中央線用0番代、京浜東北・根岸線用1000番代、常磐線用2000番代、東海道線用3000番代。P:RM

ところで、改めて整理してみると、東海道“中電”用3000番代を別としても、中央線用0番代688輌、京浜東北・根岸線用1000番代830輌、常磐線用2000番代180輌、そして今回の京葉線用250輌、総計1948輌もの通勤電車がE233系となるわけで、数年後には首都圏はまさにE233系に席巻されることとなります。

■これまでにご紹介したE233系関係のアーカイブ
E233系がデビュー!
E233系試運転に乗る。
常磐緩行線にもE233系。
京浜東北・根岸線用E233系1000番代登場。
E233系1000番代が正式にお披露目。
E233系「ローレル賞」受賞式典。
東海道本線用E233系3000番代登場。
常磐緩行線用E233系登場。

090820n008.jpg

レイル・マガジン

2009年9月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.