鉄道ホビダス

2009年6月 2日アーカイブ

090602IMGP0583.jpg
▲ヲキフ100形130号(川重製)。35t積ホッパ緩急車であるヲキ100形は1956(昭和31)年から37輌が新製された。現在車籍を有するのは1966(昭和41)年以降の増備車13輌。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

かつて貨物列車といえば最後部に緩急車が連結されているのが当たり前でした。しかもその緩急車たるや実にバラエティーに富んでおり、次の列車にはどんな形式が付いてくるだろうとわくわくして待ったものでした。もちろん模型の世界では今もって根強い人気がありますが、実物の方は1985(昭和60)年3月の国鉄ダイヤ改正以降、原則として緩急車の連結が省略されるようになってしまい、最後部にときめく楽しみも失せてしまいました。

090602IMGP0590.jpg
▲台車はTR41Cを履く。台枠中央部の積空標記の横の札差しが編成番号で、基本的にはヲキ9輌+ヲキフ1輌の10輌で編成を組む。この130号の場合は第11編成となる。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

国鉄のみならず、ワフやトフといった個性豊かな面々が揃っていた私鉄からも緩急車の姿は消え、そのうちに貨物列車そのものの姿も歴史の彼方へと去っていってしまいました。そんな中、嬉しいことにいまだに緩急車の姿を日常的に目にできるのが秩父鉄道です。これまでにも幾度となくご紹介(アーカイブ「秩父鉄道に鉱石列車を訪ねる」「ふたたび秩父鉄道へ」参照)しているように、秩父鉄道では秩父太平洋セメント三ノ輪鉱山からの鉱石輸送列車にヲキ+ヲキフ編成を運用しています。残念ながら20年ほど前から車掌は乗務しなくなってしまいましたが、三ノ輪鉱山への影森構外側線(アーカイブ「影森、魔境の残り香」参照)での入換え作業の便もあって、いまだにヲキフ100形が現役として働いています。

090602IMGP0642.jpg
▲車体長半分にも満たない緩急室の奇妙な形態のヨ10形15号。9輌が東横車輌の改造により誕生したが、1988(昭和63)年に用途廃止となり、現在はこの15号が三峰口に残されているのみ。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

090602IMGP0645.jpg秩父鉄道ではほかにも個性的な緩急車を見ることができます。現役ではありませんが、三峰口駅に隣接する鉄道車輌公園に保存されているヨ10形15号と、ワフ50形51号です。前者は現在運用されているヲキ100形より一代前のヲキ1形の台枠・台車を流用して誕生したもので、一見なにかの荷台かと見間違う無蓋部分は形式“ヨ”が示すとおりただのスケルトンフレームで、珍車の部類と言えましょう。
▲車体長が2軸ワフより短いにも関わらずボギーのヨ10形。スポーク車輪のアーチバー台車が時代を感じさせる。種車は1925(大正14)年汽車会社製のホッパ車。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

090602IMGP0677.jpg
▲ワフ50形はワフ30形や40形の老朽化にともなって1979(昭和54)年に改造により誕生した形式。結局、8年ほど使用されただけで用途廃止となった。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

もう1輌のワフ50形51号は1979(昭和54)年12月にスム4000形を日本車輛で改造したもの。ヲキフ100やヨ10と比べると没個性的な有蓋緩急車ですが、こちらは公園開園時間であれば車掌室室内も公開されており、緩急車の乗務環境を後世に伝える貴重な保存車輌です。

090602IMGP0687.jpg
▲ワフ51の車掌室内。執務室中央には石油ストーブが備えられている。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

090602IMGP0688.jpg090602IMGP0679.jpg
▲出入口側にはささやかな事務机が備わり、その上部には車掌弁が下がっている(左)。右はデッキ部の手ブレーキハンドル。'09.5.2
クリックするとポップアップします。

デキ1形やED38が現役だった頃の秩父鉄道には、ED38と同じ阪和電気鉄道出身のワフ30形や木造のワフ40形なども健在で、列車後尾のそれらを見送るのも楽しみのひとつでした。貨物列車の最後部が、空のコキ車に付けられた円板だけという状況にいつまでたっても馴染めない身にとっては、秩父鉄道は最後の桃源郷なのかもしれません。

towa16_bunner.jpg

レイル・マガジン

2009年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.