鉄道ホビダス

2009年6月 1日アーカイブ

090601n001.jpg
今朝、先日の「叡電前“交叉点”は今…」に、佐野 徹さんから嬉しいお便りを頂戴しました。なんと日曜日にわざわざ「定点観測」をしてきてくれたというではないですか。以下、佐野さんのお便りをかいつまんでご紹介いたしましょう。
▲佐野さんが昨日わざわざ撮影してくださった定点観測。当然のことながらあの趣ある木橋は現代的な鉄橋に架け替えられている。'09.5.31 三宅八幡-八瀬比叡山口 P:佐野 徹
クリックするとポップアップします。
090528eiden002.jpg
▲もういちど“元写真”をお目に掛けよう。周囲の木立もそれほど繁茂しておらず、この当時は土手上をゆく電車が気持ちよく眺められた。'78.3.28 三宅八幡-八瀬遊園 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

編集長が1978(昭和53)年3月28日に撮影されたうち、2枚の写真の(ほぼ)定点撮影を本日2009年5月31日にして参りましたのでご報告させていただきます。先ず1枚目の三宅八幡-八瀬遊園の木橋の横を通るデナ500形の写真ですが、木橋は鉄橋に架け替えられ、その位置もやや北寄りに移動しているようです。ただ、小踏切から橋へ下る道はそのままで当時の面影が残っていました。

090601n002.jpg
▲こちらは三宅八幡駅に進入してくる出町柳行き。画面左側の建物や架線柱は驚くほど変わっておらず、一番変わったのは車輌であろうか…。'09.5.31 三宅八幡 P:佐野 徹
クリックするとポップアップします。
090528eiden003.jpg
▲その“元写真”。実に31年の歳月を経て佐野さんの手によって定点観測をしていただいたわけで、撮影時には予想だにしていなかった展開。'78.3.28 三宅八幡 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

次の2枚目の三宅八幡駅で撮影された写真ですが、踏切に警報機が設置され、三宅八幡宮の石碑は見えにくくなっています。写真右側奥の蔵のような建物は現在無く、アパート(?)が建っています。いっぽう、写真左側の建物に大きな変わりは無く、当時の面影が残っています。踏切の幅が昔より少し狭くなっているほか、階段の手すりも作り変えられています。当時の運転士さんの詰襟服が懐かしいですが、今は添付写真の通り女性運転士さんも活躍しておられます。

kousaten01.jpg
▲高橋修さんがお父様のネガの中から探し出してくれた叡電前「交叉点」の写り込んでいる写真。先日の定点観測(→こちら)と比較すると、やはりビルは現在でもそのまま残されていることがわかる。'78.8 叡電前(元田中) P:高橋 弘
クリックするとポップアップします。

佐野さんありがとうございます。まさか私のブログの写真を片手に定点観測写真を撮影しに行ってくださる方がおられるとは、驚きとともに感激です。かさねてお礼申し上げます。

kousaten02.jpgそしてこの叡電前「交叉点」のお話はまだ続きます。先日定点観測を試みてくださった高橋 修さんが、お父様・高橋 弘さんのネガを探して喫茶「交叉点」の写っている写真を見つけ出してくださったのです。時は市電廃止一ヶ月前の夏。このお話の発端となったあの京都特有の暑さの中、デナ21形2連が高らかにポールを掲げて平面交差を横切ってゆきます。そしてその画面右端にはあの喫茶「交叉点」が…。
▲その拡大写真。確かに喫茶「交叉点」の文字が読み取れる。ちなみに31年前、最後に入った時のオーダーは手帳によれば「イタリアンスパゲティセット」500円也。いったいどんなスパゲティだったのかは記憶にない。
クリックするとポップアップします。

kousaten03.jpg
▲同地点で少しカメラを左に振ったカット。京都市電22系統との平面交差状態が良くわかる。'78.8 叡電前(元田中) P:高橋 弘
クリックするとポップアップします。

なにげなく撮った一枚の写真が、歳月の中で醸成され、さらに「定点観測」によって新たな命を吹き込まれる…皆さんのおかげで、期せずして鉄道趣味の醍醐味を再認識できた展開となりました。あらためて佐野さん、高橋さんにはお礼申し上げたいと思います。

rml118bn

レイル・マガジン

2009年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.