鉄道ホビダス

『お立ち台通信vol.3』が好評です。

090511n006.jpg
▲今回の巻頭特集は日本海縦貫線のEF81。EF510たちに追われゆく立場となったオールラウンドプレーヤーの撮影ポイントを徹底紹介。
クリックするとポップアップします。

姉妹ブログ「お立ち台通信」には全国から寄せられた読者の皆さんおすすめの撮影地が、現在約950か所登録されています。駅から近く手軽に撮影できるポイントから、山奥の俯瞰撮影地までバリエーション豊かな国内最大級の鉄道写真撮影地ガイドデータベースに成長いたしました。

090511n002.jpgこのブログ「お立ち台通信」を単行本化したムック『お立ち台通信vol.3』が好評をいただいています。昨年に発売したvol.1、vol.2に引き続き、vol.3もブログでアップした撮影ポイントに加え、ブログ未アップの新規の撮影地も多く掲載されております。北海道エリア35か所、東日本エリア57か所、東海エリア17か所、西日本エリア39か所、九州エリア11か所、四国エリア23か所、私鉄・専用線13か所で、今回は貨物列車の比重が高く、機関車ファンには一層役立つ内容となっています。

090511n003.jpg
▲大阪近郊の手軽な撮影地として人気の福知山線。バラエティー豊かな入線車輌も大きな魅力。 (『お立ち台通信vol.3』誌面より)
クリックするとポップアップします。

特集はEF510の増備によって活躍の場が狭められることが予想される日本海縦貫線の主力機EF81をトップに、幡生~福岡(タ)間で活躍する門司機関区のEF81、山陽本線広島周辺で唯一撮影可能時間帯にEF65で残った5092レの3本立て。また、特集構成にはなっていませんが、四国・予讃線のEF65、伯備線のEF64 1000番代、福知山線の国鉄色タイプの183系などにもボリュームを持たせています。本文ガイドとともに夏の撮影計画の参考にしていただければと思います。

090511n001.jpg
▲北海道エリアを代表する石北本線の貨物列車は今回4ポイントを紹介。DD51プシュプルは根強い人気を誇る。 (『お立ち台通信vol.3』誌面より)
クリックするとポップアップします。

090511n004.jpg
▲伯備線はEF64の活躍する線区として近年とみに注目度が高まってきている。貨物列車を中心に5ポイントをノミネート。 (『お立ち台通信vol.3』誌面より)
クリックするとポップアップします。

A5判のコンパクトな体裁ですから、カメラバッグや車のドアポケットなどに入れておくと、急に予定が変更になった時など、大いに役立つに違いありません。ところで、950か所といえば全国をほぼ網羅しているようなイメージを受けますが、とんでもありません。まだまだこの何倍、いや何十倍もの撮影地が全国に散らばっているわけで、これからも皆さんの「お立ち台通信」へのご投稿をお待ちしております。

『お立ち台通信vol.3』
・A5判244ページ(オールカラー)
1200円(税込)

towa16_bunner.jpg

レイル・マガジン

2009年5月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.