鉄道ホビダス

2009年4月29日アーカイブ

090427n058.jpg
▲白石に到着した9261レ「SL人吉」号。3分ほどの停車時間を利用して軸発熱のチェックなど各部の点検が行われる。'09.4.18 白石
クリックするとポップアップします。

肥薩線はかつての鹿児島本線で、1908(明治41)年6月1日にいわゆる“川線”区間=八代~人吉間が開通、続いて1909(明治42)年11月21日に“山線”区間=人吉~吉松間が開通したことによって全通、初めて門司(現門司港)~鹿児島間が鉄道によって結ばれることとなりました。しかもこの人吉~吉松間開通は、明治政府が国策として推し進めていた日本縦貫線(青森~鹿児島間)の全通(関門間は航路)をも意味しており、肥薩線がわが国の近代化に果たした役割は絶大なものだったのです。

090427n059.jpgそんな旧鹿児島本線=肥薩線ですから、沿線には今もって明治期の産業遺産が数多く見られます。以前の小ブログ「肥薩線視察記」(→こちら)では、「いさぶろう・しんぺい号」の名前の由来ともなった矢岳第一隧道(2096m)や、肥後石工の伝統技術でもある加久藤溶結凝灰岩を積み上げて建築された人吉機関庫(全長約51m×幅約16m/3線矩形庫)などをご紹介いたしましたが、のちにこれらは経済産業省の「近代化産業遺産」に認定され、さらに国土交通省の「九州遺産・近現代遺産編101」にも認定されています。
▲一勝地では10分の停車。必勝お守り記念入場券で知られる一勝地駅では、「SL人吉」の到着に合わせて歓迎イベントが繰り広げられた。'09.4.18 一勝地
クリックするとポップアップします。

090427n057.jpg
▲近代化産業遺産に認定された肥薩線には百年の歴史を刻んだ木造駅舎がいくつか見られる。“川線”の一勝地とここ白石も明治期の木造建築で、「SL人吉」の運転開始に合わせて再整備が施されている。'09.4.18 白石
クリックするとポップアップします。

090429n005.jpg090429n007.jpg
▲駅名標も周囲の環境に馴染んだアンチークなものに替えられている(左)。車内から眺める新緑の球磨川はまさに絶景(右)。'09.4.18 P:桃根 医
クリックするとポップアップします。

鎌瀬-瀬戸石間の第一球磨川橋梁(205m)、那良口-渡間の第二球磨川橋梁(179m)も、あの余部橋梁と同じアメリカン・ブリッジ製のピントラス橋で、これら開業時の構造物を積極的に活用しようとする「SL人吉」の取り組みは、これからの鉄道保存にとってもひとつの指針となるに違いありません。2年前、熊本県球磨地域振興局のお招きで出席した肥薩線開通100周年記念事業意見交換会での提言が多少なりともお役に立てたとすれば嬉しい限りです。

090427n052.jpg090427n053.jpg
090429nn002.jpg090427n068n.jpg
▲2号車のビュッフェカウンターには「SL人吉」に因んだ各種のオリジナルグッズが揃っている。まだ白紙の乗車記念ノートはこれからさまざまな思い出で埋められてゆくに違いない。'09.4.18 P:桃根 医
クリックするとポップアップします。

090429n008.jpg090429nn001.jpg
▲乗車証明書は名刺サイズ。裏面に検札印のような乗車日付印が押される。'09.4.18 P:桃根 医
クリックするとポップアップします。

090427n070.jpg090427n071.jpg
▲アテンダントや人吉駅駅舎内(右)も「SL人吉」のアンチークなイメージに合わせたトータルデザインがなされている。'09.4.18
クリックするとポップアップします。

090427n061.jpg
▲人吉駅では「SL人吉」号の到着に合わせて盛大な歓迎セレモニーが行われた。'09.4.18
クリックするとポップアップします。

090429nn004.jpg090429nn003.jpg
▲運行開始に合わせて人吉駅では「駅前レトロ」と銘打った祝賀祭を開催。左は25日から運行を開始した人吉市内周遊バス、右は応援に駆けつけた山江村の「マロン号」。'09.4.18 P:桃根 医
クリックするとポップアップします。

090429n006.jpg
▲第一球磨川橋梁を3号車展望ラウンジから見る。1908(明治41)年竣功のこのトラス橋を渡ると線路は球磨川の左岸へと移る。'09.4.18 鎌瀬ー瀬戸石 P:桃根 医
クリックするとポップアップします。

ゴールデンウィーク、夏休みと「SL人吉」号は大人気となることでしょう。そして11月21日には、いよいよ肥薩線開通100周年の記念すべき日が巡ってまいります。

hitoyoshi021.jpg
▲「SL人吉」号運転予定カレンダー。夏休み期間は火曜日を除いて連日の運転が予定されている。(JR九州プレスリリースより)

■9261列車運転時刻
熊本9:41→(熊本操9:44)→(川尻9:49)→(宇土9:55)→(松橋10:00)→(小川10:06)→有佐10:13-10:17(2番)→(千丁10:23)→新八代10:26-10:26→八代10:32-10:40(4番)→(段10:47)→坂本10:56-10:56→(葉木11:02)→(鎌瀬11:05)→(瀬戸石11:10)→(海路11:15)→(吉尾11:19)→白石11:23-11:26→(球泉洞11:35)→一勝地11:42-11:52→(那良口11:56)→渡12:01-12:02→(西人吉12:08)→人吉12:13(1番)
※( )内は通過。ただし有佐は37M退避のための運転停車。

kyoto_01bn.jpg

レイル・マガジン

2009年4月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.