鉄道ホビダス

“たま電車”まもなく完成。

tamaden01.jpg
▲白い車体いっぱいにたま駅長が遊びまくる「たまでんしゃ」。改装種車は2275+2705の編成。まだ正面のマークなどが未完成だが、多くのサポーターの善意に支えられ、春の訪れとともに走り出す。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

“いちご電車”(2271+2701)、“おもちゃ電車”(2276+2706)に続いて和歌山電鐵の第3弾改装車輌「たま電車」が来る3月21日(土曜日)にデビューいたします。“たま電車”とは、いまや全国的に大人気の貴志駅の猫駅長“たま”ちゃんにちなんだ電車(アーカイブ「和歌山電鐵に“たまでん”登場?」参照)で、これまでと同様に水戸岡鋭治さん率いるドーンデザイン研究所がそのデザインを担当しています。

tamaden06.jpg先日、弊社の発行するペット誌その名も『NEKO』編集部が現地に飛び、改装作業たけなわの“たま電車”を取材してまいりましたので、さっそくその様子をお目にかけることにいたしましょう。改装種車となったのは2275+2705の2連。これで在籍する2270系2連6本のうち3本が改装車輌で占められることになります。
▲「たま電車」のロゴ。三毛猫たま駅長に倣った色彩。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden02.jpg
▲伊太祁曽の車庫内でラッピング作業中の「たま電車」。一匹一匹丁寧に貼り付けられてゆく。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden04.jpgtamaden07.jpg
▲でんぐり返ったり飛び跳ねたり、たま駅長のかわいい仕草が車体いっぱいに広がってゆく。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden08.jpgtamaden05.jpg
▲ドア付近には足跡ラッピングも(左)。さらに驚きは拘りの吊り手(右)。なんと三毛にちなんで3色の吊り手がぶら下がる。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden10.jpg注目すべきはこの“たま電車”の改装にあたって、全国からサポーターを募ったことです。スーパー駅長“たま”の人気もあって、驚いたことに全国から寄せられた“たま電車サポーター”は応募総数1,527件、実に1千万円以上(10,499口、10,501,205円)にも達しました。さらにテレビ等で取り上げられたこともあり、締め切り後もサポーター登録の希望が相次いでおり、同電鐵では温かい支援に応えるため、“たま電車サポーター”の第2次募集を行なっているそうです(下記参照)。
▲“Super Station Master TAMA”のエンブレムが燦然と輝く。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden13.jpgtamaden11.jpg
▲もちろん車内にもたまちゃんがいっぱい。壁面ばかりか遮光カーテンにもたまちゃん、さらには窓から車内の様子を覗いている姿も…。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

tamaden09.jpg
▲2号車連結部。巨大なエンブレムやドアで遊ぶたまちゃん、そして足跡をあしらった号車表示が白い車体全面に広がる。'09.2.20 伊太祁曽 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

この“たま電車”は来る3月21日にデビューを飾りますが、当日はデビューセレモニーが伊太祁曽駅で開催される予定です。
■“たま電車”デビューセレモニー
・開催日:2009(平成21)年3月21日(土)
・開催場所:和歌山電鐵伊太祁曽駅
・開始時間:10:30~(約30分間)
■同日開催行事「たま電車デビュー記念 第4回貴志川線祭り」
・開催場所:伊太祁曽駅、伊太祁曽神社
・開催時間:10:30~15:00
・祭り概要:たま電車見学会、撮影会、ミニ電車運転、子供広場、屋台など

tamaden12.jpgtamaden15.jpg
▲いまや和歌山電鐵の救世主とも言える貴志駅のスーパー駅長「たま」はラッチの上で今日も“勤務”。あいかわらずの愛想の良さで多くのお客さんを癒してくれている。'09.2.20 貴志 P:山田真人(『NEKO』編集部)
クリックするとポップアップします。

■たま電車サポーター第2次募集について
○公募締切:2009(平成21)年5月10日(日) ※2月1日以降の申込分含む
○公募額:一口1,000円(広告料として)
 ※10口以上で申込みの方は、“たま電車”内の記念プレートに名前を掲示(永久掲示)。
  また10口未満で申込みの方は、和歌山駅に掲示
 ※記念プレート車内設置予定日:2009(平成21)年8月1日(土)
■公募の用途及び上限額
 “たま電車”改良製作費 約3,500万円
■応募方法
○直接持込の場合 受付窓口および受付時間(2ヶ所)
 和歌山電鐵本社・伊太祈曽駅窓口   9:00~17:30
 和歌山駅9番ホーム改札窓口     9:00~19:00
○振込みの場合
 全国の郵便局にて、郵便振替の払込用紙に必要事項を記入の上、送金。払込手数料同社負担の払込用紙は、伊太祈曽駅または和歌山駅(9番ホーム)にて配布。
 口座番号:00980-5-124202  
 加入者名:和歌山電鐵株式会社
 フリガナ:ワカヤマデンテツ(カ
 控えの払込票は領収書となるので、大切に保管を。
※記入事項
 通信欄:掲示を希望される名称(下記注釈参照)
 依頼人欄:住所 氏名、電話番号(必須要項)
 注)掲示される名称は個人名・会社名・団体名となる。ニックネーム、連名、肩書き、
   商品名等では受付できない。
■応募者特典
 口数にかかわらず、受付1件につき“たま電車”缶バッジ(非売品)を各1部進呈。郵便振替を利用された方は払込票を持参の上、伊太祈曽駅または和歌山駅(9番ホーム)まで。
■公募に関する問合先
 和歌山電鐵株式会社内(たま電車サポーター係)
 TEL:073-478-0110  FAX:073-466-3577
取材協力:和歌山電鐵株式会社

Rm_library115_banner.jpg

レイル・マガジン

2009年2月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.