鉄道ホビダス

「SL人吉」号4月25日スタート。

09_01_23_arima_jyunko.jpg
▲EF81 411に牽引されて小倉駅へと向かう58654。'09.1.23 西小倉 P:有馬淳子さん (「今日の一枚」より)

昨年12月に火入れ式が行われ(アーカイブ「58654号機が火入れ式」参照)、いよいよ試運転目前となってきたJR九州の58654号機ですが、このたび待望の運転予定の詳細が発表となりました。運転区間は既発表のとおり鹿児島本線・肥薩線の熊本~人吉間。愛称名は「SL人吉」号と決定し、来る4月25日(土曜日)から営業運転を開始します。

hitoyoshi024.jpg
▲「SL人吉」号停車駅と運転時刻。(JR九州プレスリリースより)

今年の運転日数は合計125日(下表参照)。運転時刻は、下りが熊本9:41→新八代10:26→八代10:32-10:40→坂本10:56→白石11:23-11:26→一勝地11:42-11:52→渡12:02→人吉12:13、上りが人吉14:39→渡14:50→一勝地15:00-15:08→白石15:25-15:28→坂本16:09→八代16:29-16:35→新八代16:40→熊本17:21で、蒸機現役時代から肥薩“川線”として知られた風光明媚な区間だけに、再び名シーンの数々を見せてくれるに違いありません。

hitoyoshistn03
▲58654号機を待つ人吉の転車台。人吉には1911(明治44)年に建てられたという加久藤溶結凝灰石を積み上げた石積機関庫も残る(アーカイブ「肥薩線視察記」参照)。'07.3.8
クリックするとポップアップします。

編成は58654号機を先頭にした客車3輌(全車指定席/定員132名)。客車車内には蒸気機関車に関する本を集めた「SLライブラリー」や関連グッズを展示した「SLミュージアム」などのコーナーも設けられ、さらに「SL人吉」オリジナルの制服を着た客室乗務員が乗務して観光案内・車内販売を行う予定だそうです。

hitoyoshi022.jpg
▲「SL人吉」号運転開始にあわせてリニューアルされる人吉駅完成予想図。(JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

hitoyoshistn02またこの「SL人吉」の運転開始に合わせ、人吉駅がリニューアルされます。茶色を基調とした木製の連子格子を一階前面に設置し、駅コンコースや待合室も大きくリニューアルされる予定です。同時に途中停車駅の坂本、白石、一勝地、渡の各駅についてもリニューアルが施されるほか、くま川鉄道にもリニューアル車輌「KUMA-1・KUMA-2」が登場します。さらに産交バスがボンネットバス型の「人吉観光周遊バス」を運行する計画もあり、人吉・球磨地域は歓迎ムード一色に包まれます。
▲現在の人吉駅舎。'07.3.8
クリックするとポップアップします。

hitoyoshi023.jpg
▲リニューアル後の人吉駅改札口周辺の完成予想図。(JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

hitoyoshi021.jpg
▲「SL人吉」号運転予定カレンダー。夏休み期間は火曜日を除いて連日の運転が予定されている。(JR九州プレスリリースより)

なお、運行に先立ち、2月28日(土)には九州鉄道記念館でお披露目会が、3月1日(日)には博多駅で見学会が開催されます。
■お披露目会
○日時:2009(平成21)年2月28日(土) 11:00?15:00
○場所:九州鉄道記念館 ※門司港駅より徒歩5分
○料金:無料(但し入館料は必要)
○内容
・運転台の一般公開・完成記念撮影会・フォトコンテスト
■見学会
○日時:2009(平成21)年3月1日(日) 13:10?13:40
○場所:博多駅4番のりば
○料金:無料(但し博多駅の入場券が必要)
○内容
・58654号機+客車の外観をホームより観覧(※見学者多数の場合は、安全上の理由から見学をお断りする場合がある)

wagakokutetujidai022.jpg

レイル・マガジン

2009年2月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.