鉄道ホビダス

かわかぜ号特別便ふたたび。

090112n001.jpg
▲関の沢鉄橋を行くかわかぜ号。かわかぜ号のヘッドマークデザインの逆向きシーンが再現された。'08.12.1 閑蔵?尾盛 P:奥 清博
クリックするとポップアップします。

今日は年末年始のお休みをはさんでご紹介しそびれたお便りから、奥 清博さんからお寄せいただいた大井川鐵道井川線「かわかぜ号」のレポートをお送りいたしましょう。

090112n002.jpg大井川鐵道井川線の「かわかぜ号」ですが、2008年は「編集長敬白」でもとり上げられたように(アーカイブ「かわかぜ号特別便奥泉へ ?動画付き?」参照)、奥泉?千頭と運転区間を拡大した特別便が運転され、ファンにとっては嬉しい年になったのですが、締めくくりに12月1日、井川?千頭の全区間での運転が実現しましたので報告させていただきます。
現有車輌フル稼働となる紅葉シーズン繁忙期、万が一の際の救援用に井川駅に待機させていたDB9を、シーズン終了で川根両国車両区へ帰す際、客車列車を設定するということで今回の特別運転が実現することになりました。運転を前に大井川鐵道の公式ホームページにも「かわかぜ号特別運転」として発表されていました。
▲水位の下がった長島ダム湖にかかるレインボーブリッジを行くかわかぜ号。'08.12.1 奥大井湖上?ひらんだ 
 P:奥 清博

クリックするとポップアップします。

090112n003.jpg
▲紅葉の残る渓谷を行くかわかぜ号。かわかぜ号はシーズン終了で季節列車の設定のなくなった日に走った。'08.12.1 閑蔵?尾盛 P:奥 清博
クリックするとポップアップします。

前日まで運転されていた上りSL列車に接続する季節運転ダイヤを利用し、客車はオープンデッキのスハフ4、6を直前の定期列車に増結して井川へ運び、「かわかぜ号」を組成して、久々のDBでの運転となりました。井川では、運転を前の始業点検でボンネットを開けて整備する様子が構内から見ることが出来ました。

090112n004.jpg盛りが過ぎたとは言え、紅葉の残る渓谷を行く昭和20年代生まれの「今なお現役」車輌。年不相応な派手な塗色も、負けず劣らず異彩を放っていました。回送のついでという今回の運転の性格上、機関車の方向が逆向きの片道運転のみだったのが惜しまれるところですが、井川線のシンボル、関の沢鉄橋通過も久々に実現。くしくも9月14日の私の投稿(「かわかぜ号特別便に寄せて」参照)の希望がかなった形になりました。大井川鐵道の粋な計らいに頭の下がる思いです。
▲運転を前に点検を受けるためボンネットカバーが開けられたDB9。'08.12.1 井川 P:奥 清博
クリックするとポップアップします。

090112n005.jpg
▲川根両国に向かうかわかぜ号。終点千頭ももうすぐだ。'08.12.1 沢間?川根両国 P:奥 清博
クリックするとポップアップします。

奥さんありがとうございました。現役唯一の機械式ディーゼル機関車が牽くオープンデッキ客車…こんな光景が、今年も目にできることを期待したいものです。

numajiri_bunner.jpg

レイル・マガジン

2009年1月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.