鉄道ホビダス

EXPO NARROW GAUGEの旅。(5)

第5回:アニバーサリー・チャレンジを見る。(下)
IMGP3635mn.jpg
▲工場のバックヤードをモチーフとした“Moreau et Fils”では、ハーフインチ・スケール(1/2in=1/24)のリスターがトラバーサーで転線する。'08.10.25
クリックするとポップアップします。

今日はアニバーサリー・チャレンジのレギュレーションでご紹介した“fiddle yard”の実例をご紹介してみましょう。“fiddle yard”、直訳すれば“ちょろまかしヤード”は、わが国と似通った住宅事情のイギリスで苦肉の策として考え出されたギミックで、いくつかの手法が編み出されています。

IMGP3631mn.jpgその代表が「セクター」(sector=扇形)と通称される扇状の転線装置です。これまでにも小ブログ上で何度か、わが国ではほとんど見かけないこのセクターの有用性を取り上げてきましたが、今回のアニバーサリー・チャレンジでもエントリー8作品中2作品にセクターが組み込まれていました。転車台と違い、セクターは車輌単体ではなく編成そのものを転線させるもので、遷移すべき線が2?3線であればスペースもとらず回転角度は極めて少なく済みます。
▲“Moreau et Fils”の全景。工場など建造物の壁面を背景とし、その中に“fiddle yard”を隠すのは常套手段のひとつ。'08.10.25
クリックするとポップアップします。

IMGP3668mn.jpg
▲トラバーサーの反対側の上屋には「セクター」が仕込まれており、最奥の線が背景の工場裏の“fiddle yard”へと続いている。'08.10.25

工場のバックヤードを1/24スケールで再現したLes Colemanさんの“Moreau et Fils”は、工場建物の壁面を背景とし、その中に“fiddle yard”を仕込んだものです。このように建物の壁面をバックに、その裏を“楽屋”として利用する手法は、イギリスやフランスでは比較的よく見られるもので、この作例では右手のトラバーサーを顕在化させ、左手上屋内にセクターを隠す二重のギミックを演じています。

IMGP3666mn.jpg
▲今もって根強い人気のバトルフィールド(戦場)のナローゲージ・シーンを再現した4㎜スケール(1/76)9㎜ゲージの“Jersey 1942”。テーマの割にエントラントは意外なほどお若い。'08.10.25
クリックするとポップアップします。

IMGP3639mn.jpgもうひとつは009の“鉄聯”レイアウト、Niel Mossさんの“Jersey 1942"です。こちらも岩盤を穿ったトンネル内にセクターが設置されており、背景内に2線の“fiddle yard”が隠されています。皆さん“楽屋”はあまり見せたがりませんが、お願いしてセクターの操作を撮影させていただきました。この作例の場合、セクター操作は手動で、電気的接点以外は極めて単純な構造となっています。ただ、仮にポイントを使用して同様の機能を得ようとすれば、極めて複雑な三枝分岐器を使わねばならないわけですから、いかにこのセクターが単純かつ有用かがわかろうというものです。
▲線型はZ状の極めて単純なもので、奥の線が背後の岩盤のトンネルへと続いている。'08.10.25
クリックするとポップアップします。

IMGP3643mn.jpg
▲お許しを得て“fiddle yard”に仕込まれたセクターを撮らせてもらった。こちらは手動で、バックヤードには2本の隠しヤードが敷設されている。'08.10.25
クリックするとポップアップします。

ご紹介した2例はプロットやシーナリィ表現の巧みさというよりは“fiddle yard”の実例、とりわけ日本ではほとんど活用されていないセクターのサンプルとしてお目にかけたものですが、ナローに限らず、例えばNゲージ・レイアウトでも、編成ごと“fiddle yard”に遷移させるセクターはいろいろと応用できるはずです。

sketchletter_ptn2a.jpg

レイル・マガジン

2008年11月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.