鉄道ホビダス

日本鉄道保存協会総会のお誘い。

080925n101.jpg
▲総会会場となる磯部温泉・高台旅館は信越本線磯部駅下車。1885(明治18)年開業のこの駅も、今や高崎~横川間の区間列車のための閑散とした駅になってしまった。'08.7.17

来週10月2日(木)~10月3日(金)に日本鉄道保存協会の年次総会が開催されます。すでに現地視察の様子は一度ならずご紹介(アーカイブ「碓氷峠鉄道文化むら再訪」「碓氷第三橋梁の“かまど”」参照)しておりますが、今年は磯部温泉の旅館を貸し切りということもあり、わずかながら一般の方の参加枠を設けさせていただきました。

080925n103.jpg今年の総会は国土交通省鉄道局地域鉄道対策室長による講演のほか、この機会にわざわざ来日される英国保存鉄道協会会長・欧州保存鉄道連合議長のデビッド・モーガンさんによる講演もあり、たいへん充実した内容となっております。もちろん総会翌日には開催地団体=碓氷峠鉄道文化むらの視察や、国の重要文化財となっている碓氷峠鉄道施設(碓氷第三橋梁、丸山変電所など)の見学もプログラムしております。
▲碓氷峠鉄道文化むらの庫内で大切に保管されている準鉄道記念物のED42 1。'08.7.16
クリックするとポップアップします。

■日本鉄道保存協会2008年度総会
1 日時:2008年10月2日(木)13時から10月3日(金)昼食時まで。
2 場所:磯部温泉高台旅館(379-0135 群馬県安中市郷原551-6)
     信越本線磯部駅下車。当日は旅館の送迎バスが出ます。
3 日程
●10月2日(木)
  13時15分 出席者紹介および総会
  14時  講演・事例報告・討論
       講演1「地域鉄道の現状と活性化に向けた取り組み」
       国土交通省鉄道局地域鉄道対策室長・上住まり 氏
       講演2「英国及び欧州の鉄道保存運動について」
       英国保存鉄道協会会長・欧州保存鉄道連合議長 D・モーガン 氏
       開催地報告「碓氷峠鉄道文化むらの活動と地域社会への貢献」
       財団法人碓氷峠交流記念財団理事長 白石敏行 氏
       討論1 鉄道遺産の保存活用と地域活性化
       事例報告:加悦鐵道保存会理事 篠崎 隆 氏
       NPO 鳥取市民文化財ネットワーク
       陸別町商工会
       討論2 技術伝承をめぐる諸問題
       事例報告:大井川鐵道
            日本工業大学工業技術研究所 丹治 明 氏
  19時 懇親会
  
080925n104.jpg
▲碓氷峠鉄道文化むらに並ぶ保存車輌の数々。野外という車輌保存にとっては厳しい状況ながら、多くのボランティア・スタッフの手によって良好な状態に保たれている。'08.7.16

●10月3日(金)見学会
       碓氷峠鉄道文化むらの保存車輌と国の重要文化財となっている碓氷峠鉄道施設(碓氷第三橋梁、丸山変電所など)を見学し、昼食後解散します。詳細は総会の席上ご案内いたします。
4 会費:一般の方:一人 18,000円(資料代、宿泊費、懇親会費、昼食代込み)

080925n102.jpg
▲碓氷第三橋梁を見上げる。総会の現地視察ではこの第三橋梁のほかに丸山変電所も見学できる予定。'08.7.16

通常は一般の方のご参加は出来ませんが、今回は会場のキャパシティーも若干余裕があることから、ご希望の方先着5名様に限り、オブザーバーとして(参加費18,000円)ご参加いただけます。
ご希望の方は、日本鉄道保存協会事務局(財団法人交通文化振興財団)
担当者:五十嵐健一(学芸員)までご連絡下さい。
電話:03-3251-8481 ファクシミリ:03-3251-8489
メール:rpsj@kouhaku.or.jp

keihaku-banner3a.jpg

レイル・マガジン

2008年9月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.