鉄道ホビダス

2008年6月12日アーカイブ

副都心線に試乗。(下)

fukutoshinshibuya1.jpg
▲渋谷駅到着した副都心線7000系試運転列車。駅名標は東京メトロ管内とは異なるデザインで、アルファベット・簡体字・ハングルも併記されている。現状4本敷設されている線路のうち両側が3・4番線として使用され、内側2線は東横線直通開始時に供用されることとなる。'08.6.12

一昨日の報道試乗会に続いて、今日は東横線・副都心線の“新・渋谷駅”の報道公開が行なわれました。なぜ渋谷駅だけ別に…といぶかしく思われる向きもあるかと思いますが、実は新・渋谷駅は冒頭に“東横線・副都心線の”と記したことでもおわかりのように、東京地下鉄(東京メトロ)と東急電鉄の共用駅で、ホーム中心を境に池袋方が東京メトロ、横浜方が東急電鉄の事業範囲となっています。

fukutoshinsenshibuyafig3.jpg
▲「人間と自然の共生」地下に作られたもうひとつの建築=「地宙船」をコンセプトとする新・渋谷駅のイメージ。(東急電鉄提供)

さらに基本的な管理は駅本屋が位置する東急電鉄が行なう形となっており、今日の報道公開も東京地下鉄ではなく東急電鉄のご案内によるものです。後述するように4年後には東横線との直通運転が開始され、現在の頭端式ホームの東横線渋谷駅はその姿を消すこととなります。

fukutoshinsenshibuya2.jpg
▲新・渋谷駅のシンボルとなる3層吹抜け楕円開口をホーム上から見上げる。'08.6.12
fukutoshinsenshibuya3.jpg
▲コンコース階から地下5階のホーム階を見下ろす。この3層吹抜け楕円開口が自然換気のキーともなっている。'08.6.12

さて、旧東急文化会館跡地を中核に明治通り地下に建設された新・渋谷駅は、「表参道ヒルズ」などの設計でも知られる建築家の安藤忠雄さんの設計によるもので、「人間と自然の共生」を基本コンセプトに、巨大な吹抜けを利用した自然換気・放射冷房を導入したのが大きな特徴です。

fukutoshinsenshibuyafig2.jpg
▲各階と3層吹抜け楕円開口を利用した自然換気の概念図。(東急電鉄提供)

地下に作られたもうひとつの建築=「地宙船」をイメージしたというデザインは、「3層吹抜け楕円開口」と呼ばれる地下2階コンコースから地下5階のホーム階までを貫く巨大な吹抜けを中心に、「心象に残る駅」を目指して各所に“地宙船デザイン”が反映されています。今日はその一部をダイジェストでご覧いただきましょう。

fukutoshinsenshibuya4.jpgfukutoshinsenshibuya5.jpg
▲田園都市線・半蔵門線連絡コンコース(左)と東横線・副都心線中央改札口(右)。'08.6.12
クリックするとポップアップします。
fukutoshinsenshibuya6.jpgfukutoshinsenshibuya7.jpg
▲“地中”にある“宇宙船”=“地宙船”をデザインコンセプトとしているだけあって、エスカレータなども未来を予感させる。'08.6.12
クリックするとポップアップします。
fukutoshinsenshibuya8.jpgfukutoshinsenshibuya9.jpg
▲各所に配されたピクトグラムと照明が機能的な中にもスタイリッシュな印象を生む。'08.6.12
クリックするとポップアップします。

fukutoshinsenshibuya11.jpg
▲ホーム壁面の路線図。渋谷駅は東急の管理駅であるため、東京メトロ所管の副都心線各駅とはデザインが異なる。'08.6.12

fukutoshinsenshibuya10.jpg
▲4番線ホーム。ベンチもコンセプトである“地宙船”の楕円形をイメージしたものとなっている。'08.6.12

fukutoshinsenshibuyafig1.jpg
▲東急東横線との直通運転開始時(平成24年度開始)のネットワーク概念図。(東急電鉄提供)

さて、今後はこの新・渋谷駅から東横線代官山まで約1.5㎞の地下線建設が東急電鉄の手によって進められ、2012(平成24)年度に東横線との直通運転が開始される予定です。この直通運転開始の暁には、東京メトロ副都心線を核に東武東上線、西武池袋線(西武有楽町線)、そして東急東横線(みなとみらい線)が相互乗り入れを開始することとなり、東京都心部に建設を予定されていた地下鉄網はついに“完成形”を迎えることとなります。

fukutoshinsenshibuya12.jpg
▲東横線直通開始時には島式2面となる予定で、線路はすでに敷設されている。2面のホームは現在は仮設通路でつながっている。'08.6.12

fukutoshinsenshibuya13.jpg
▲3番線ホームから敷設済みの中線を跨いで4番線を見る。現在は両端が3・4番線となっているが、4線供用開始時には端から1?4番線となるものと思われる。'08.6.12

※東京メトロ副都心線試運転列車の動画(池袋折り返し発→(急行渋谷行き)→渋谷到着/7分46秒)が一昨日の「副都心線に試乗。(上)」でご覧になれます。

レイル・マガジン

2008年6月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.