鉄道ホビダス

中之島線開業で京阪が大イメージチェンジ。

keihan1.jpg
▲新型車輌3000系(右)と新しいカラーデザインの在来車輌。(京阪電気鉄道提供)

京阪電気鉄道は、中之島線の開業に合わせて京阪線(京阪本線・中之島線・鴨東線・交野線・宇治線)のダイヤの全面改定を行い、「中之島」駅から「出町柳」駅までを直通運転で結ぶ新種別「快速急行」を設定すると発表しました。また、このダイヤ改定にともない、新型車輌「3000系」6編成を新造し、中之島線開業と同時に営業運転を開始します。そしてさらに驚きなのは、これを機に京阪線の全車輌のカラーリングを変更することも発表されました。

keihan5.jpg
▲新型車輌3000系完成予想図。(京阪電気鉄道提供)

ダイヤ改定は本年10月19日(日)が予定されており、中之島と天満橋を結ぶ中之島線は京阪本線と直通運転を行い、中之島線内は全列車が各駅に停車します。また、中之島からは1時間に8本の列車が運転(うち2本が出町柳駅行き快速急行)、淀屋橋駅からは1時間に16本の列車が運転(うち4本が出町柳駅行き特急)される予定となっています(いずれも平日昼間時)。
1.中之島線ダイヤ
①実施日(予定) 平成20年10月19日(日)から
②運転区間 中之島駅-天満橋駅 3.0km(営業キロ)
③運転ダイヤ(平日昼間時)
・中之島線と京阪本線を直通運転
・中之島駅からは1時間に8本の列車を運転(うち2本が出町柳駅行き快速急行)
※淀屋橋駅からは1時間に16本の列車を運転(うち4本が出町柳駅行き特急)
・中之島線内は全ての列車が各駅に停車

keihan6.jpg
▲2+1列シートとなる新3000系車内。(京阪電気鉄道提供)

また、新たに設けられた「快速急行」は特急に準じる優等列車で、特急停車駅に加えて守口市、寝屋川市、香里園の各駅にも停車します。所要時間は、中之島から祇園四条までを約60分で結ぶ予定だそうです。

keihan7.jpg●快速急行停車駅中之島、渡辺橋、大江橋、なにわ橋、天満橋、京橋、守口市、寝屋川市、香里園、枚方市、樟葉、中書島、丹波橋、七条、祇園四条(現・四条)、三条、出町柳
※中之島線開業と同時に現・四条駅は祇園四条駅に改称
●快速急行所要時間中之島駅-天満橋駅間 約 7分
中之島駅-祇園四条駅間 約60分
中之島駅-出町柳駅間 約65分
▲新3000系の扉上に設置されるLCD表示器。(京阪電気鉄道提供)

そして、快速急行の種別追加にともない、1列+2列配置の転換クロスシートを採用した新型車輌「3000系」8輌編成が6編成新造され、中之島線開業と同時に営業運転を開始します。水都大阪を意識した紺色をメーンカラーに採用し、京阪初となるLCD(液晶ディスプレイ:Liquid Crystal Display)表示器を扉上に設置し、停車駅などの旅客案内情報や天気予報、ニュースを表示するほか、全車輌にパネルヒータ付きの車いすスペースが設置されます。なお、従来の3000系(1編成)は8000系に編入されるのも興味深いところでしょう。

keihan8.jpg
▲LCD表示器の表示例。(京阪電気鉄道提供)

①車系3000系  ※従来の3000系(1編成)は8000系に編入
②編成 8輌編成(Mc―T―T―T―M―T―T―Mc)
③最大寸法 先頭車:18,900mm(長さ)×2,782mm(幅)×4,138mm(高さ)/中間車:18,700mm(長さ)×2,782mm(幅)×4,138mm(高さ)
④定員 先頭車:113人(うち座席 37人~38人)/中間車:126人(うち座席45人)
⑤座席 扉間:1列+2列の転換クロスシート/車端部:ロングシート。ただし、運転台後部は2列+2列の転換クロスシート
⑥自重 Mc(制御電動車) 36.5t/M(電動車)36.0t/T(付随車)27.0t~29.5t
⑦構体 アルミ合金
⑧制御装置 VVVFインバータ方式
⑨輌数 48輌(8輌編成×6本)
⑩車体製造所 川崎重工業株式会社

そしてこの3000系の登場に合わせて、既存車輌のカラーリングやロゴも一新されます。特急用車輌は1951(昭和26)年以来上半分が黄色(マンダリン・オレンジ)で下半分が赤色(カーマイン・レッド)、一般車輌は1957(昭和32)年以来上半分が若草色(ライト・グリーン)で下半分が青緑色(ダーク・グリーン)という塗色が約半世紀にわたって親しまれてきましたが、今回①2ドア・クロスシートの特急用車輌、②3ドア・セミクロスシートの中之島直通優等車輌、③3ドア・ロングシートの一般車輌に車輌を区分して塗色を分離し、4月より順次塗装工事を行い、5月より営業運転を開始する予定です。なお、変更後の塗装は以下のとおりとなります。

keihan2.jpg
1. 2ドア・クロスシートの特急用車輌(8000系・現3000系/88輌)
・上部:赤色(エレガント・レッド)
・帯線:金色(エレガント・ゴールド)
・下部:黄色(エレガント・イエロー)

keihan3.jpg
2. 3ドア・セミクロスシートの中之島直通優等車輌(新3000系/48輌)
・上部:紺色(エレガント・ブルー)
・帯線:銀色(スマート・シルバー)
・下部:白色(アーバン・ホワイト)

keihan4.jpg
3. 3ドア・ロングシートの一般車輌(9000系を含む上記以外/574輌)
・上部:濃緑色(レスト・グリーン)
・帯線:黄緑色(フレッシュ・グリーン)
・下部:白色(アーバン・ホワイト)

なお、全車輌の塗り替え完了は2012(平成24)年となる予定だそうです。

takamashi3000n1.jpg
▲半世紀にわたって親しまれてきた京阪カラーも今後次第に消えてゆくこととなる。写真は8000系に編入される予定の現3000系。'08.4.8 淀-中書島 P:髙間恒雄

レイル・マガジン

2008年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.