鉄道ホビダス

2008年3月 9日アーカイブ

mw02n1.jpg
▲リペイントも済み最終調整中のMW02。ボンネットに付けられたまるでカエルの目玉のようなヘッドライトがチャームポイント。うしろで煙を上げているのはK-36。'06.8.21 Chama
クリックするとポップアップします。

2年ほど前、ひさしぶりに訪れたロッキーナローの聖地・チャマの機関区(「ナローゲージ・コンベンションの旅」参照)で見慣れぬインスペクション・カーを見つけました。「108」と車体標記のある黄色いこの車輌、どう見てもえらくアンバランスで、言うならばあのギャロッピンググースの小型版といった感じです。

mw02n5.jpg聞くところによれば、ボランティアの人たちによってリペアしている最中だそうで、車体の全塗装も終わり、ちょうど最終的な微調整に入っているところだとか。いったいいつ頃製造されたもので、どんな来歴があるのかも聞いてみたのですが、作業をしているボランティアの皆さんはそんなことにはあまり興味がないようで、自ら手塩に掛けたレストアの成果をひたすら自慢するばかりでした。
▲リアビュー。枕木方向に取り付けられたフューエルタンクが目をひく。'06.8.21 Chama
クリックするとポップアップします。

mw02n8.jpg
▲その室内。リペアされたものだが、いかにも時代を感じさせるベンチシートが良い味を出している。真中のハンドルは手ブレーキで、手前の座席が運転席である。'06.8.21 Chama
クリックするとポップアップします。

mw02n6.jpgmw02n7.jpg
▲なかなか不思議なレイアウトの運転台。最前列左右の座席はパッセンジャー用で、運転席はそのうしろに位置する。つまりドライバーは車輌中央で運転するかたちとなる。'06.8.21 Chama
クリックするとポップアップします。

mw02n3.jpgのちに調べたところでは、このインスペクション・カー、「MW02」と呼ばれるもので、ミネソタ州にあった巡視用モーターカー、いわゆるスピーダー(speeder)の最大手フェアモント(Fairmont)が送り込んだ“A6Z36”というクラス(銘板によれば製造番号149516)のようです。エンジンはフォードV8。残念ながらいったいいつ製造されたものなのかはわかりませんが、エンジンそのものが戦前のタイプであることから、当然ながらリオグランデ時代からの歴史的車輌に違いありません。
▲車内に残るフェアモントの銘板。残念ながら製造年の記載がない。'06.8.21 Chama
クリックするとポップアップします。

珍妙なのは外観だけではなく、その室内もちょっと肩透かしを食う奇妙なものです。なんと運転席と思いきや最前列はパッセンジャーズシートで、運転席はそのうしろ、ちょうど客室中央にあります。しかも長いボンネットにも関わらずミッションケーシングが室内にまで張り出しており、最前列席はこれを跨ぐかたちで左右に設けられています。インスペクション(巡視)を本来の使命とする車輌だけに、最前列には線路看視する保線員などが乗り込んでいたのでしょう。

mw02n2.jpg
▲MW02の非公式側。扉とドアのレイアウトは左右とも変わりはない。数年前までは側面後部裾に「MW02」の標記があったようだが、この時点では見られなかった。'06.8.21 Chama

ボランティア組織である“Friends of the Cumbres & Toltec Scenic RR”が1996年から修復プロジェクトを開始、2001年には一応の復元が完了したのだそうで、現在ではこのMW02によるチャータートリップも可能だそうです。この時ご一緒したC&TSRRに関する日本人第一人者であり支援者でもある古川 享さん(JAM会長・もとマイクロソフト最高技術責任者)が、ご自身のブログでこのMW02に乗った話をお書きになっていますが(→こちら)、こんなインスペクション・カーをチャーターしてクンブレス・パスを駆けることができたらどんなにか気持ちの良いことでしょう。

レイル・マガジン

2008年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.