鉄道ホビダス

「思い出の神戸市電展」開催中。

koubesiden1n.jpg
▲大画面ディスプレーでのスライドショー式写真展という新たな手法を用いた「思い出の神戸市電展」。巨大な画面で再現される全盛期の神戸市電はまた格別。'08.1.28 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

RMライブラリー『全盛期の神戸市電』(No.75/76)で数多くの素晴らしい写真をご発表くださった小西滋男さんの写真展「思い出の神戸市電展」が、神戸・三宮で明日(31日)まで開催されています。残念ながら私は機会を逸してしまいましたが、この本の編集を担当したレイルロードの高間恒雄さんが見に行ってくれました。

koubesiden2n.jpg会場はJR三宮駅前浜側のバスターミナルの上、ミント神戸6Fの「フレッツ@メディアスタジオ」。神戸新聞グループ、カノープス社、NTT西日本兵庫支店が共同で出店する兵庫県内初の参加型地域情報発信基地だそうです。興味深いのは、写真展といっても従来のパネル展示スタイルではなく、デジタル画像を103インチや65インチといった大画面ディスプレーを使ったスライドショー方式で放映展示するようになっている点です。約30分かけて80点の作品が順送りされるそうですが、デジタル時代の写真展の新たな手法としても特筆されましょう。
▲花電車などRMライブラリーで収録できなかった写真も見ることができる。'08.1.28 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

ご覧のように、103インチの大画面で見る市電は、B5サイズのRMライブラリーでは得られない圧倒的な迫力と臨場感があり、高間さんも強いインパクトを受けたそうです。いずれにせよ、大画面でみても鮮明で素晴らしい画像は、小西滋男さんの記録の質が高い証でもあります。

koubesiden3map.jpg
クリックするとポップアップします。

去る13日に地元の神戸新聞で紹介されて以降、多くの方が来場されているようですが、残念ながら会期は明日31日(11:00?20:00)まで。神戸市電ファンのみならず、お近くの方はぜひお急ぎ足を向けてみてください。

※詳細はフレッツ@メディアスタジオHP(→こちら)。

レイル・マガジン

2008年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.