鉄道ホビダス

遠い日の総武流山電鉄。(下)

nagareyama21.jpg
▲詰所に掲げられた「電車區」の看板が時代を感じさせる庫内から駅構内をのぞむ。停止標代わりに柱に差し込まれたフライ旗の赤が早春の日差しに眩しい。'79.3.9 流山
クリックするとポップアップします。

先日ご紹介した上毛電気鉄道大胡電車庫も同様ですが、1970年代はまだまだ各地に木造の電車庫を見ることができました。流山の庫もそのひとつで、木造の1線庫をふたつ並列に置いたような形態が特徴です。工作室と詰所が併設された本屋側の線にはドロップピットが設けられ、日々の検修作業はすべてここで行われていました。

nagareyama28.jpg
▲2年前まで細々と貨物営業を行っており、流山駅構内には何輌かの貨車が残されていた。写真は手前からワ202、ワム301。'79.3.9 流山
クリックするとポップアップします。

この頃の私鉄の車庫には思わぬ発見があり、宝探しのようなそのわくわく感が大きな魅力でした。いまさら思えば、「すみません、写真撮らせてください」のひと言で自由に構内を歩き回れた良き時代だったこともあるでしょうが、カメラとノートを片手に車庫裏やら貨物ホームやらを見て回る昂揚感は何ものにも変えがたいものでした。

nagareyama26.jpg2年ほど前に貨物営業を廃止したものの、流山の貨物ホームにはまだ何輌かの“社車”が残されていました。確認できたのはワ202とワム301、それに恐らくト1と思われる車体標記が消えてしまった小型無蓋車1輌で、いずれもシュー式の軸受を持ついわゆる封じ込め車です。自社製とされているようですが、ワム301の台枠には写真でご覧に入れるように「雨宮製作所製造」の銘板が付けられており、この小さな鋳鉄製銘板を発見した時はまさに昂揚感に包まれたのを鮮明に覚えています。
▲ワム301の台枠に残されていた「雨宮製作所」の製造銘板。貴重な銘板だが、果たしてそのまま廃棄されてしまったのだろうか…。'79.3.9 流山
クリックするとポップアップします。

nagareyama29.jpg
▲貨物ホームの奥には修復中のキハ31の姿が。電車が牽引するトレーラーとして使用されていたが、1963(昭和38)年に廃車、以後は倉庫代用となっていた。'79.3.9 流山
クリックするとポップアップします。

さらに貨物ホーム横では、2軸客車がなにやら大掛かりな改修工事中でした。この客車、もとをただせば1933(昭和8)年汽車会社製の気動車キハ31で、僚車キハ32はわが国地方鉄道初の代燃動車として歴史に名を残しています(『内燃動車発達史』参照)。この改修工事、記念物として保存するためのもので、同車はのちに流山市総合運動公園に静態保存されています。

nagareyama23.jpgそれにしても、今さら思えばわずか5.7kmほどのミニ私鉄によくぞこれだけバラエティー豊かな車輌が残されていたものです。そして忘れてならないのがもう1輌、流山唯一のディーゼル機関車DB1です。森製作所製のこの機関車に関しては拙著『森製作所の機関車たち』で詳述しておりますが、蒸気機関車の足回りを流用してディーゼル機関車化する手法を得意とした森としては珍しく全くの新製機でした。せっかく電化したのになにゆえディーゼル機関車を…と訝しく思われるかもしれませんが、この機関車の主任務は本線の貨物列車牽引ではなく、当時請け負っていた国鉄馬橋駅構内の入換作業だったのです。
▲こちらは馬橋駅の跨線橋からのぞんだ流山線ホーム。小さな庫には森製作所製のDB1が休んでいた。本機は1981(昭和56)年6月に惜しくも解体されてしまった。'79.3.9 馬橋
クリックするとポップアップします。

nagareyama27.jpg
▲流山駅で顔を合わせた新旧の主役たち。左からモハ1001、モハ1101、そして「流星」(初代)。モハ1101はもと京浜急行デハ400形の車体を利用して西武所沢工場で製造されたもので、さらに出自をひもとくと玉野市にあった三井造船所で製造された車体。'79.3.9 流山
クリックするとポップアップします。

1977(昭和52)年に廃止された本線貨物はすべて電車牽引で、残念ながら私は目にしたことがありませんが、モハ100が数輌の社車を牽いて走る姿はとても首都圏とは思えないものだったに違いありません。

レイル・マガジン

2008年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.