鉄道ホビダス

2008年1月 7日アーカイブ

川場村のD51に再会。

kawabamurad51a1.jpg
▲それなりのブラスト音とともに発車するD51 561。二階への外階段が絶好のビューポイントとして開放されている。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

ちょうど一年前、昨年1月14日付けの本ブログで“動態復活”第一報をご紹介した群馬県川場村のD51 561ですが、私自身なかなか現地にうかがえず、先日ようやくその走行シーンを目にすることができました。

kayabamurad51a6.jpgこのD51 561は1940(昭和15)年12月27日苗穂工場製。函館区→富良野区(1960年)→滝川区(1963年)と終生“道産子”として過ごし、1976(昭和51)年3月1日付けで廃車、翌1977(昭和52)年10月にはるばる川場村にやってきて、20系客車6輌とともに静態保存されました。以後「SLホテル」として長年親しまれてきましたが、老朽化のため客車は2003(平成15)年までに解体、それからはD51だけが残される形となっていました。
▲まさにミュージアム・コンディションに復元されたD51 561のフロントビュー。この日はクリスマスデコレーションが誂えられていた。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

kawabamurad51a3.jpg
▲終点(?)で折り返しを待つ。テンダー上に搭載されたブルーのコンプレッサーは黒く塗装されて目立たなくなっている。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

川場村では残されたD51 561を何とか有効活用できないものかと検討を重ね、蒸気ボイラーを復元することは不可能ながら「空気」で動かせば…と、前代未聞の“SL”(Steam Locomotive)ならぬ“AL”(Air Locomotive)D51が誕生することとなったのです。

kayabamurad51a4.jpgテンダーのコールバンカー上に搭載された大型のエンジン式コンプレッサーによって作られた圧縮空気をシリンダーに送り込んで走る…原理は聞いていても、実際に動く様子を目にして唖然! 匂いや熱こそないものの、まさに蒸気機関車そのものではないですか。線路延長が150mほどと短いためそれほど盛大ではないものの、ブラスト音もそれなりに響き、ましてや発進時のドレインたるや折からの落ち葉を舞い上げ迫力満点。これははるばる足を運んでも一見の価値は充分あると言えましょう。
▲「ホテルSL」の管理センター玄関。見学にはこのエントランスを入り、受付で見学料金を支払う。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

kawabamurad51a2.jpg
▲非公式側斜め上から見たD51 561。苗穂工場製のD51で、終生道内を出ることはなかった。滝川区時代に追加された助士側旋回窓やATS発電機が撤去されているのがわかる。前照灯は250WのLP403、ナンバープレートは標準的なAD66398図面によるもの。ドーム前手すりはなぜか苗穂施工の北海道タイプではなく、土崎工場などのタイプ。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

ksysbsmursd51a5.jpg川場村ではホームページで毎月運転予定を発表しています。今月1月のこれからの運転日は毎土日(ただし20日は運休)・祝日と毎月曜・金曜日で、土日祝日は10時から16時までの毎時7回/日の運転、月・金は12時と15時の2回/日運転が予定されています。見学料は小・中学生が100円、高校生以上が200円(小学生未満は無料)、それぞれの運転日の12時の回と15時の回には汽笛の吹鳴も行われ、牧歌的な村内に懐かしい音色が響きわたります。
▲単に美しくレストレーションされているだけでなく、使い込まれた雰囲気は「現役機」ならでは。'07.12.2
クリックするとポップアップします。

思えば前回川場村を訪れたのは、まだ20系客車の一部がその姿を留めていた5年以上前のこと。その際は荒廃したD51 561の姿に、数多の公園機関車と同様に遠からず解体されてしまうのではと思ったものでした。それが現役時代を凌ぐ状態にまで復元され、しかもわずかな距離ながら“動態”の姿を見せてくれるのですから、なんとも嬉しい限りです。

レイル・マガジン

最近の記事

2008年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.