鉄道ホビダス

2007年10月28日アーカイブ

iiyamaki100n3.jpg
▲飯山線は千曲川の河岸段丘にへばりつくように走る。豊野?十日町間は飯山鉄道が建設した私鉄線だっただけに、200Rを切る急曲線もある険しい線形だ。P:笹本健次
クリックするとポップアップします。

1921(大正10)年に豊野?飯山間で開業した飯山鉄道が越後外丸(現・津南)まで延伸したのが1927(昭和2)年8月。今年でちょうど80周年を迎えます。地元の新潟県津南町では、これを機会に飯山地域における重要な交通機関として人々の生活を支えてきた飯山線を見つめ直し、歴史的変遷と地域の交わりを大きく取り上げ、未来の飯山線のあり方を提言しようと、「農と縄文の体験実習館 なじょもん」で秋季企画展「飯山線が織り成す歴史と文化」を開催中(10月20日?12月16日)です。

iiyamaki100n1.jpg
iiyamaki100n2.jpg企画展では多くの皆さんから寄せられたさまざまな年代の飯山線の写真展が開催されるほか、飯山鉄道開業にかかわる資料、津南町町内4駅=足滝、越後田中、越後外丸(現在津南),越後鹿渡駅の開業にかかわる資料、昭和30年代以降の行き先表示板、切符、時刻表、津南駅構内備品の展示、さらには模型ジオラマの展示やライブスチームの運転(10:00?15:30)なども予定されているそうです。
▲“特雪”出動! キ164を押すC56 131〔長〕とC12 199。デフ付きのC12 199は木曽福島区からの応援機。'72.2 P:笹本健次
クリックするとポップアップします。

iiyamaki100n4n.jpgまた、来週の11月3日には町内恒例行事の「なじょもんバザール」の一環として、ミニシンポジウム「座談会蒸気機関車が走った頃」が開催されます。十日町市、飯山市、長野市にお住まいの、飯山線の蒸気機関車に乗務されていたもと機関士の方3名にお出でいただき、蒸機時代のお話をお聞きする催しです。僭越ながらコーディネーターとして私が司会進行を務めさせていただきますので、ぜひお立ち寄りいただければと思います。
■「座談会蒸気機関車が走った頃」
11月3日・13時30分?15時30分

クリックするとポップアップします。

iiyamaC56111.jpg

ところで、個人的には飯山線の越後川口方に乗車するのはほんとうに久しぶりです。蒸気機関車時代も撮影はもっぱら豊野?飯山間で('06年1月14日付け本ブログ参照)、定期の貨物列車が1往復しか設定されていない川口方に足を踏み入れることはありませんでした。ただこの飯山線川口方こそ豪雪のメッカで、1945(昭和20)年2月12日には森宮野原駅で実に7メートル85センチの観測史上最高積雪量を記録しています。そんな信じがたい豪雪との闘いぶりも座談会でたっぷりとお伺いできればと考えています。
▲昭和40年代初頭までの飯山線は混合列車王国だった。特徴的なツララ切りを鬣のように掲げて上り列車と交換するC56 111〔飯〕。画面右端に飯山機関区が見える。'67.3.12 飯山 P:笹本健次
クリックするとポップアップします。

iiyamakihani.jpg
▲飯山鉄道キハニ1?5竣功図。買収後は形式番号も変わらず“私鉄買収気動車”として国鉄で活躍したが、戦後間もなく揃って上田丸子電鉄に引き継がれ、一部は電車化されるという数奇な運命を辿った。
クリックするとポップアップします。

さらにお出でいただくお3方の中には戦前の飯山鉄道時代からお務めの方もおられ、買収以前のお話も伺えたらと期待しています。飯山鉄道は開業以来8年の歳月をかけて十日町まで延伸、越後川口からの鉄道省十日町線と接続して1929(昭和4)年9月に現在の飯山線全線が形作られましたが、会社としては1944(昭和19)年6月1日にいわゆる戦時買収されて消え去ってしまいました。そんな私鉄時代の飯山線の姿も、オーラルヒストリーとして記録に残すことができれば望外のよろこびです。
■農と縄文の体験実習館 なじょもん
JR飯山線津南駅よりタクシー 15分
JR越後鹿渡駅より徒歩    50分
越後湯沢から急行バス森宮野原行き・十二ノ木バス停下車徒歩20分
十日町からバス津南行き。卯ノ木上口バス停下車徒歩15分
観覧料   一般?高校生・300円
中学生?小学生まで200円
未就学児無料

なじょもんホームページ:http://www.najomon.com/

レイル・マガジン

2007年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.