鉄道ホビダス

C56 44“タイ国鉄仕様”が試運転。

c5644n101.jpg
▲2輌の客車を牽き、歯切れの良いブラスト音を響かせてクワイ河ならぬ大井川を渡る試運転列車。'07.9.20 青部?崎平 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

2003(平成15)年12月から休車となっていた大井川鐵道のC56 44号機が、日タイ修好120周年を記念してタイ国鉄仕様に復元されて復活するニュースは、去る3月1日付けの本ブログでもご紹介いたしましたが、ついに修復が完成、10月7日の営業運転開始を前に試運転が行われました。

c5644n102.jpg
▲グリーンのボイラージャケットと赤く塗られたカウキャッチャーが異国情緒を醸し出す。C56 44の車体標記がどこにもない点に注目。なお、本来は限界の関係から200㎜切り詰められるべき煙突は、排気効率の関係もあってかオリジナルのままとなっている、'07.9.20 新金谷 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

C56 44は1936(昭和11)年3月に三菱重工業(神戸)で誕生、苗穂に配置されたものの、1941(昭和16)年秋戦時供出。メーターゲージに改軌のうえ、タイへと送られ、戦後はタイ国鉄735号として活躍してきました。1979(昭和54)年6月に“帰還”を果たして大井川鐵道入り、翌年から実に23年間にわたって動態保存機としての第二の仕事に取り組んできました。

c5644n103.jpgしかしボイラーの劣化が著しく、今回の復活にあたっては同社が保管中のC12 208号機のボイラーと載せかえるという大手術が施されました。復活にかかる費用は2600万円とアナウンスされており、沿線自治体の支援を受けつつ、去る3月27日にボイラー交換を完了、7月24日には塗装開始、そして9月4日にボイラー火入れを無事済ませて今回の本線試運転となったものです。ちなみにタイ国鉄仕様に拘ったのは、修好120周年とともに、再来年開港予定の富士山静岡空港への海外旅客誘致といった背景もあるようです。
▲C56ならではのスローピングバックテンダーも、まったく別モノのように目に映るから不思議。キャブ屋根が直線構成なのは車輌限界を回避するための供出時の改造。なお、テンダーの文字はタイ国鉄と書いてあるそうな…。'07.9.20 新金谷 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

さて、試運転に臨んだC56 44改め「735号機」はボイラーケーシングとスチームドーム、サンドドーム、それに元空気溜めがグリーンに塗られ、フロントビームにはカウキャッチャーと独特の手すりが設けられて、すっかり異国の機関車の風情となっています。

c5644n104.jpgc5644n105.jpg
▲大きな手すりとカウキャッチャーが印象的なフロントビーム(左)と、キャブ側窓下に描かれた「735」の車体標記。'07.9.20 新金谷 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

ちょうど手元に1941(昭和16)年に鉄道省が戦時供出用に作成した「C56及5‐10炭水車狭軌改造組立」図がありましたので、ご参照いただければと思います。実際の「狭軌改造」では車輌限界の関係から最大高が3700㎜に制限され、これに伴ってキャブ屋根、ドーム、煙突が大きく改造されているのが見てとれます。

c561mn1.jpg
▲「昭和16年7月28日」の日付のある「C56及5-10炭水車狭軌改造組立」図。鉄道省工作局車輌課作成のもので、軌間変更による改造部分や車輌限界による改造部分などが参照総括図面、詳細図面索引を交えて細かく解説されている。
クリックするとポップアップします。

この復活なったC56 44号機“タイ国鉄仕様”、来る10月7日(日曜日)10時から新金谷駅ホームでタイの人気女優を招いた出発式を挙行、1001列車「かわね路」号で営業運転入りする予定です。先日、19年間にわたって活躍してきたC11 312号機が火を落としてしまい、一時的ではあれ稼動状態にある蒸機が3輌となってしまった大井川鐵道にとって、今回のC56 44復活は大きな明るい話題にちがいありません。

レイル・マガジン

2007年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.