鉄道ホビダス

2007年8月アーカイブ

e233ike1n.jpg
▲東大宮から湘南新宿ラインを南下、池袋を通過する京浜東北・根岸線用E233系1000番代第1編成の試9024Mをコンパクトデジカメでパチリ。まさに「今日の一枚」で、こういった速報性はウェッブならでは。'07.8.31 池袋 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

昨日からこのトップ画面の右上に「RMインフォメーション」のバナーが登場したのにお気づきでしょうか。すでにご存知の方も少なくないかとは思いますが、編集部に毎日届く最新の鉄道各社のリリース、写真展の告知、DVDやオリジナルグッズ、本の発売情報などを、ただちにアップしているのがこのウェッブ版の「RMインフォメーション」です。実は従来お送りいただく情報の中には〆切のタイミングの関係から本誌に掲載できずに終わってしまうものもありましたが、このウェッブ版の「RMインフォメーション」ではそんな心配も無用です。

Info1.jpgInfo2.jpg
▲「RMインフォメーション」のトップ画面の例。どちらも画面をクリックすると最新の「RMインフォメーション」にジャンプします。

臨時列車の運転情報などはリリース発表後、即座に掲載。雑誌の発売前に最新の臨時列車の運転情報を見ることも可能です。しかも最近では関連する写真を掲載し、よりビジュアルでわかりやすい誌面、いや画面を心がけています。またインターネットならではのメリットを活かし、関連サイトや会社の公式ホームページへリンクを貼るなど、横方向の拡張性も図っております。どうか今後はこのウェッブ版の「RMインフォメーション」を毎日ぜひご覧になってみてください。

todays.jpgそしてもうひとつ、このところ人気急上昇中なのが「今日の一枚」です。皆さんからお送りいただいた鉄道に関するあらゆる写真を、撮影日ごとに分類し、カレンダー方式で展開しているブログで、投稿数は8月だけでも418件と膨大な数になっています。不具合がない限りご投稿いただいた翌日にはアップし、その日「鉄道」に起った出来事や走った列車、各地の天気までわかる実に楽しいブログです。本誌の「新世紀カレンダー」とも連携しているのも特徴です。一人ひとりの投稿が、みんなの想い出になるアーカイブ蓄積型の「夢」が詰まったブログですので、ご覧になるのみならず、ぜひともご参加なさってみてください。
▲こちらは「今日の一枚」のトップ画面の例。同じく画面をクリックすると最新の「今日の一枚」にジャンプします。

h-2.jpg
▲東急車輛を出て試運転で横須賀線を北上する京浜東北・根岸線用E233系1000番代の試9732M。'07.8.30 鎌倉?北鎌倉 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

本日、京浜東北・根岸線用のE233系の最初の編成が東急車輛を出場、試運転を行いました。中央線用として続々と増備が続くE233系の京浜東北・根岸線投入計画に関しては昨年9月5日付けの本ブログでもお伝えしておりますが、ほぼ一年を経てついに現車が登場したことになります。

h-1.jpg何と言っても注目だったのは“番代”です。昨年のプレスリリースによれば、中央線バージョンとの相違点は外観のラインカラーや優先席付近の客室内の色調程度で、さほど目だった外観の変更はなされないようでした。それだけに果たして番代区分がどうなるのかに関心が集まっていましたが、ご覧のように結局1000番代となっています。
▲生まれたての1000番代をひと目見ようと東急車輛の最寄駅逗子のホームにはファンの人垣が…。'07.8.30 逗子 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

h-8.jpg
▲北鎌倉を通過する試9732M。見慣れぬ“京浜東北・根岸線の電車”の登場にホームで待つお客さんもびっくり。'07.8.30 北鎌倉 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

h-4.jpgh-7.jpg
▲1号車Tc2‐1001の車体標記(左)と1400番代となった8号車M3‐1401の車体標記(右)。後者の床下には検査機器の配線が見られた。'07.8.30 逗子 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

h-9.jpg中央線用0番代車との設計変更点などの詳細は後日、本誌誌上で発表される予定ですが、今日の公式試運転を見る限りでは、京浜東北・根岸線では不要な半自動スイッチの廃止、運行番号表示器の位置変更(前面方向幕横から運転台助士側窓下)、車内モニターのサイズ拡大などが確認できました。また、興味深いのは5号車M3‐1001がダブルパンタグラフとなっている点です。試運転時には片方は折りたたんだままでしたが、電気機器や保安装置などの主要機器を二重化し、信頼性の向上による輸送障害の低減を目指すのがコンセプトのE233系だけに、そのための装備なのか公式発表が待たれます。
▲客室ドア部のモニターは中央線用0番代車よりサイズが拡大されている。'07.8.30 逗子 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

w%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF.jpg
▲これが注目の2パンタ車=M3‐1001。画面手前側のパンタグラフは下ろされたままとなっている。'07.8.30 逗子 P:後藤中也
クリックするとポップアップします。

■E233系1000番代第1編成編成図 ※クリックするとポップアップします。
E233-1000%E7%B7%A8%E6%88%90.jpg


さてこの京浜東北・根岸線用E233系1000番代車、今後どんどん増備が続き、最終的には10連83本、実に830輌が投入される予定だそうで、中央線に続いて遠からず首都圏の通勤電車の風景は大きく様変わりしてゆくはずです。

ehimekan1n.jpg
▲常設展示場3階の最奥に愛媛県の交通の発達を伝えるコーナーがある。模擬ホーム横に展示されているのは驚くほど良くできた“坊っちゃん列車”レプリカ。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

先日ご紹介した「カラミ電車」を見に新居浜市の愛媛県総合科学博物館を訪れた際、館内展示場にも同県内の鉄道関連展示が豊富にあると聞いて拝見してきました。

ehimekan2n.jpg愛媛県の博物館だけに、当然“坊っちゃん列車”にまつわる展示にはひとかたならぬ力が入っており、常設展示3階の科学技術館・産業館には極めて精巧に出来た実物大の“坊っちゃん列車”レプリカが鎮座しています。残念ながら詳しい出自はわかりませんでしたが、かつてこのブログでご紹介した1分の1のライブスチーム(松山市内の機械メーカー・米山工業製)のように、外観のみならず機能面でも実物同様に作り込まれている模様です。
▲クラウスのエージェントであった刺賀商会の銘板もそっくり複製されている。'07.7.21

ehimekan3n.jpg
▲クラウスレプリカのサイドビュー。展示室にはこのほかにも腕木信号機や閉塞機、さらには模型で振り返る愛媛の鉄道車輌などのコーナーもある。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

機関車のうしろには2軸客車(ハ1形?)1輌も連結されており、模擬ホームから車内を見ることもできます。こちらも細部にわたってなかなか良くできています。それにしても愛媛県内には伊予鉄市内線で運行されているディーゼル機関車版2輌を含め、現在5輌もの“坊っちゃん列車”レプリカが存在していることになり、愛媛県民の『坊つちやん』への思いの熱さには改めて驚かされます。

ehimekan4n.jpgehimekan5n.jpg
▲水面計などキャブ内までしっかりと作り込まれたクラウスレプリカ(左)と木製の鎧戸が目を引く客車内(右)。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

ehimekan6n.jpgこの愛媛県総合科学博物館の鉄道関連展示では、このほかにも地元・別子鉱山鉄道関連のものが見逃せません。創業期の上部軌道から説き起こして、地方鉄道としての運転、専用鉄道化、そして廃止に至る経緯が豊富な写真・資料によってわかりやすく展示されています。さらにこちらのコーナーでは別子鉱山のクラウス製Bタンク機の精密なモデルも見ることができます。
▲地元の基幹産業であった別子鉱山のコーナーでは別子鉱山鉄道にかなりのウェイトが割かれている。写真はクラウス製Bタンクのモデル展示。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

この愛媛県総合科学博物館はプラネタリウムや図書館も併設した巨大な博物館で、展示棟は3階が科学技術館・産業館、4階が自然館、さらに企画展示室や屋外展示場と実に盛りだくさんな施設です。ただ、クルマでは松山自動車道いよ西条インターチェンジから5分ほどと便が良いものの、電車の場合はJR伊予西条駅から1時間に1本程度のバスで所要20分とアクセスしにくいのが少々残念です。

yasudagawa1nn.jpg
▲「赤鉄橋」の通称で親しまれ、現在は遊歩道の一部として保存されている安田川線明神口橋梁。1929(昭和4)年に木製トラス橋から架け替えられたものという。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

田野貯木場から海沿いを西進し、安田川左岸に取り付いた魚梁瀬森林鉄道安田川線は、しばらく緩やかな川の流れに寄り添うように上流へと遡ってゆきます。現在、県道は右岸を通っており、通行量のない左岸の軌道跡は驚くほどはっきりと残されています。

yasudagawa2nn.jpgかつての本線であったこの安田川線最大の遺構は、大河を思わせる安田川が次第に山深くなり渓谷と化した明神口に架かる明神口橋、通称「赤鉄橋」です。 『魚梁瀬森林鉄道』によればかつては木製のトラス橋だったこの明神口橋が鉄橋に架け替えられたのは1929(昭和4)年、つまりは奈半利川線が着工された年だったそうです。魚梁瀬森林鉄道は最終的には奈半利川線が輸送の中心となってゆきますが、この橋梁は安田川線の輸送力確保が急務だった時代の名残と言えるかもしれません。安田川線はこの明神口橋を渡ると県道と同じ右岸に移り、明神口停車場を経て馬路へと向かいます。
▲県道から明神口橋をのぞむ。この橋梁から下流側(画面右側)は県道の対岸に軌道跡がそっくり残されている。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

umajimap828n.jpg
▲旧版地形図に見る魚梁瀬森林鉄道安田川線。田野貯木場から安田川を遡った軌道は馬路を経て釈迦ヶ生で奈半利川線と合流して魚梁瀬をめざす。左隅に位置するのが明神口橋。(地理調査所発行1:50000
地形図「馬路」昭和35年発行より加筆転載)

クリックするとポップアップします。

yasudagawa3nn.jpg河口付近(安田不動)からこの明神口橋までの軌道跡は農道(遊歩道)などに転用されており、比較的容易くトレースすることが可能です。ことに内京坊地区から明神口橋までの区間は線路を剥がしたそのままと言っても良いくらいくっきりと軌道跡が残されています。農耕車が通るのか轍跡もついていますが、さすがに一般車で通行するのは憚られる狭隘な山道で、途中には隧道もそのまま残されています。明神口橋から上流の馬路方が県道の改修工事などで痕跡が少なくなってしまっているのに対して、この付近が安田川線廃線跡探訪のハイライトと言えるでしょう。
▲内京坊付近まで安田川を下ると、険しい峡谷は緩やかな山里の風景へと変わる。軌道跡も河岸に寄り添うように海(画面前方)を目指す。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

yasudagawa4nn.jpg
▲現在でも当時のトンネルが3箇所ほど残されており、農道として一部は通行も可能。立派な石積のポータルがこの森林鉄道の規模を物語る。'07.7.20

ところで、この明神口橋を含む安田川線廃線跡のハイライト部分は行政区分とすると安田町に属します。同様に初回にご紹介した奈半利川線法恩寺参道跨線橋は奈半利町、次にお目にかけた立岡のコンクリート高架橋は田野町と、管掌自治体が複雑に入り組んでいます。もちろん線名でもある魚梁瀬は馬路村、さらに奈半利川線の大半は北川村と、いわば沿線自治体が5町村ある形です。日本鉄道保存協会の加盟団体でもある馬路村で保存活動の中心となってきた清岡博基さん(馬路村村議会議長)によれば、現在、これまでにご紹介してきたような森林鉄道遺構群を5町村共同で顕彰し、後世に残してゆこうという取り組みが始まっているそうです。

tetuhaku826n1.jpg
▲目の前にずらりと並ぶ歴史的鉄道車輌のホンモノに招待された地元小学生たちはもとより、引率してきた保護者の皆さんも大興奮。'07.8.26
クリックするとポップアップします。

夏休み最後の日曜日となった26日、さいたま市の鉄道博物館で初めての“見学会”が行われました。招待されたのは、起工以来、毎日通学途上でその進捗状態を見守ってきた地元の大成小学校・東大成小学校の小学生とその保護者の皆さんです。

tetuhaku826n2.jpgまだ開館準備中のため、シミュレータホールなど一部のエリアは非公開だったものの、歴史的鉄道車輌が並ぶヒストリーゾーンをはじめ、ラーニングゾーン、パークゾーンなど大半が本番さながらに公開され、招待された子どもたちは一般公開前の館内に大感激でした。そして子どもたちにも増して熱が入っていたのが引率役のお父さんお母さんたち。ヒストリーゾーンでは懐かしい車輌の数々に、ラーニングゾーンでは信号や閉塞などの体験型展示にのめりこんでおられる姿が印象的でした。
▲在来線本線側から見た鉄道博物館全景。とにかく想像を絶する大きさだ。'07.8.26
クリックするとポップアップします。

tetuhaku826n3.jpg
▲中央のターンテーブルには鉄道博物館のシンボル的存在C57 135が周囲を見回すように鎮座する。この日はターンテーブルが回転する状態は見られなかったが、開館後はその様子も見られるはず。'07.8.26
クリックするとポップアップします。

tetuhaku826n4.jpgこの日の来館者は1545名にのぼったそうですが、さすがに広大な面積を誇る鉄道博物館だけあってキャパシティーは余裕充分。どのゾーンも比較的ゆったりと見学することができたようです。また、初めて公開されたエントランスゾーン2階の模型鉄道ジオラマも大人気。あの交通博物館のパノラマ運転場が忘れられない者にとっては、規模も格段に大きくなったその“再来”に思わず目頭が熱くなる思いです。

▲見学者がまるで“乗客”のように見える上野駅特急ホームの再現スペース。485系は車内に入ることもできた。'07.8.26
クリックするとポップアップします。

tetuhaku826n5.jpg
▲2階から見下ろしたヒストリーゾーンの全景。見学者が入り館内アナウンスが鳴り響くと一気に開館後の雰囲気となる。この臨場感はぜひ下記動画でご覧あれ! '07.8.26
クリックするとポップアップします。

というわけで、私も参加者の皆さんと一緒にビデオ撮影をしてまいりましたので、今日はひと足早く動画で鉄道博物館をバーチャル体験していただきましょう(取材のついでの手持ち撮影ゆえお見苦しい点はご容赦のほどを…)。平面図とスチル写真ではこれまでにも何度もご紹介してきたヒストリーゾーンですが、ビデオで見ればその臨場感も格別! 10月14日のグランドオープンが待ち遠しい限りです。

annaizu1n.jpg
▲動画の再生は上の案内図をクリックしてください。ホビダスTVにジャンプして再生が始まります(約12分)。
※音声付きですので、クリックする前に周囲の環境にご配慮ください。なお、Macでは再生できない場合があります。

naharikouka1.jpg
▲奈半利川線立岡停車場付近に残るコンクリート高架橋の偉容。画面左前方が奈半利川で、高架橋と築堤で高度を稼いだ軌道は奈半利川を長さ168mの3連鋼製トラス橋で渡り奈半利貯木場へと向かっていた。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

奈半利川線の軌道は、昨日ご紹介した法恩寺の参道跨線橋の先で運輸事務所や工場のひしめく魚梁瀬森林鉄道の拠点・樋の口駅を通り、築堤をのぼって奈半利川橋梁へと至ります。1932(昭和7)年に架橋された魚梁瀬森林鉄道最大のトラス橋で、『魚梁瀬森林鉄道』によれば廃止後しばらく生活道路橋として残されていたそうですが、残念ながら現在ではその姿を見ることはできません。

naharikoukakyou4.jpgただ、奈半利川を渡った右岸側には橋台が残り、さらにそこから続く築堤には見事なコンクリート高架橋が残されています。奈半利川線の遺構としては最大の“見せ場”とも言うべきもので、田圃の真中を延々と横切ってゆく高架橋は、とても森林鉄道の遺構とは思えない不思議な景色を見せてくれています。先の『魚梁瀬森林鉄道』前書きページには、ポーター製蒸機改造のDLがこのコンクリート橋を渡っている写真が見開きで紹介されていますが、レールと枕木が撤去されただけで、半世紀以上も前に撮影されたこの写真と状況がほとんど変わっていないのに驚かされます。
▲1932(昭和7)年に築造されたというコンクリート製の高架は、半世紀以上の歳月が経っているとは思えないほど矍鑠としている。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

naharikoukakyou3.jpg
▲奈半利川河川敷方から高架橋を遠望する。来歴を知らなければ森林鉄道ではなく一般鉄道の廃線跡、もしくは未成線と思いかねない。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

このコンクリート高架橋の先に田野貯木場への短絡線・田野線とのジャンクションである立岡(たちおか)停車場があったそうですが、残念ながらその痕跡を見出すことはできませんでした。

naharikoukakyou2.jpg奈半利川線はこの立岡から2キロほどは比較的開けた奈半利川右岸を走りますが、野友付近から急に山深くなり、右へ左へと急曲線を描きながら40キロあまり先の魚梁瀬を目指します。途中の小島地区に2連鋼製トラス+プレートガーダ?の小島橋梁が残存しているとのことでしたが、今回は残念ながら時間切れ。今度は安田川線の軌道跡を追って馬路村へと向かいます。
▲立岡方の築堤取り付け部。軌道はこの先で田野貯木場からの田野線と合流して奈半利川上流へと分け入ってゆく。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

naharistn2.jpg
▲奈半利駅で発車を待つ土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線9640形普通車。魚梁瀬森林鉄道奈半利線が消えて実に40年以上の歳月を経て再び奈半利の地に出来た「奈半利駅」である。'07.7.20

わが国最初の官設森林鉄道である津軽森林鉄道に次ぐ歴史を誇る高知県の魚梁瀬(やなせ)森林鉄道は、その規模はもとより、全国に普及した「堀田式ブレーキ」をはじめとする独自の技術でも知られています。また車輌の動態保存など、魚梁瀬森林鉄道を核とした地域おこしも積極的に行われています。先月四国を訪れた際、この魚梁瀬森林鉄道跡を駆け足で巡ってきましたので、その様子をかいつまんでお目にかけましょう。

naharistn.jpg5年ほど前に土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」が開通して以来、魚梁瀬森林鉄道の起点であった田野・奈半利地区へも列車でアプローチすることができるようになりました。ただ、肝心の魚梁瀬地区は駅からさらに40キロ近く山奥に入らねばならず、いまもってそのアプローチは決して楽ではありません。それにしても初めて目にする「ごめん・なはり線」はその大部分が高架構造となっており、かつての土佐電気鉄道安芸線を思うと隔世の感があります。
▲終点の奈半利駅は高架駅。近代的な外観の駅前にはロータリーも備わる。'07.7.20

naharimap1nn%EF%BC%91n.jpg▲旧版地形図に見る魚梁瀬森林鉄道奈半利線。奈半利川河口の北側に田野貯木場、南側に奈半利貯木場があった。奈半利川線はその名のとおり奈半利川に寄り添うように北上し、一方、安田川線は田野貯木場から安田川を遡って釈迦ヶ生で奈半利川線と合流して魚梁瀬をめざす。“魚梁瀬森林鉄道”とは本線に相当するこの両線などを合わせた呼称である。(地理調査所発行1:50000
地形図「奈半利」昭和35年発行より加筆転載)

クリックするとポップアップします。

“木曽森林鉄道”が王滝森林鉄道や小川森林鉄道などの総称(通称)であるのと同じく、“魚梁瀬森林鉄道”も安田川森林鉄道や奈半利川森林鉄道(のちに魚梁瀬森林鉄道)など田野貯木場・奈半利貯木場を集積地とする森林鉄道・森林軌道群の総称として使われています。まずはその中の奈半利川線を遡ってみることにします。

sandoukyou2n.jpg
▲奈半利川を渡ってきた軌道は奈半利貯木場に入る手前で寺の参道を横切る。軌道を敷設する際にその補償として営林局が設置したと伝えられる石積の跨線橋がぽつんと残されている。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

改めて申しあげるまでもなく、この魚梁瀬森林鉄道に関しては舛本成行さんの力作=RMライブラリー『魚梁瀬森林鉄道』があり、先ごろ再版も完成しましたので、来歴はそちらをご覧いただくとわかりやすいのですが、この奈半利川線は線路条件の厳しい安田川線を補完する目的で1942(昭和17)年に全通した魚梁瀬森林鉄道としては比較的新しい路線です。奈半利貯木場自体も昭和に入ってから開設されたものだそうで、すでにそれなりの市街を形成していた奈半利の中心部を線路が貫くのにはそれなりの紆余曲折もあったようです。その名残のひとつが法恩寺旧参道に今も残る石積の跨線橋です。

sandoukyou1n.jpgsandoukyou4.jpg
▲参道橋上より奈半利貯木場方面をのぞむ(左)。熟練の石工によるものと思われる石積は度重なる天災にもびくともしていなかったという。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

sandoukyou3.jpg
▲参道跨線橋全景。新参道ができて裏口となってしまった今では利用する人はほとんどいないが、まだ通行止めとはなっていない。石積の階段は想像以上に傾斜がきつい。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

この古刹の参道と国道(旧道)の間に線路を敷設するにあたって、高知営林局はその補償として石積の立派な跨線橋を建設、参拝者が線路を横断せずにそのまま階段をのぼって境内へと向かえるように計らったのだそうです。民家と寺の間に忽然と残されたこの石積の参道跨線橋は奈半利市街では最大の遺構と言えるでしょう。

sandoukyou5.jpgちょうどこの参道跨線橋の横にお住まいの方からお話を伺うことができました。軌道があった当時はこの跨線橋側が正面の参道でしたが、自動車の普及とともに逆側に新参道が設けられ、いまではそちらが正面、こちら側がいわば裏参道となってしまい、ほとんど利用する人もいないとのこと。なおかつこの跨線橋を下りたすぐのところにある国道も今では新道が出来て、ますます廃れてしまったのだそうです。それでもこれまでに幾度となく当地を襲った地震や台風にも微動だにすることなく、最近ではこの遺構目当てに訪れる人もいるそうで、ちょっと自慢げにお話いただきました。ただ、訪問時にはちょうど防災工事として法面工事が始まろうとしており、果たしてこの歴史的参道跨線橋がこのままの形で残されるものなのかどうか、少々不安ではあります。
▲奈半利貯木場の一部は民間の鋼材会社のストックヤードとなってしまっている。'07.7.20
クリックするとポップアップします。

uodu14n.jpg「はくたか」で富山へ向かう際にいつも気になっていたのが、新魚津駅上り方から分岐している日本カーバイド工業の専用線跡です。用途廃止となるとただちにレールが撤去される例が多いなかで、この専用線はしっかりとレールが残り、しかも好ましいカーブを描いて併用軌道風に日本海の方へと消えてゆきます。一見JR(国鉄)魚津駅起点の専用線のように見えますが、実は富山地方鉄道線からの分岐専用線で、『専用線一覧表』でも作業は富山地方鉄道機による旨が明記されています。
▲村木小学校はかつての専用線から目と鼻の先に位置する。側道を入ると一階から顔を出しているコッペルにちょっとばかり驚く。'07.4.29
クリックするとポップアップします。

uodumap.n1.jpg
▲地形図に見る日本カーバイド工業専用線跡。珍しくレールが撤去されることもなく市街地に弧を描いて線路跡が残されている。すぐ南側に村木小学校がある。(国土地理院発行1:25000地形図=インターネット版より加筆転載)
クリックするとポップアップします。

uodu16n.jpgいつかは訪ねてみたいものと思いつつも、ついでと言うにはどうにも中途半端な位置にあってなかなか足が向かないでいました。そんななか、この春、黒部峡谷鉄道を訪問した際に、ようやくこの専用線跡の訪問がかないました。
日本カーバイド工業魚津工場専用線は、1960年代末までコッペル製のCタンク機が残されており、黒井の信越化学や日本ステンレス、青海の電気化学工業などとともに北陸本線沿線の専用線の蒸気機関車として知られていました。もちろん私の世代ではすでに実見することなど夢の夢でしたが、無煙化後も1990年代初頭までこの専用線は生き続け、専用線そのものの現役時代を垣間見ることは不可能ではありませんでした。
▲小学校ながらなかなかおしゃれな外観の村木小学校。'07.4.29

uodu13n.jpg資料によればこの専用線で働いた歴代の機関車は蒸気機関車2輌、ディーゼル機関車4輌で、前者は1923(大正12)年コッペル製の26tCタンク機2輌(同形)、後者は1957(昭和32)年三菱製の35tC型機2輌と1969(昭和44)年三菱製の35tBB、同年製の日車製25tB型で、2輌のコッペルは地元魚津市の村木小学校に1号機が、滑川市児童館に2号機が保存されています。DLの方もDC351が滑川市の自然公園に保存されており、この手の専用線としては異例の“保存率”の高さとなっています。ちなみにこの三菱製の35tC型機、遊輪なし3軸のC型で自重が35t、つまりは単純計算で軸重12t近いヘビー級で、よくぞ小規模な専用線が導入したものと驚きます。保存されなかった方の片割れは、青海の日本石灰石開発田海(とうみ)工場に転じ、こちらは現役時代に見に行ったことがありますが、やはり軸重の重さゆえに本線では使えず、山元のヤード入換えに終始していたのを覚えています。
▲校舎一階での保存とはいえ、驚くほど状態の良い日本カーバイド工業1号機。もとを質せば鹿島参宮鉄道、つまりは今春廃止となった鹿島鉄道の開業時の1号機である。それにしても郷土の産業遺産としてしっかりと守り継がれているのが嬉しい。'07.4.29
クリックするとポップアップします。

ところで、昭和30年代後半に鉄道友の会の機関誌『Rail Fan』(当時はB6判横開きだった)誌上をにぎわした連載に「専用線のSLを追って」がありました。その15回目がこの日本カーバイド工業魚津工場で、すでにこの時点で予備となっているものの、DLの検査時に月に数日は使用されること、その際には牽引力の関係で必ず1号2号の両機ともが稼動することなどが記されています。さらに「地方鉄道の車輌の増減に興味のある方なら、富山地方鉄道に蒸気機関車が2両在籍していることにお気づきの筈です。線内どこを探してもないのにと疑問を持たれた方もあるでしょうが、ここにご紹介する2輌が該当するのです。といいますのは、所有は日本カーバイド工業ですが、車籍が富山地方鉄道にあるからです」と興味深い記述もあり、ここで先述した専用線一覧表の“作業は富山地方鉄道機による”旨の意味が理解できます。ちなみにこれを書かれているのはあの三宅俊彦さん。時刻表や運転史に打ち込まれる前、まだ専用線を追っておられた頃のレポートです。

uodu12n.jpg
▲日本カーバイド工業側から専用線魚津駅方をのぞむ。国道部分(画面手前)で途切れてはいるものの、レールは工場構内を含めほぼ全区間にわたって残されている。'07.4.29

さて、専用線跡地に近い村木小学校に保存されている1号機は、1969(昭和44)年の廃車以来40年近くも経つにも関わらず信じられないほど良好な状態を保っており、小学校の教職員の皆さんや歴代の児童の皆さんの思いが伝わってくるようで、見ていて清々しい思いに包まれました。

uodu15n.jpg
▲魚津駅側から工場方(画面前方)を見る。夕方ともなると犬の散歩をする人も現れ、軌道跡は生活空間の中にすっかり溶け込んでいる。'07.4.29


訪れたのは4月とはいえ夏を思わせる暑い夕方のことでした。新魚津から気持ち良いカーブを描いて続く廃線は、折からの西日を浴びて海沿いの工場へと続いています。こんな情景の中をゆく1号機の姿を見てみたかった…毎度のことながらかなわぬ思いを抱きつつ、しばし佇んでいたのでした。

sekigai1n.jpg
▲九州には珍しいトレッスル橋の立野橋梁をゆくC12 208〔熊〕。赤外効果で背後の山並みもくっきりと浮かび上がって見える。'72.8.19 高森線立野?長陽
クリックするとポップアップします。

オートフォーカスはもとより、デジタル全盛となってしまった今となってはその存在さえ忘れられてしまっていますが、かつて銀塩カメラのレンズには「赤外指標」と呼ばれるRマーク(被写界深度目盛上の点)が小さく刻まれていました。赤外フィルム(インフラレッド・フィルム)を使う際のピント補正指標で、いまさら思えば99%の人が一生使うこともないであろう赤外フィルムのための指標がほとんどのレンズについていたのも不思議ではあります。

sekigai3n.jpg赤外フィルムはもともと軍事、医学、鑑識等の目的で生まれたフィルムで、可視光線域に感光性をもつ一般のパンクロマチック・フィルムより感光性を長波長域にシフトさせた特殊フィルムです。青空や赤外線を吸収する水面などは黒く、雲や陽光を浴びた緑葉などは極端に白く描写します。擬似夜景効果と呼ばれるもので、山岳写真などではこの効果を逆手にとって使われることも少なくありませんでした。撮影には濃い赤色のRフィルターが必要で、なおかつ、赤外線は可視光線より屈折率が小さいために合焦点がファインダー像より後方にずれてしまうことから、ピントを合わせてからいちいちさきほどの赤外指標に補正する手間がかかります。まぁ、よほどの作画意図でもない限り一般には縁遠いフィルムということができるでしょう。
▲同じく立野橋梁をゆくC12の高森線上り列車。さながらコピーフィルムのようにコントラストは極めて強い。'72.8.19 高森線立野?長陽
クリックするとポップアップします。

なにを血迷ったのかそんな赤外フィルムに興味を持ち、わざわざRフィルターまで購入して試用したのは今から35年も前のことです。しかもいくらでも撮り直しのきく地元の鉄道ならいざ知らず、よりによって豊肥本線立野のスイッチバックやら高森線の立野橋梁やらのいわば“晴れ舞台”で使ってしまったのですから、若気の至りと申しましょうか、われながら良い度胸です。

sekigai2n.jpg
▲有名なスイッチバックを推進で登る69680〔熊〕。こうやって見ると擬似夜景効果がよくわかる。現在でも業務用としては植生調査や水資源調査のための航空写真などに広く活用されているという。'72.8.19 豊肥本線立野?赤水
クリックするとポップアップします。

結果はここにご覧に入れるような、とりあえずはそれなりの擬似夜景効果を得ることはできましたが、一度見たらもう充分…キワモノ的印象は免れません。結局、二度と再びインフラレッドに手を出すことはありませんでした。

sekigai4n.jpgところで、当時でさえコンシューマ向け赤外フィルムはコダックとコニカが細々と生産していた程度で、しかも新緑を前にした需要期の春先、一年に一度生産されるだけという状態でした。モノクロフィルムでさえ種類が限定されつつある現在、それでは赤外フィルムはまだ手に入るのかと調べてみたら、なんとこの春から正規輸入が始まったローライモノクロフィルムのラインナップのなかにインフラレッドがしっかりとありました。フィルターなしでISO400までの高感度に対応する高解像度フィルムだそうで、36枚撮り10本パックで希望小売価格18,500円也。さすがにもう一度使ってみる勇気はありませんが、赤外指標もないAFレンズ機でいったいどうやって使うのか、ちょっと興味はあります。
▲かつては各種の赤外フィルムが市販されていた。コニカ赤外750(左)とコダックハイスピードインフラレッド(右)。

100式鉄道牽引車健在。

100shiki1n.jpg
かねてより気になっていたのが陸上自衛隊朝霞駐屯地に保存されているはずの「100式鉄道牽引車」の消息です。かれこれ16年前、本誌100号にちなんで「100式鉄道牽引車ものがたり」を3回にわたって連載し、その際に国内での現存唯一と思われる朝霞の保存車を取材させていただきました。“取材”といっても駐屯地内だけにそう容易いものではなく、やれ企画書だの、申請書だのとややこしい手続きのために、当時は六本木にあった防衛庁の陸上幕僚監部に行ったのを覚えています。
▲輸送学校前庭に再整備されて展示された100式鉄道牽引車。上屋も設けられて保存状態はすこぶる良好ながら、一緒に保存されていた97式軽貨車などの姿は消えてしまっている。'07.7.23 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

100shiki2n.jpg
▲後軸はゴムタイヤを取り外した状態となっており、鉄輪での軌道走行時の様子が理解できるようになっている。'07.7.23 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

この朝霞駐屯地内の輸送学校前庭には100式鉄道牽引車のほかにも、編成を組んで展示されている97式軽貨車、それに戦後、陸上自衛隊101建設隊で使用されていた協三工業製15tBタンク機(1946年3月製/製番15010)が保存されており、輸送学校校舎内の展示とともに小さな軍用鉄道博物館の様相を呈していました。

100shiki3n.jpgところが本誌連載でご紹介してから数年後、この朝霞駐屯地内の輸送学校に保存されている車輌たちが散逸してしまったようだという情報が入ってきました。事実、101建設隊のBタンクはかつてこのブログでもご紹介したように茨城県内の廃材置場に放置されているのが発見され、すわ100式鉄道牽引車も放出されてしまったか…と案じられていたのです。朝霞駐屯地そのものには最近は見学施設もあるようですが、敷地の奥深くに位置するこの輸送学校の状況はなかなか伝わりにくく、つい最近までその安否ははっきりとしませんでした。
▲3位側から見た100式鉄道牽引車。外されたゴムタイヤが見える。'07.7.23 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

100shiki5n.jpg100shiki6n.jpg
▲100式鉄道牽引車のもうひとつの特徴でもある空冷ディーゼルエンジン。被弾した際にウォータージャケットが破損して運転できなくなる恐れのある水冷を避けて特異な空冷ディーゼルを採用しているのは戦車と同様。オリジナルは排気量8?のいすゞDD‐10型だが、この個体はいすゞDA-6B型が搭載されている。'07.7.23 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

今回、客車・気動車の研究家としても知られる岡田誠一さんが陸上自衛隊の許可を得てこの輸送学校を訪れ、初めて100式鉄道牽引車の“無事”を確認してきてくれました。すっかり綺麗に化粧直しされた100式は、専用の展示上屋の下に説明看板を伴って保存されていますが、ふと気づいてみると編成状態にあったはずの97式軽貨車の姿がどこにも見当たりません。Bタンクとともに放出されてしまったのでしょうか…。まだまだ全国各地にその末裔を見ることできる97式軽貨車ですが、この輸送学校の個体はボギー状態で、しかもレール繰り出しローラーなどの付属品もすべて揃っていただけに、もし廃棄されてしまったのだとすると残念でなりません。

100shiki4n.jpgさて、この「100式鉄道牽引車」(紀元2600年=西暦1940年の制定形式。ちなみに97式は2597=1937年の制定形式)は旧日本陸軍が開発した軌陸車で、DMV(デュアルモードビークル)の祖先のような車輌です。その発端は1931(昭和6)年の柳条湖事件に遡り、南満州鉄道から中東鉄道(ソ連領)への侵攻に備えて配備された90式広軌牽引車がルーツと思われます。以後6輪化して装甲を強化した91式、92式(逆転機を追加装備)、95式(キャタピラ仕様)、97式(関東軍寒地用)、98式(97式の南方戦線メーターゲージ用)、この100式、1式(100式のメーターゲージ対応版)、3式(形式は制定されたものの実際に製造にいたったかは不明)と進化を遂げてきました。
▲搭載されたいすゞDA-6B型エンジンの製造銘板。製造年月は「昭和16年6月」と読み取れる。'07.7.23 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

100shikifig.jpg
▲新設された説明看板に記載されたスペックは、全長6.10m、全幅2.44m、全高2.45m、重量6.3t、速度60km/h(単車時)・25km/h(牽引時)、牽引力2,500t、機関:空冷ディーゼル(90HP)、燃費23km/?(牽引時)、軌間幅:3段階の変更可能=1,067mm(日本)1,435mm(中国)1,524mm(ロシア)、転路:転路用ジャッキ使用により約5分。Rail Magazine1992年3月号(No.102)所収「100式鉄道牽引車ものがたり(下)」より。作図:常味真一
クリックするとポップアップします。

この100式(1式)鉄道牽引車は、「戦場にかける橋」で知られるタイのクワイ河橋梁横のリバークワイ駅構内にも保存されていますが、日本国内ではもちろん唯一の残存車で、こういった形で末永く保存される態勢となったのはなんとも嬉しい限りです。

IMGP0664nn.jpg
今日発売のRM最新号「大宮に鉄道博物館ができるまで」をご覧になった方は、最後の2ページで目が点になったのではないでしょうか。そうです、これまでいっさい伏せられていた「鉄道博物館」のサプライズ=D51運転シミュレータの全貌が明らかになったのです。
▲音楽館のスタジオで動作テスト中のD51運転シミュレータ。手前が開発にあたった向谷 実さん。
クリックするとポップアップします。

IMGP0648nn.jpg
▲普段は「SL甲組」の皆さんを取材する側の椎橋さんも、今日ばかりは「機関士席」でレギュレータを引く。後ろで厳しい眼差しを送るのは“指導機関士”役の交通博物館荒木副館長。
クリックするとポップアップします。

このD51運転シミュレータ、交通博物館館内にあったD51 426のキャブを丸ごと動揺装置付きのシミュレータにしたもので、もちろん世界初! システム開発に当たっているのは、先週末の江戸東京博物館のトークショーでもご紹介した音楽館の向谷 実さんです。12年にわたるトレインシミュレータ開発で培ってきた第一人者のノウハウと、向谷さんならではの驚異的な拘りが注入されたこのD51運転シミュレータ、かねてからご本人よりお話はうかがっていましたが、実際に体験してみると言葉を失うほどのすごさ、まるでホンモノです。

IMGP0649nn.jpgこのD51運転シミュレータをひと足早く体験すべく世田谷の音楽館スタジオにうかがったのは私と「SL甲組の肖像」でお馴染みの椎橋俊之さん。日本全国の「甲組」の皆さんの武勇伝を取材し、“耳学問”としては蒸気機関車の運転を知り尽くしているはず(?)の最適任者というわけです。スタジオ中央に設置されたシミュレータは鉄道博物館に搬入される直前の最終チェック段階で、微調整は残っているものの、あとは泣き分かれた426号機のキャブに戻されるばかりとなっていました。それにしてもすべての機器類が1940(昭和15)年日車製の実物そのままとあって、これまでのプラスティッキーなシミュレータとは比べ物にならない存在感です。
▲もちろん各種圧力計類も正確に動作する。しかも指針の微妙な“震え”まで再現されているのにはびっくり。
クリックするとポップアップします。

IMGP0672nn.jpgIMGP0675nn.jpg
▲この枠が四方センサーとなった火床(左)。模擬石炭を投炭しセンサーがその位置と量を感知する。投炭センサーに合わせて“火床”のランプ群が燃え方の状態をリアルタイムに見せてくれる(右)。もちろん現在は鉄道博物館のD51 426の火室にすべて組み込まれている。
クリックするとポップアップします。

指導機関士役の交通博物館荒木文宏副館長がまずは模範運転を披露。このシミュレータの設定線区は釜石線の花巻?遠野間で、43系旧型客車5輌を牽引している状況を再現しています。まずは花巻発車。事前に缶圧力計と水面計を確認し、ドレインコックを開け、出発信号機の進行現示を喚呼確認、リバー(逆転機)をフルギアに。汽笛ペダルを踏んで発車汽笛を吹鳴、ブレーキを緩解し、シリンダー圧力計を見ながらレギュレータ(加減弁ハンドル)を引き、ブラスト音に合わせてすぐにカットオフを調整し…はっきり言って“素人”には発車さえおぼつきません。

IMGP0635nn.jpgこのシミュレータがすごいのは、とにかく何もかもがいっさいの妥協なしに実物同様に機能し、それを的確に操作しない限りは運転できない点です。たとえば缶圧力。ペアになった助士役がセンサーを組み込んだ火室に模擬石炭を投炭し、投炭量と位置をセンサーが感知して缶圧が上下します。水も同様で、インゼクタ、給水ポンプを駆使して缶水を作らねばなりません。インゼクタの特徴的な作動音はもとより、給水ポンプにいたっては、作動中の指針のプルプルした震え方まで再現する拘りよう…絶句です。
▲すべての操作機器は交通博物館から鉄道博物館に移設されたD51 426の実物が使われている。自動ブレーキ弁ももちろんまったく実物どおりに作動するが、これがまた難しい。
クリックするとポップアップします。

IMGP0633nn.jpg
▲画面は機関士側と助士側できっちりと分かれている。鉄道博物館では旋回窓付きのキャブ前窓から前方注視することとなり、実物の蒸気機関車の運転がいかに大変かを痛感できるはず。
クリックするとポップアップします。

すでにこのD51運転シミュレータは鉄道博物館のシミュレータホールに設置されて10月14日のグランドオープンを待っています。曲線や分岐器ともシンクロさせた究極の動揺装置が仕込まれたキャブの“乗り心地”もまさに実物そのもの。ゲームとしてではなく蒸気機関車という近代化遺産を肌で感じ、そこに携わった人びとの苦労を手加減することなく後世に伝えてゆきたいという向谷さんの思いが詰まったこのD51運転シミュレータは、海外からも大きな評価を受けるに違いありません。開館の暁にはぜひご体験あれ。
ちなみに、D51運転シミュレータ初体験の椎橋さんが果たして運転、いや発車できたのかは、本誌誌上にて…。

"鉄研の夢"実現までの道。

hrc61n11n.jpg
▲さまざまな紆余曲折を経て実現にこぎつけたミステリートレイン。「ゆとり」展望車(スロフ14)からのぞむ牽引機"ロクイチ"の姿は格別なものが...。'07.6.17
クリックするとポップアップします。

6月17日、梅雨の合間の青空の下、法政大学小金井キャンパス鉄道研究会・同OB会マイロネフクラブ・法政大学鉄道研究会・同OB会 合同主催によるEF58 61牽引の「ゆとり」がミステリートレイン=HOSEI UNIV. RAILWAY CLUB UNITEDミステリー号となって北関東を走りました。明日発売のRM本誌最新号では、「鉄研の夢..."ロクイチ"が走るまで」と題して、この記念列車運転が実現するまでの一年にわたる道のりをご紹介しています。

hrc61n13n.jpg鉄研で列車を走らせたい、それもあのロイヤルエンジンEF58 61に牽かれた記念列車を...どのクラブの皆さんも一度はそんな"夢"を思い描かれるのではないでしょうか。ところがいざそれを実現するとなると、計画立案は、交渉は、資金は、はたまた実務は...と目前に立ちはだかる障害は並大抵のものではありません。そんななか、現役・OBが一丸となって企画したこの法政大学の記念列車は、集客の心配をよそに会員とその家族によって満員となり大成功。改めて「鉄研」が育んだ"絆"の強さが証明される結果となったようです。
▲いよいよ待ちにまった品川入線。多くのギャラリーに見守られながらEF58 61がしずしずと停止位置へと進む。'07.6.17
クリックするとポップアップします。

hrc61n12n.jpg
▲駒込付近を快走する9611レ「お座敷客車ゆとりで行くEF58 61牽引ミステリー列車の旅」。ひさしぶりの"ロクイチ"登場に沿線各所にはカメラの放列が見られた。'07.6.17 P:栗原昭宏
クリックするとポップアップします。

本誌では実行委員長を務められた法政大学小金井キャンパス鉄道研究会の橋本祐太さんが、JRとの交渉をはじめとした舞台裏を赤裸々に綴ってくれています。ことに、希望経路の変更か牽引機の変更か、という苦渋の選択を迫られながらの奮闘ぶりは、がむしゃらだった自らの学生時代に思いを馳せて共感される方も少なくないのではないかと思います。

hrc61n15.jpg鉄道事業者との交渉もさることながら、最大のネックはやはり「資金」でしょう。お座敷客車「ゆとり」はJR東日本に唯一残る14系の6輌編成で定員は160名。こういったチャーターの場合の責任人数は9割なので、最低でも144名は乗せなくてはならない、もしくは相応額を調達せねばなりません。JRへの支払い期限までにどうやって集客し、支払いを完了するのか、それが最大の難関となります。さらには当日の記念グッズの企画製作、弁当や飲み物の用意、車内でアトラクション準備、事務連絡等々、記念列車が走るまでの人知れぬ苦労は尋常ではなかったそうです。
▲事前に用意された記念グッズの数々。単に列車を走らせるだけでなく、こういった小物の事前準備にはたいへんな労力が必要。'07.6.17 P:橋本祐太
クリックするとポップアップします。

hrc61n14.jpg
▲法政大学の校章をあしらったヘッドマークを付けて横川駅に入線する回9125レ。帰路の9316レはEF64 39が先頭にたち"ロクイチ"は最後部となる。'07.6.17 P:橋本祐太
クリックするとポップアップします。

団塊世代のリタイアといった紋切り型の背景のみならず、鉄研OB再結集の動きが各校で広がっています。そんななかで、この「鉄研の夢..."ロクイチ"が走るまで」は、必ずや多くの鉄研とそのOBの皆さんにエールとなって届くに違いありません。今回はホビダス連動で「ゆとり」展望室から見たロクイチの動画もあわせて配信しております。動画をご覧になりながらぜひ本誌最新号を捲ってみてください。

動画「ゆとり」展望室から見たロクイチ
※上をクリックするとホビダスTVの動画がご覧になれます。音声付きですので、再生する際は周囲の状況をご確認ください。なお、Macでは再生できない場合があります。

edohaku101.jpg
夏休み後半となっていよいよ賑わっている江戸東京博物館の「大鉄道博覧会」ですが、昨日は関連イベントとして向谷 実さんと私の対談「鉄道を熱く語る!」が行われました。なんとも面映いタイトルですが、ひとこと弁明させていただくと、これは博物館の起案したタイトルで、企画の詳細が決定する前にリリースを流さねばならなかった経緯によるものです。
▲たいへん多くの皆さんにご来場いただいた江戸東京博物館映像ホールでのトークショー。向谷さんならではのキーボード生演奏もあってあっという間の1時間半だった。'07.8.18 P:東京都写真美術館

さて、向谷 実さんは改めてご紹介するまでもないかと思いますが、日本を代表するフュージョン・バンド「カシオペア」のキーボード・プレーヤーとして30年以上にわたって精力的に活躍を続けられるとともに、鉄道趣味人としてはあの「トレインシミュレータ」生みの親として広く知られています。現在は株式会社音楽館の代表取締役としてシミュレータをはじめとした数々の鉄道趣味関連コンテンツを構築されています。

edohaku105.jpgそんな向谷さんですが、これまでリリースされたトレインシミュレータのほとんどが「電車」とあって、根っからの電車ファンと思われがちです。ところが、実は少年時代からの熱心な蒸気機関車ファンで、「国鉄時代」さながらに蒸機撮影に飛び回っていたそうです。ことにご親戚がいる北海道は馴染み深く、今回は自ら撮影された留萌本線のD61 5、函館本線深川(!)のC55 30、そして釧網本線北浜-浜小清水間をゆくC58といった8ミリ映像に自ら曲を重ねるパフォーマンスもご披露いただきました。しかもキーボードにはブラスト音や汽笛も仕込まれているというスペシャルバージョン。ご来場いただいた皆さんも予想しなかった展開に大拍手でした。
▲生まれ育った世田谷・二子玉川園での“原点”=東急大井町線、玉電、そして砧線との出会いを語る向谷さん。'07.8.18 P:東京都写真美術館

edohaku103.jpgedohaku102.jpg
▲向谷さんといえば「トレインシミュレータ」。12年前の第1作誕生から最新作の台湾新幹線(日本未発売)まで、“ライブ”でなければ聞けない“秘話”も飛び出した。'07.8.18 P:東京都写真美術館

もちろん“本題”は12年以上にわたって進化し続けるトレインシミュレータです。CD-ROMドライブが内蔵されているパソコンさえ少なかった1995年8月19日(ちょうど12年前の今日)の第一作発売(中央線201系・初期受注はなんとたった350本!)から、その後大ブレークしてコンシューマ用ばかりか鉄道事業者の乗務員訓練用シミュレータまで制作するようになるヒストリーはまさに波乱万丈です。そして今回は先般完成したばかりのトレインシミュレータ「台湾新幹線」版の開発秘話を未公開のメーキングビデオを交えてご紹介いただきました。台湾鉄路局の全面的な協力のもと、スタッフも日台協同で制作されていますが、ノンストップの撮影専用列車運転計画から撮影当日の様子、そして国際回線を使っての会議、CGの制作手順と、まさに“手の内”を公開していただきました。

edohaku106.jpgさらに向谷さんといえば忘れてはならないのが「発車メロディー」でしょう。鹿児島(南)から吹く風をイメージしたという九州新幹線の発車メロディーはよく知られていますが、この6月から流れている向谷さん作曲の京阪本線の特急発車メロディーに隠された秘密には会場を埋め尽くした皆さんもびっくり。その秘密とは…各特急停車駅の特徴をイメージしたうえで、実は淀屋橋から三条へ続けて聞くと一曲になっている(!)のです。
▲ご本業(?)のキーボードを持ち込んでの発車メロディーの生演奏も…。'07.8.18 P:東京都写真美術館

edohaku107.jpg
▲1階特設会場では「大鉄道博覧会」にちなんで多くの作品が寄せられたフォトコンテストの入賞作品展示も行われている。'07.8.18

事前打ち合わせの際に用意していた“ネタ”はこれにとどまらずまだまだ溢れるほどでした。残念ながら限られた1時間半の枠に収めねばならないため、ショートカットしたり、まったくご紹介できなかったりといった部分も多々ありましたが、ご来場いただいた皆さんには概ねご好評をいただけたのではないかと思います。それにしても毎度のことながら、向谷さんの多彩ぶりには圧倒される思いの1時間半でした。

急行「銀河」を想う。

ginga006n.jpg
ginga008nn.jpg
▲今から34年前、東京駅で発車を待つ最盛期の急行「銀河」。10系寝台を連ねたその姿は、名だたる特急に伍して充分に輝きを放っていた。'73.7.30 東京 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

毎年この季節になると思い出すのが、夜行急行の発車を待つ上野駅や東京駅ホームの熱気と喧噪です。前者はもちろん「八甲田」「十和田」「津軽」といった面々、そして後者はやはり「銀河」や「紀伊」が瞼に浮かびます。ただ、どことなく“戦後”を引きずったままのような上野駅地上ホームに入線してくる旧型客車編成に比して、新幹線と肩を並べて発車を待つ10系寝台は、同じ夜行急行でもさすが華の東海道と思わせるに充分な存在感がありました。

ginga005n.jpg1949(昭和24)年9月15日、戦後初の特急「へいわ」とともに誕生した急行「銀河」は、以来実に58年間に渡って夜の東海道を走り続けてきました。もちろん東海道本線のなかで歴代最長寿急行であるとともに、単独列車の愛称としては現存最古のものです。さらに今や全国を見回してもオール寝台の急行列車はこの「銀河」のみ。趣味的にもその存在感はひときわ際立ってきていると言えましょう。
▲多客期ともなると臨時の「銀河」が増発された。写真はEF58の牽引で発車を待つ「銀河51号」。'73.7.30 東京 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

ginga002n.jpgさて、来週発売のRM本誌(289号)では、昨今注目を集めつつあるこの急行「銀河」をもう一度見つめ直してみようと巻頭特集を組んでおります。ヘッドマークが付かないことや、運転時間帯からして日照時間の長い夏場でないと撮影が難しいこともあって、撮影派の皆さんにとってはいまひとつ食指が動かないようですが、相次ぐ客車夜行廃止のなかでこの急行「銀河」の去就もダイヤ改正ごとに取り沙汰されており、今から再注目してみる価値は充分にありそうです。
▲臨時の「銀河51号」は全席指定の座席車で運転されていた。'73.7.30 東京 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

ginga007n.jpgそれにしても、最盛期には臨時を含めて4往復もの設定があったこの伝統の夜行も、今では残された1往復でさえ通常期6輌(ロネ1+ハネ5)とすっかり寂しくなってしまいました。先日ローランドのメモリーレコーダーEDIROL R-09で録音をしようと勇んで出かけた“ホビダス”の女性スタッフ曰く、「北口側の階段を上っていったら入線しているはずの「銀河」がいない…と良く見たら有楽町方にちょこんと停まっている。「銀河」って短いんですね」。う~ん、最盛期を知る者としては、なんとも残念な現状ではあります。
▲「銀河51号」の先頭に立つ浜松区のEF58 161。なぜか「浜」「松」と入れられた区名札がほほえましい。'73.7.30 東京 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

ginga009n.jpg
▲東京駅12番線に急行「銀河1号・紀伊」のブルーの編成が長々と横たわる。この時代、急行「銀河」は「紀伊」(紀伊勝浦行き)と併結したこの1号のほかにも臨時を含めて3往復が夜の東海道本線を駆け抜けていた。'73.7.30 東京 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

さて、そのローランドのメモリーレコーダーEDIROL R-09で録音した「銀河」を下記で無料公開中です。ぜひ一度ご試聴いただき、最後の寝台急行「銀河」に思いを馳せていただければと思います。

■銀河を聴く!
※上をクリックすると、ローランドのメモリーレコーダーEDIROL R-09 で録音した急行「銀河」の臨場感あふれる音をお聴きになれます。
東京駅10番線アナウンス/東京駅発車?車内放送/平塚付近を快走/静岡駅到着/朝の車内放送再開/淀川橋梁?大阪駅到着

HB2007H1n.jpg毎年ご好評をいただいているイヤーブック『JR全車輌ハンドブック』の2007年度版が完成いたしました。JR全7社から提供された2007年4月1日現在の配置表・改造資料などをもとに、蒸機、電機、ディーゼル機関車、新幹線、電車、気動車、客車、貨車の8つのジャンルに分類、約2200種にもおよぶ膨大な形式・番代を鮮明な写真と適切な解説で紹介した、まさにJR車輌のバイブルです。もちろん例年どおり巻末には各形式番代の性能、主要寸法・台車形式などを網羅した諸元表、そして形式番号順の配置表も用意しています。

ところで今年は新形式・番代の"当たり年"で、その数101車種にもおよびました。ただ、新形式は14車種で構成されるE233系と3車種で構成されるキハE130系のみ。残りは新たに追加された番代区分車であるのも特徴です。なかには一年間になんと23番代もが誕生した313系もあり、この細胞分裂ぶりには改めて驚かされます。さらにバス用の行先表示器を搭載して車体形状が大きく変更された813系など、機能面や設備面を一新した車輌も多く、この番代区分車こそが、鉄道趣味をより深く、そして楽しませてくれているとも言えるでしょう。

HB2007n2n.jpg

HB2007n1n.jpg一方で、長らく誌面を飾りながらも2007年版で脱落してしまった廃形式もあります。初代"のぞみ"こと300系9000番代、東京地下ホーム誕生でデビューを飾った183系0番代、E331系の母体となったE993系"ACトレイン"、ジョイフルトレイン14系"浪漫"と12系"わくわく団らん"、シキ670など50形式です。これらは昨年の『JR全車輌ハンドブック2006』での掲載が最後となりました。ところで、今年度版では、変化のない形式・番代に関しても最新の写真とすべく可能な限り差し替えを行っています。一例として300系3000番代、700系、E4系、923形、189系等々...先般このブログでも取材経過をお知らせしたとおり、1形式1輌という編集者泣かせの車輌もありました。
▲2007年度版のDVDからは2画面表示も可能となった。左はDVD画面のE233系、右は当ブログの「編集長敬白」で、このようにネットを見ながら「JR全車輌ハンドブック」での検索も可能となった。
クリックするとポップアップします。

HB2007n3n.jpgさらに、2005年版から付録としてご好評をいただいている「JR全車輌ハンドブックDVD」に今年度版からウィンドウのサイズ変更機能を追加しました。これはネットを見ながらデータベースとして検索をしたい、という多くの方からのご要望にお応えしたものです。これにより、さらに操作性が向上しています。
もちろんDVDにも本誌同様「諸元表」と「全車輌配置表」を収録しています。なかでも、「全車輌配置表」には本誌にはない6通りの検索方法から特定車輌をピックアップすることが可能です(「サンプル動画」参照)。例えばトップナンバー車は今どこに、という検索も瞬時に可能です。頁をめくる紙媒体ならではの従来からの楽しみ、データベース検索という機能をプラスして"実戦"に強いDVDとで、今のJR車輌を様々な角度から探ることができる『JR全車輌ハンドブック2007年度版』をぜひお手にとってご覧ください。
▲DVDの配置表から豊田電車区に配置される全車輌をピックアップしたところ。総配置輌数826輌、201系、E233系などが配置されていることも瞬時にわかる。
クリックするとポップアップします。

■『JR全車輌ハンドブック2007』DVD付録付 A4変形国際判(本誌同寸)/708頁 定価6,980円(税込)
●付録DVD動作環境について
付属のDVD-ROMは、下記の動作環境でご利用いただけます。
Windows
・PentiumⅢ 500MHz以上のプロセッサを搭載したコンピュータ
・256MBのRAM
・DVDドライブ
・Windows 2000(Service Pack 4)またはWindows XP(Service Pack 2)
・Vistaにつきましては基本的に動作しますが、検証中のため保証するものでありません。
Macintosh
・PowerPC G3、G4、G5プロセッサを搭載したMacintoshコンピュータ
・Intelプロセッサを搭載したMacintoshコンピュータ
・256MB以上のRAM
・DVDドライブ
・PowerPCプロセッサ搭載機ではMac OS X 10.3.9、Intelプロセッサ搭載機ではMac OS X 10.4.5
*諸元表にPDFファイルを使用しているため、Adobe社のAdobeReaderが必要です。
*ゲーム機・DVDビデオデッキでご覧いただくことはできません。

カラミ電車?

karami1n.jpg
新居浜市の愛媛県総合科学博物館に「カラミ電車」なるものが保存されていると聞き、かねてより一度訪ねてみたいと思っていましたが、先日ようやく現地を訪問する機会を得ました。
▲一見「列車」とは思えない異様な外観の「カラミ電車」編成。こちらサイドに機関車の窓はない。うしろは博物館本館建物。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

karami4n.jpg「カラミ電車」…なんとも聞きなれない言葉ですが、「カラミ」とは鉱滓(slag)のこと。新居浜沖約20kmの瀬戸内海上に位置する四阪島の銅の精錬所で、このカラミを運搬するのに使われていた電気機関車なのだそうです。四阪島の製錬所は別子銅山支配人の伊庭貞剛が計画立案、1905(明治38)年に操業を開始したもので、1976(昭和51)年の精錬終了までの71年間で実に220万トンにもおよぶ銅を生み出したと言います。
▲集電はさながら竿竹のように長いポール。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

karami2n.jpg
▲キャブ窓のある側。実測によればゲージは2フィート6インチ、ホイールベースは3フィート(914mm)であった。側面の「6」の切り抜き文字はシリアルナンバーであろうか? '07.7.21
クリックするとポップアップします。

博物館裏庭に展示された「カラミ電車」は何とも形容しようのない珍奇な形態の2軸トロリー電機で、うしろには鉱滓を積む鍋型転倒車が連結されています。

karami6n.jpgkarami5n.jpg
▲コントローラーとハンドブレーキ程度しか装備のない極めてプリミティブなキャブ内。戦前、四阪島には日本輸送機が3t電気機関車を仕向けた記録があるが、本機との関連は不明。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

karami7n.jpg説明看板からその解説を引用すると、「1921(大正10)年から昭和30年代まで、溶鉱炉から流出するカラミを液状のままカラミ壺に受け、海岸の処理場までけん引して捨てていました。一列車にカラミ壺2?3個を連結して、当時のカラミ運搬に活躍しました。別名お壺電車とも呼ばれました」とのことで、四阪島の崖っ淵から海へと灼熱の“カラミ”を落とす様が写真付きで紹介されています。海中から立ち上るもうもうとした蒸気…今ではとても考えられない豪快(?)な産廃処理風景です。
▲バッファーと呼ぶにはあまりにお粗末な緩衝器。連結装置はこれまた原始的なピン・リンク式。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

karami3n.jpg
▲巨大な“鍋”は高温のカラミを入れるため肉厚のがっしりしたもの。転倒はギアによる手動。'07.7.21
クリックするとポップアップします。

それにしてもこの「カラミ電車」、製造メーカーなどの詳細はいっさい不明で、いったいどういった経緯で保存されることになったのかもわかりません。ただ、現役時代はまったく顧みられるとのなかったであろうこういった産業車輌が、公的な博物館に収蔵・展示されているのはなんとも嬉しい限りです。なお、この愛媛県総合科学博物館には館内にもクラウス製蒸気機関車のレプリカをはじめ、いくつかの特筆すべき鉄道関連展示がありますが、こちらはまたいずれ機会をみてご紹介してみたいと思います。

RML97001n.jpg今日は62年目となる終戦記念日。焦土と化した中を、それでも国鉄(正確には1949=昭和24年5月までは運輸省)は一日たりとも運転を止めることなく走り続けてきました。ただ、軍需産業として統制化におかれた鉄道車輌工業は壊滅的状況に陥っており、加えて戦中の罹災、そして戦後の占領国軍による接収と、車輌の需給は困難を極め、そのなかで正規の規格とはほど遠いさまざまな車輌が国鉄線上を走りはじめることとなります。RMライブラリーNo.95でご紹介した『特別職用車』もそのひとつと言うことができましょうが、同車のようなプリビレッジな存在の対極に、ほとんど貨車のような“客車”が誕生し、そして歴史の狭間へと消えていったことはあまり知られていません。今月お送りするRMライブラリーはそんな時代の落とし子にスポットを当てた藤田吾郎さんの力作『鋼製雑形客車のすべて』です。

RML97006n.jpg1953(昭和28)年、国鉄は車両称号規定を改正、この際、標準設計によらない鋼製客車54輌を「鋼製雑形客車」として分類し、1000?2999の番号を与えました。これらの客車は進駐軍軍用列車で部隊料理車(形式記号シ)や、販売車、酒保車(形式記号ミ、ミリタリーのミ)など様々な用途に使用されていた軍用貨車からの車種変更客車や、事業用として残っていた買収私鉄から引き継ぎ客車などでした。
▲とても「シ」の記号からは想像つかない外観のホシ1860形1867号。ご想像のとおり出自は貨車ワキ1形で、部隊料理車(Troop Mess Car)として雑形客車に編入されている。車内には冷蔵庫やフィールドレンジや流し、調理台などが備わり、天井には温水と冷水のタンクがぶら下がる。(『鋼製雑形客車のすべて』より)
クリックするとポップアップします。

RML97004n.jpgRML97005n.jpg
▲世にも不思議な“寝台冷蔵荷物車”(?)ホミ85形の成れの果て尾久客車区救援車ナエ2704(左)と、返還後の冷蔵荷物緩急車(!)オニ6320への改造手順(右)。(『鋼製雑形客車のすべて』より)
クリックするとポップアップします。

RML97002n.jpgRML97003n.jpg
▲買収私鉄の鋼製客車も「雑形」として編入された。相模鉄道からは将来の電化を想定して電車然としたスタイルのホ1形などが“国鉄客車”となった。(『鋼製雑形客車のすべて』より)

RML97008n.jpg本書はこの車両称号規定改正以前に消滅した車輌を含め、ワキからの転用車38輌、私鉄買収車編入客車16輌、軍用車輌運搬車13輌、キハ42000改造車1輌の計66輌(2軸車および暖房車を除く)を鋼製雑形客車と捉え、その生涯を貴重な写真と図面で詳述したもので、客車ファンのみならず模型ファンにとっても驚きの連続、必見の一冊に違いありません。
▲中国鉄道買収車のホハ7・8はもと加藤車輌製のガソリン動車。最終的には移動診療車コヤ2600となって北海道で働いた。移動診療車の車内写真も…。(『鋼製雑形客車のすべて』より)

RML97009n.jpgRML97007n.jpg
▲移動診療車コヤ2600への改造手順(左)。右はどう見ても乗客が乗れない「客車」チホニ1900形。ただの長物車=貨車に見えるが客車の仲間で、速度制限を受けることなく客車列車として運転できる利点がある。(『鋼製雑形客車のすべて』より)

このRM LIBRARYNo.97『鋼製雑形客車のすべて』(定価:1,050円)は来週には店頭でお求めいただけるはずです。既刊『関東省電の進駐軍専用車』『特別職用車 ?占領の落とし子 薄命の歴史?』と合わせてご覧いただければ幸いです。

hibariaidu21n.jpg
▲東北新幹線開業以前、L特急全盛期の上野駅を再現したクハ481‐26の展示。手作業で行われていた「ひばり」と「あいづ」のヘッドマーク交換の様子がリアルに甦る。手前の少年ファンがオリンパスペン(!)を持って作業に見入っているのが泣かせる。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

かねてより噂には聞いていたものの、ヒストリーゾーンの大きな見所でもある“情景再現展示”の拘りようには改めて驚かされます。それぞれの展示車輌ごとに、その車輌がもっとも生き生きとしていた時代を設定、さらには綿密なプロットを立てて、まるで瞬間が止まったかのごとき情景を再現しています。

hibariaidu22n.jpghibariaidu23n.jpg
▲上野駅名物だったワイヤーに引っ掛ける乗車口案内板も忠実に再現(左)。クハ181-45(「とき」)のデッキには車販のワゴンも(右)。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

今日はその拘りのいくつかを画像でご紹介してみようと思いますが、いちファンとしてなにより嬉しかったのは、クハ481‐26が上野に到着してヘッドマークが「ひばり」から「あいづ」に取り替えられようとするシーンです。なんとそこにはカメラを手にした少年ファンの姿があるではないですか。しかもそのカメラたるやお父さんから借りてきたと思しきハーフ判の「オリンパスペンEE」。こういったパブリックな博物館展示でファンの姿が“顕在化”するのは本邦初です。

hibariaidu24n.jpgところで先週「鉄道博物館」の営業概要も正式に発表となりました。以下にご紹介してみましょう。
開館時間:10:00?18:00
休館日:毎週火曜日及び年末年始(12/29?1/2) 
※開館初年は火曜日も営業いたします。
※火曜日が休日の場合は、翌日が休館日となります。
入館料金:一般1,000円(800円)、小・中・高生500円(400円)、幼児=3歳以上未就学児200円(100円)
※()内は団体割引料金および身障者割引料金
※団体割引は、20名以上の団体に適用いたします。
※身障者割引は、身障者手帳等の呈示により、本人1名につき介護者1名まで同様に割引いたします。
駐車料金:一般車500円/日、大型バス:2,000円/日
前売券発売:特典付の前売入館券の発売を開始いたします。
 ・発売箇所:JR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ
 ・発売開始日:2007年9月1日
 ・発売時間:発売箇所の窓口営業時間内
 ・発売金額:一般1,000円、小・中・高生:500円、幼児=3歳以上未就学児200円
 ・特典:館内のレストランで利用可能なドリンク券付
(メインエントランスにて入館券と引換時にお渡しします。)

▲その車販ワゴンに究極の拘りを発見! 冷凍みかんはもとより、森永「チョコボール」はメーカーの協力を得て当時のパッケージを再現。“キョロちゃん”も昔のまんま! P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

remufu32n.jpg
▲レムフ10000の“情景再現展示”。冷蔵車を連ねた山陽本線の特急貨物だろうか、寸暇を惜しんで鮮魚の積み込みが続いている。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

同時に鉄道博物館の会員組織、その名も「Teppa倶楽部」(てっぱクラブ)がスタートすることも発表されました。専用のカード(「鉄道博物館」プレスリリース参照)も発行されるそうで、今から要チェックです。詳細は以下のとおりです。

remufu31n.jpg目的:鉄道が大好きな方、鉄道博物館で新しい発見や体験をしたい方など         鉄道博物館をより楽しんでいただくための博物館独自の会員組織です。         会員有効期間中(1年間)は何度でも入館できます。
名称およびロゴマーク:『Teppa倶楽部』(てっぱクラブ)
年会費:一般3,000円、小・中・高生1,500円、幼児=3歳以上未就学児600円
会員特典:1年間入館無料
メールマガジンの発行
鉄道関係雑誌の年間購読割引、鉄道模型購入割引
会員限定イベントへの参加(2008年度より実施予定)
特製会員証の発行(氏名・顔写真付)
申込手続き:募集開始=2007年8月20日(月)
申込方法:Webによる申込、開館後は郵送による申込みも可能(入金確認後に会員証送付)

▲そしてこれまたびっくり! トロ箱からは活きのよい(?)フグが顔を出している。この徹底的な拘りには思わず脱帽。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

ed4042n.jpg
▲システムとしての鉄道には検修部門の重要さも忘れてはならない。しかも当地は長い歴史を誇る大宮工場のお膝元。ED40は各種工具を配置してメンテナンス中を再現している。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

ed4041n.jpgmeijipc51n.jpg
▲木製の作業台でメンテナンスに取り組む様子がリアルに甦る(左)。右は明治期のいわゆる“マッチ箱”客車の車内灯設置風景。電灯のない時代はこのように屋根から油灯(ランプ)を入れて夜間の運転に備えた。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

いよいよ夢の実現まであと一歩のところまできた「鉄道博物館」、本誌連載「大宮に鉄道博物館ができるまで」もいよいよ佳境となります。どうか次号にもご期待ください。
■これまでに「編集長敬白」でご紹介した鉄道博物館建設の歩み
いよいよ「鉄道博物館」が起工。(2005年11月16日)
「オハ31」大宮に到着!(2006年7月31日)
松本電鉄ハニフ1が鉄道博物館へ。(2006年10月14日)
一年後の「鉄道の日」には…。(2006年10月24日)
再び脚光を浴びるC51 5。(2006年11月29日)
いよいよ全貌を現した「鉄道博物館」。(2006年12月18日)
「鉄道博物館」本線とつながる。(2007年2月17日)
C57 135、いよいよ大宮へ!(2007年3月10)
オープンまであと半年…「鉄道博物館」は今。(2007年4月16日)
「鉄道博物館に続々と車輌が集結。(2007年5月28日)
大宮で博物館展示車輌がそろい踏み。(2007年6月1日)
必見!「鉄道博物館」完成間近。(2007年6月25日)
注目!「鉄道博物館」速報。(2007年7月10日)

tetuhaku1nn.jpg
tetuhaku2nn.jpg
▲C57 135を中心に歴史的車輌がずらりと並ぶヒストリーゾーン全景。まさに鉄道博物館の檜舞台だ。P:RM(名取紀之)
クリックするとポップアップします。

先週金曜日に「鉄道博物館」のメイン展示室となるヒストリーゾーン(これまで歴史ゾーンと呼ばれていたエリア)の一般報道公開が行われ、すべての展示車輌が開館時の状態でお披露目されました。それぞれの車輌は前照灯や室内灯が点けられ、それぞれの展示趣旨にあったフィギュアも配置されるなど、これまでとはうってかわって実に生き生きとした表情を見せてくれました。

c57135nn21.jpgヒストリーゾーンの中心を占めるのはもちろんC57 135。新造された転車台はボタン操作ひとつで回転し、前照灯をともしたC57 135は今にも動き出さんがばかりの迫力で見る者を圧倒します。さらに驚きなのはそれぞれの展示車輌にきちんとしたテーマとプロットが設定されていることです。クハ181‐45の停まるホームは上屋の骨組みからコンクリートの質感まで忠実に新潟駅を再現したものとなり、片やクハ481‐26の方は上野駅での「ひばり」と「あいづ」のヘッドマーク交換の様子が再現されるなど、背景となる“時代”を浮かび上がらせる展示が感動的でさえあります。
▲C57 135が載った転車台はボタン操作ひとつで回転する。これまた圧巻!P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

mc40n1.jpg
▲前照灯や室内灯が点いて生き生きとした表情のクモハ40。車内には等身大の乗客フィギュアが満員状態で載せられており、戦後の通勤ラッシュの様子を再現している。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

この“情景再現展示”と呼ばれる展示方法は、欧米の鉄道博物館では比較的よく見られる手法ですが、全面的に取り入れられるのはわが国ではこの鉄道博物館が初めてとなります。シロクマやアザラシの生き生きとした姿を“行動展示”という手法で伝え大人気を博している旭山動物園の例を挙げるまでもなく、展示はただ置いてあるだけでは感動を呼びにくいものです。その面でもこの展示方法には大きな拍手を送りたいと思います。明日はこの“情景再現展示”の数々をご覧にいれたいと思います。

nenpyou210n.jpgnenpyou211n.jpg
▲長さ75メートルに及ぶ日本の鉄道史を綴った大年表。その下には数々の貴重な実物資料や大型模型が展示されている。P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

9gou1n.jpg
▲これが御料車の展示スペース。空調管理された巨大なケースの中に並ぶ9号御料車をはじめとした皇室車輌たち。P:RM(新井 正)

なお、これまで「歴史ゾーン」や「教育展示ゾーン」などと仮称で呼ばれていた各エリアの正式名称が決まり、あわせてプレス発表されました。館内平面図とともにまずはそちらもご覧いただきましょう。

tetuhakumap101.jpg
tetuhakusisetumeisyou.jpg
鉄道博物館館内平面図と正式決定した施設名称とその内容。(東日本鉄道文化財団提供)
クリックするとポップアップします。

ooyuubari101n.jpg
これまでにも何度かお伝えしてきましたように、夕張市による「南大夕張駅跡列車公園構想」は、同市の再建団体入りで大幅な見直しが迫られています。駐車場・トイレなどについては周辺で進められている夕張シューパロダム建設に伴う関連工事で整備される方向ですが、肝心の車輌の整備についてはいまだに有効な方策が見つからない状況で、積極的な活動を繰り広げてきている三菱大夕張鉄道保存会の皆さんも頭を悩ませています。
▲ナハ2に取り付けられたサボ。今回復刻されたものと同じタイプのものだ。大夕張駅 P:三菱大夕張鉄道保存会提供

ooyuubari102n.jpgもちろん、最近では三菱大夕張鉄道保存会の活動も広く認められ、先頃は読売新聞社主催の「がんばれ夕張 北の大地応援募金」の受賞対象として選定されましたが、資金不足は相変わらずで、一部の車輌についてはその状態がきわめて深刻な状況となってきてしまっています。そこで今回は最も状態が懸念されるナハフ1の修復のために復刻版のサボを少量製作し、寄付金を募ることにしたそうで、下記のようなご案内を頂戴しました。
▲寄付をされた方への記念品となるサボ。掲げているのは藤倉夕張市長。P:三菱大夕張鉄道保存会提供
クリックするとポップアップします。

ooyuubari104n.jpg三菱大夕張鉄道保存会では1999(平成11)年の発足以来、夕張市が南大夕張駅跡に所有する、客車スハニ6や石炭貨車セキ1・セキ2等の維持・修繕に取り組んで来ました。その一方、周辺を含め列車公園と整備するよう夕張市に要請を続けてきました。しかし、車輌の損傷状況は危機的であり、特にシートを被せたまま公開を差し控えてきた客車ナハフ1(昭和12年・日本車輌東京支店製造)については、今にも屋根が落ちそうなほどの深刻な状況にあります。修復には数百万単位の資金が必要となる見込みですが、夕張市が財政破綻した事により、もはや行政による対応は困難な状況にあります。
▲行く末が案じられた「石炭の歴史村」は夕張リゾートが運営する形となりふたたび公開されている。館内に保存されている大夕張鉄道の№4も健在。P:三菱大夕張鉄道保存会提供
クリックするとポップアップします。

00yuubari103n.jpg
そこで各種の助成金の活用の他、このたび新たに同線の客車に取り付けられていた「清水澤・大夕張炭山」(表裏で→方向が異なる)と両面に記載された行き先表示板(サボ)の復刻版を記念品として贈呈する寄付金の受付を開始します。
記念サボの贈呈は8.000円以上の寄付を頂いた方、先着100名限定となります。お申込み方法は、下記もしくはこちらをご参照ください。
1:郵送希望の場合は、往復はがきで「記念サボ付募金申し込み」と記載して
〒069-0855 江別市大麻宮町4-6-502 今井一郎方 三菱大夕張鉄道保存会事務局
へお申し込みください。折り返し送金方法、送料(地域で異なります)などをご連絡します。
2:また保存車輌近くの高橋商店(夕張市南部新光町55)さんにも常時5枚前後の記念品を用意しておりますので申し込み下さい。
3:南大夕張駅跡での各月の補修活動日にも受け付けます(今後は8月25・26日、9月23日、10月28日、11月11日の予定)。
多くの皆さんのご協力をお待ちしています。
▲「南大夕張駅跡列車公園構想」の核となる南大夕張駅跡の保存車輌たち。会員の懸命の努力にも関わらず、夕張市の財政破綻はここにも大きな影響を及ぼしている。P:三菱大夕張鉄道保存会提供

8月最後の土日には毎年恒例の「汽車フェスタ」も予定されており、土曜日25日の夕方からは昨年も好評を博した保存車輌のライト類の点灯も行われるそうです。また9月8日(土曜日)・9日(日曜日)には追分?夕張間で「SL夕張応援号」の運転も予定されています。夕張にお出でになった際は、大夕張にも寄ってみられてはいかがでしょうか。

訃報、吉川文夫さん。

yushikawasan1n.jpg
今朝、国際展示場駅を降りてJAMコンベンション会場へ向かう途中のことです。携帯電話が鳴り、吉川文夫さんの訃報に接しました。降り注ぐ灼熱の太陽光の下で、一瞬立ちくらみがするようなショックでした。かねてより体調を崩されておられたのは伺っていましたが、11日朝、息を引き取られたそうです。
▲吉川さんが遺してくれた著作の数々。このほかにも共著ではRMライブラリー『静岡鉄道開秋葉線』や『N電 京都市電北野線』、さらに佐竹保雄さん・佐竹 晁さんご兄弟の『私鉄買収国電』や、三谷烈弌さんのRMライブラリーNo.50『昭和の記憶』の解説原稿も担当していただいている。

yoshikawasan2nn.jpg吉川文夫さんは1932(昭和7)年12月のお生まれ。日本大学工学部を卒業後、池貝鉄工㈱に勤務、その後は関東学院大学、神奈川大学の非常勤講師をお勤めになられました。鉄道友の会は創立以来の会員で、東京支部長、理事などを歴任され、さらに長らく副会長の要職に就いておられました。
▲長年にわたって愛用されていたパールⅣ型を手にインタビューに応える吉川文夫さん。(『鉄道写真2004』所収「ちび助力走 吉川文夫さん」より)

yoshikawasan5n.jpgこれまでに数多くの弊社刊行物にご執筆をいただきましたが、ことに格別のお力添えを賜ったのはRMライブラリーでした。シリーズ構想段階から企画を絶賛、バックアップしていただき、3巻目では自ら『私鉄買収電機の系譜』を記してくださいました。さらに「ライブラリーで次はこんな企画はどうだろう」と、ご自身のみならず数多くの著者の皆さんとの橋渡し役まで務めてくださったのがありがたく、強く印象に残っています。
▲1953(昭和28)年5月1日、日立電鉄車庫で見かけた単車客車の廃車体台枠に付けられていた銘板のスケッチ。この頃からこまめにメモをとる姿勢は一貫していた。(『鉄道写真2004』所収「ちび助力走 吉川文夫さん」より)

yoshikawasan3n.jpg数年前から体調を崩され、それでも長い原稿は無理だがエッセー的なものなら…と仰っておられたのですが、ここ最近は入退院を繰り返されておられ、ご執筆をお願いできる状況ではなくなってしまいました。筆まめな方で、たびたび特徴ある鉛筆文字のお手紙を頂戴していたのですが、今年になってからはそれも途絶え、春にご返送いただいた『新版 総天然色のタイムマシーン』の印税契約書のご署名が、私にとっての吉川さんの絶筆となってしまいました。
▲ノートにきちんと書き連ねられた吉川さんの撮影メモ。まさに吉川さんの鉄道趣味の原点とも称せよう。(『鉄道写真2004』所収「ちび助力走 吉川文夫さん」より)

yoshikawasan6n.jpg
身長178センチと長身ながら、周囲を威圧することなく常に温和な空気の中におられた吉川さん。その力まない軽妙洒脱な原稿も吉川さんならではのものでした。とかく持てる知識の100%、いやあるはずのない120%を使って執筆しようとしがちな方が多いなか、吉川さんはその豊富な知識の一部を使って、読み手にわかるように、興味を膨らませてくれるように慮って書いてくれる稀有な方でした。しかもそのベースとなっている知識は信じられないほどの広範囲に及んでおり、鉄道趣味界にとってもその喪失感は語り尽くせないものがあります。
▲1961(昭和36)年6月11日、鉄道友の会機関車グループの小旅行の際の記念撮影。カプラーの左、ワイシャツ姿が吉川さん。ちなみに煙室上の左端が現『鉄道ファン』名誉編集長の宮田寛之さん、その横が広田尚敬さん。(『鉄道写真2004』所収「ちび助力走 吉川文夫さん」より)
クリックするとポップアップします。

■吉川文夫さんご葬儀
会 場:カドキホール (鎌倉市御成町3?5)
お通夜:8月12日(日曜日)18?19時
告別式:8月13日(月曜日)12?13時

どうもまたどこかで、あの長身をちょっと曲げるような仕草で「よっ」と声をかけてくださるのではないだろうか…そんな思いがしてなりません。
深くご冥福をお祈り申しあげます。

yoshikawasan4n.jpg
▲地元の江ノ電を愛し続けてこられた吉川文夫さん。新500はお乗りになりましたか、と電話でお伺いすると「体調がすぐれなくてまだなんだよ…」と仰っておられたのが思い起こされる。果たしてお乗りになることはできたのだろうか…。(『鉄道写真2004』所収「ちび助力走 吉川文夫さん」より 撮影:広田尚敬)

IMGP2778nn.jpg
▲2年ぶりに戻ってきたビッグサイト。夏休み真っ只中、しかも土曜日は東京湾大華火大会の開催日とあって周辺もたいへんな盛り上がりになるはず。'07.8.9

今日から東京ビッグサイト(東京国際展示場)で8回目を迎える「国際鉄道模型コンベンション」(主催:NPO法人「日本鉄道模型の会」=JAM)が始まりました。昨年の第7回は初の大阪での開催でしたので、ビッグサイトでの開催は2年ぶりとなります。

IMGP2781nn.jpg9日(木曜日)は出展者や参加企業の搬入・準備が行われましたが、2年ぶりの会場とあって、なにか不思議な懐かしさを感じたのは私だけではないでしょう。思えば水沼会長のもと、第1回のJAMコンベンションが新宿NSビルを会場に開催されたのが2000(平成12)年。ボランティアの力によって、モデラー、メーカー、販売店、そして媒体が一体となった国際レベルのコンベンションを…とスタートしたこの「国際鉄道模型コンベンション」ですが、今や名実ともに世界の鉄道模型シーンに胸を張れるまでに成長しました。
▲前夜、猛暑と闘いながら、会場のあちらこちらでひたすら準備作業が続く。'07.8.9

IMGP2785nn.jpg
▲西4ホールいっぱいに繰り広げられるこの夏最大のモデル・コンベンションだけに、その全貌はまさに圧巻。'07.8.9

IMGP2797nn.jpgIMGP2798nn.jpg
▲今年初めてブースを構えるメジャーメーカーも要注目。“PRO Z”の動向が注目される東京マルイのブース(左)と、新たな台風の目となるか…京商のブース(右)。'07.8.9

IMGP2792nn.jpg
▲NHKテレビ「趣味悠々」ですっかりお馴染みの諸星昭弘さんが主宰する「O-MORO DESIGN」は新作の一畳レイアウトを披露。'07.8.9

IMGP2795nn.jpg残念ながら初日の10日(金曜日)は日本鉄道保存協会の役員会があってビッグサイトには伺うことができませんでしたが、会場のブースに張り付いているスタッフからの連絡によれば、午前中からたいへんな賑わいとなっていたようです。なお、今年は恒例のモデラーズ・パフォーマンス(MP)も下記のように特徴別にゾーニングされて一層見やすくなっているのも嬉しい変化です。
A=モジュールレイアウトゾーン、B=運転型レイアウトゾーン、C=学校レイアウトゾーン、D=LRT/路面電車ゾーン、E=個性あふれるレイアウトを集めたゾーン、F=大人の鉄道模型ゾーン、G=ベテランモデラゾーン、H=きらりと光る小さなレイアウトゾーン
▲同じく諸星さんのレイアウトから。小さなスペースに思わずにんまりする楽しさが凝縮されている。'07.8.9
クリックするとポップアップします。

jam002nnn.jpg
▲会場案内図。(第8回「国際鉄道模型コンベンション」パンフレットより)
クリックするとポップアップします。

この第8回「国際鉄道模型コンベンション」は8月10日(金曜日)から12日(日曜日)まで東京ビッグサイト(東京国際展示場)西4ホールと屋上展示場を会場に開催(10:00?18:00、最終日は17:00まで)されています。入場料は3日間有効で大人1200円(税込・中学生以下無料)。ぜひご家族連れでお出でいただければと思います。

IMGP2770nn.jpg
▲レインボーブリッジを渡り国際展示場(ビッグサイト)へと向かう“ゆりかもめ”。この光景を目にすると今年もまたJAMの季節を実感する。いざ、JAMへ!'07.8.9

ashio13n.jpg
▲明け方から降り出した雨は、お目当ての重連793レが神土を発車する頃には結構な強さとなってきた。やむなく岩陰で雨を避けながら重連の通過を待つ。'70.8

関東圏でかろうじて1970(昭和45)年まで蒸気機関車が残されていた線区のひとつに足尾線があります。他所がD51やC58ばかりなのに対して、C12が、しかも重連運用を交えて活躍しているとあって、是非とも足を運んでみたい路線のひとつでした。

ashio12n.jpgところが、両毛線まで“東京近郊区間”の範疇となってしまった現在とは異なり、東京から足尾線への旅はそう容易いものではありませんでした。もっとも一般的なのは東武鉄道経由のアプローチでしょうが、私のように東京西部に居住する者にとっては東武鉄道伊勢崎線にとりつくまでが一苦労。「八ヶ岳高原号」で乗り換えなしで行ける小海線より遠い、というのが偽らざる感覚でした。
▲篠つく雨をついて足尾で入換えに励む高崎一区のC12。足尾本山までの区間運転も行われていた。'70.8
クリックするとポップアップします。

ashio15n.jpg
▲逆機で神土を発車、渡良瀬川に沿って小中へと下ってゆく792レ。'70.8

それだけに計画を立てては頓挫していたのですが、無煙化を二ヶ月後に控えた1970(昭和45)年8月、ようやく重い腰を上げて桐生へと向かいました。この時点でお目当ての重連、しかもチムニーファーストの下り重連の設定は一日2本のみ。さらにそのうちの1本は足尾着8:01(791レ)と、東京からではとても間に合う時刻ではありません。つまり実質上はワンチャンス(793レ)しかないわけです。

ashio14n.jpg793レは神土で次位補機(なぜか本務が先頭)を連結して足尾までの区間が重連となりますから、なにはともあれ神土へと向かいました。フランジの片減りが激しいと聞く足尾線だけに、渡良瀬川沿いの線路は右へ左へと激しくカーブ(R120!)を繰り返し、簡易線用のC12が生き残ってきた理由を実感しつつ神土駅へ。途中から降り始めた雨は次第に強さを増してきており、793レを迎え撃つべく草木方面に歩きはじめた頃にはすっかり本降りとなってしまいました。結局、足尾名物のリム300(土運車)の列を牽くお目当てのC12重連は、雨を避けながらの痛恨のカットとなってしまったのでした。
▲転車台設備のない足尾線では上り列車は常にバック運転となる。今やダム湖の底に沈んでしまった名所・渡良瀬川第一橋梁をゆく逆機重連の790レ。'70.8
クリックするとポップアップします。

ashio11n.jpgところでこの793レと神土で交換する上り重連貨物790レを有名な渡良瀬川第一橋梁で撮ろうと、雨で足元のおぼつかない斜面をよじ登りはじめた時のことです。なにしろ田中正造以来のはげ山ゆえ、足元が一気に崩れ、カメラ機材一式を抱えたまま派手に滑落してしまったのです。幸いにも切り株に掴まって数十メートル下の渡良瀬川に転落することは免れましたが、あれから37年、いまさら思えば、へたをすると今こうやってパソコンに向かっている自分自身がいなかったかも知れません。
▲単機で猛然と神土を発車するC12 263〔高一〕の797レ。ここから足尾本山まで険しい勾配と曲線が続く。'70.8
クリックするとポップアップします。

一向に雨も止む気配がなく、滑落でずぶ濡れになってしまったこともあってすっかり意気消沈。しかも場合によっては重連の可能性もありと聞いていた797レも単機…なんとも散々な一日ではありました。いったいどういう経路で何時頃に東京に戻ったのかもまったく記憶になく、かくして一度限りの足尾線C12重連との邂逅は幕を閉じたのでした。

ironsherpa1n.jpg
イギリスの鉄道趣味の底力を改めて思い知らされる一冊をご紹介いたしましょう。『The Iron Sherpa』と名づけられた本書は、ダージリン・ヒマラヤン・レールウェイ・ソサエティーの資料担当で、インディアン・スチーム・レールウェイ・ソサエティーの名誉会員でもあるテリー・マーチン(Terry Martin)さんが、その研究成果のすべてを注ぎ込んでダージリン・ヒマラヤン鉄道をまとめたA4版変形368ページにも及ぶ大冊です。

ironsherpa8n.jpgダージリン・ヒマラヤン鉄道は世界遺産にも登録され、いまやレールファンのみならず多くの観光客が訪れるインド屈指のシーニック・エリアとなっていますが、この地に鉄道建設が計画されたのは1878(明治11)年と実に129年も前に遡ります。当時の宗主国・イギリスがヒマラヤの山々に抱かれた避暑地へのアクセスとして敷設した2フィートゲージの軌道は、時にはループを、時にはスイッチバックを駆使して延長80キロあまりで標高差2000m以上を駆け登る壮絶な山岳鉄道です。
▲ダージリンというと“ブルー・エンジン”のイメージが強いが、エンジ色の時代のカラー写真も数多く掲載されている。(『The Iron Sherpa』vol.1より)
クリックするとポップアップします。

紛争地帯に隣接することから、戦後も長く外国人の立ち入りが制限されてきましたが、イギリス人だけはかつての宗主国とあって比較的自由に撮影・調査を行うことができたようです。それだけに彼らの蒐集してきた写真・資料は膨大なもので、今回のテリー・マーチンさんの著作もそれらを縦横無尽に活用したものとなっています。

ironsherpa3n.jpgironsherpa2n.jpg
▲最大の驚きはガラットの“走り”写真(左)が掲載されている点。ピーコック製のダージリン・ガラットはメーカー写真(右)など“停まり”はこれまでにも知られているものの、走行シーンは極めて珍しい。(『The Iron Sherpa』vol.1より)

まず何よりも仰天したのは“Dクラス”=ダージリン唯一のガラットの走行写真です。31号機“マウンテン・チーフ”と名づけられたこのガラットは1910(明治43)年ベヤー・ピーコック製。タスマニア・ガラットに次ぐピーコック製ガラットの2作目で、公式写真等はこれまでにも公開されているものの、走っている姿は印刷物としては見たことがありません。

ironsherpa4n.jpgironsherpa5n.jpg
▲車輌編は続刊とアナウンスされているものの、気になる写真が随所にちりばめられている。左は試験的に導入されながら実用にならなかったというディーゼル機関車。右はBクラス28号にアルミ製のケーシングを被せた“Streamliner”。(『The Iron Sherpa』vol.1より)

さらに後半では、100ページ近くにわたってこれまでほとんど紹介されることのなかった支線について詳述されているのも圧巻です。キシェンガンジ支線、ティスタ渓谷支線と呼ばれたダージリン・ヒマラヤン鉄道の支線はいずれも戦後すぐに廃止されており、これらの支線の詳細が詳らかにされたのはまさに画期的と言えましょう。

ironsherpa6n.jpgironsherpa7n.jpg
▲これまでほとんど紹介させることのなかったシリグリ?キシェンガンジ間の支線についても、構内配線を含めて詳しく触れられている。遺構の現況探索(右)はさながらトワイライトゾ?ン。(『The Iron Sherpa』vol.1より)
クリックするとポップアップします。

この大著『The Iron Sherpa』はよくよく表紙を見ると「第1巻・歴史編」とあり、恐ろしい(?)ことに「第2巻・車輌/施設編」が続刊される予定だそうです。まさに英国鉄道趣味の真骨頂といっても過言ではないでしょう。
なお、国内での購入は下記へ、また英国出版社から直接購入の場合は以下のウェッブからお申し込みください。
http://www.theironsherpa.com/
〒950‐0075 新潟市中央区沼垂東四丁目14番15号 銀座軽便倶楽部(工房)
小林吉成さん
電話:025-243-4556 E-mail:qgipk530@ybb.ne.jp
価格:23,000円(本代・海外送料込み、郵送希望の方は銀行振り込みまたは現金書留で)

numata8n1.jpg
昨年のボールドウィンに続いて協三工業製ディーゼル機関車の修復に取り組んでいる「よみがえれボールドウィン実行委員会」の木村さんから最近の活動報告が送られてきましたのでご紹介してみましょう。
▲ボンネットリッド、点検扉を外し、ワイヤーブラシとサンドペーパーで錆を落として下地を整える。昨年のボールドウィン以来のメンバーも多く、作業も手馴れたもの。'07.7.22 P:木村一博

numata8n7.jpg5月13日に行われた第1回の様子はすでにご紹介しましたが、ひき続いて6月17日(日曜日)に第2回、7月22日(日曜日)に第3回の修復作業が行われました。晴天に恵まれた6月17日は前回に続いて各部の錆落とし作業です。簡単に外せる扉類はすべて一旦取り外し、会員が各々磨きますが、電動工具の使い方もすっかり慣れてきたようで、みるみる綺麗になってゆきます。ただそれでも細かい部分は手作業のサンドペーパーがけ…根気のいる作業です。
▲昨年同様に群馬県立高崎産業技術専門校の塗装科の先生方の指導のもと、着々と作業が進む。'07.6.17 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

numata8n3.jpgnumata8n6.jpg
▲ボンネットリッドを外してエンジンをのぞく(左)。エアクリーナーは2個。左右に空気だめ、手前に燃料タンク。右は「日野ヂーセル工業」製DA57Sの銘板。'07.6.17 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

numata8n8.jpgnumata8n4.jpg
▲今回は高崎産業技術専門校木工科の先生の協力を得て窓枠の修復にも挑戦する予定(左)。右は砂箱に残っていた砂。木曽の砂なのだろうか…。'07.6.17 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

numata8n10.jpgnumata8n9.jpg
▲ビニールシートを敷いた室内に場所を移して錆止め塗装を施す。幸いにも鉄板の腐食は懸念されたほどではなくひと安心。'07.7.22 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

numata8n11.jpgかなり塗装が剥がれ痛んでいるよう見えましたが、意外にも外板の鉄板自体の痛みは少なくひと安心。それでも各部を止めているボルトはさび付いており、取り外しは容易くはありませんでした。しかも折れたボルトも多数あり、今後、ボルトの抜き取り、タップの立て直しが必要となってきます。この日一日でキャブ内を残して錆落としは概ね完了。最後は外した部材を一旦組み付け、この日の作業は終了となりました。
▲ボンネットリッドを外したあとの構体にも錆止め塗装を施す。'07.7.22 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

numata8n2.jpg
▲昨年修復されてピカピカになったボールドウィン(左)に見守られながら作業は続く。'07.7.22 P:木村一博

_mg_0091an.jpg7月22日に行われた修復3回目は曇り空。それでも高原の爽やかな風が気持ちいい日でした。この日は錆落としの続きと裏側部分の錆止め塗装が行われました。
また午前中には「鉄道友の会北関東支部」の皆さんが見学にみえ、午後には地元の方がお出でになって、先日見つかった昔の写真を見ながら、地図をひろげて森林軌道があった頃の話をして下さるなど、修復作業のみならずたいへん充実した一日となりました。
▲軌道跡を進むと素掘りのトンネルを発見。ここを軽機関車が潜っていたはず。'07.8.4 P:木村一博

ところで先週末、8月4日の土曜日には東京大学酒井教授を招いての初めての「研修会」が行われました。作業ばかりでなく、森林鉄道と地域の歴史への理解を深める目的で開催されたこの研修会、もちろん会場は林業技術研修所林業機械化センター。いつも修復作業を行っているこの建物本来の役割は研修なのです。

_mg_0101n.jpg昼食をはさんで酒井教授とともに根利地区の森林軌道跡を地元の方々の案内で探索することができました。この根利地区にあった沼田営林署利根森林軌道は、一時は軽機関車(特殊軽量機関車)が導入されたものの、比較的早く1963(昭和38)年には廃止されてしまっており、すでに廃止から44年もの歳月が経ってしまっていることになります。それだけにどれだけ“痕跡”が残っているものかと思いましたが、さすがに地元の皆さんのご案内だけあって、いくつかの木橋の残骸、コンクリート製の橋台、さらには素掘りのトンネルなどを発見することができました。
▲コンクリート製の橋台と軌道敷に沿った石積みも残っていた。この光景には感動した…と木村さん。'07.8.4 P:木村一博

なお、次回の第4回目修復作業日は、当初の予定が変更となり8月26日(日曜日)に変更となりました。一日だけの飛び入り参加でも結構ですので、夏休みの一日、森林浴を兼ねて根利の森にお出でになりませんか…。
(お問合せは、事務局・丸山会長宅 TEL.0278-20-1818 / FAX.0278-20-1819まで)

amarubeyakeiyama1.jpg
▲昨年夏大好評を博したライトアップ。一年ぶりのライトアップがこの歴史的橋梁を照らす最後のライトアップとなる…。'06.8.25 P:RM(山下修司)
クリックするとポップアップします。

夏休み入りとともにいよいよ本格的な架け替え工事が始まった山陰本線余部橋梁ですが、地元の香美町がこのお盆休みに最後のライトアップをしてくれることになりました。まずはその詳細をご紹介いたしましょう。

amarube01n1.jpg■“夜空にうかぶ 有終のきらめき”ライトアップ余部鉄橋
日時:8月17日(金)?18日(土)/夕暮れ(19:30頃)? 下り特急はまかぜ5号通過(21:40頃)まで
会場:香美町香住区 余部鉄橋
主催:明日の余部を創る会、香美町
協力:余部橋梁架替工事 清水建設・錢高組JV/船越トンネル工事 鹿島・大本・金下・但南JV
後援:余部連合自治会
ライトアップの方法:1kW水銀灯など約10基で、鉄橋を北側(海側)から照射。
(照明設備、発電設備等の設置、管理、撤去等は、両JVの全面協力を得る)
駐車場:余部橋梁架替工事仮設駐車場(余部生活改善センター横)のほか、余部小グランド等を臨時駐車場(計 約140台)とし、午後5時?10時まで運営。
その他:本事業に係る経費に充てるため、当日鉄橋下付近等に「協力金箱」を設置し、来場者に「ライトアップ実施協力金」として1口500円を募る。
なお、両日には市午自治会(8/17)と余部地区公民館(8/18)の盆踊り大会が近くで開催されるそうです。ライトアップの撮影のみならず、ご家族連れで盆踊り+撮影を楽しまれては如何でしょうか。
▲鎧方の斜面がすでに伐採され、山肌が見えている。'07.7.29 P:高橋一嘉
クリックするとポップアップします。

amarube03n1.jpg
▲国道脇、3月まで駐車場だった場所が工事区域としてフェンスで囲われている。'07.7.29 P:高橋一嘉

ところで渦中の余部橋梁の現状ですが、編集部の高橋君が先日プライベートに橋梁を訪れ、つぶさにその状況を見てきましたので、アニメーション画像を含めてご覧にいれましょう。まずは高橋君のレポートを…。

amarube04n1.jpg溢れんばかりのファンが三脚を構えた「想い出のあまるべ号」の運転、そして3月29日架け替え工事着工から4ヶ月、果たして余部鉄橋はどうなっているのか、7月29日、現地を訪ねてみました。
乗車した「あまるべロマン号」の展望室から見た餘部駅周辺は、特に工事を感じさせるものはないようです。餘部駅で下車。イベントもないためか、数名のファンとバスツアーでやってきたと思しき観光客が佇むだけのお立ち台に登って鉄橋を眺めると…鉄橋の鎧方の袂の木々が伐採されているのが見えます。どうやらあれが工事の現場のようです。
▲この時点では数台の重機が見えるだけだが、今月(8月)頃からクレーン車なども入るようだ。'07.7.29 P:高橋一嘉
クリックするとポップアップします。

駅から集落への階段を降りていくと、橋脚の根元に塗装工事が完了したばかりであることを示す標記があり、橋脚は非常にきれい。そのためか、自動車でやってきた観光客から「これが新しい橋かい?」と声を掛けられました…。

amarube05n1.jpgamarube06n1.jpg
▲工事区域の上を通過する「あまるべロマン2号」(左)。この後、こちら側(山側)の斜面の木々も伐採されたようだ。お立ち台から「はまかぜ」を見る(右)。木々が伐採されたトンネル付近に山肌が見える。'07.7.29 P:高橋一嘉
クリックするとポップアップします。

国道の鎧側、以前駐車場だった場所は工事現場として囲いで仕切られています。囲いには「山陰線鎧・餘部間余部橋りょう改築他工事」、工事期間は平成23年3月31日までと書かれています。 肝心の工事現場は長谷川に工事用の橋が掛けられ、数台の重機の姿も見えます。上を見上げると鉄橋海側の木々が下から上まで伐採されています。ちなみに長谷川河口に架かる弁天橋は渡ったところが通行止めになっていて、余部漁港方面への立ち入りは出来なくなっています。

amarube.gif
▲アニメーション「あまるべロマン1号」の展望室より。'07.7.29 P:高橋一嘉
以上が7月29日現在の状況ですが、その後インターネットで最新と思われる画像を見たところ、鎧方山側もすでに木々が伐採されたようです。香美町のホームページによると8月頃から大型クレーンを使用した工事が始まるということですので、最後のライトアップの頃にはさらに状況が変わっているかもしれません。

8.5n11.jpg
▲新宿御苑にほど近い新宿通り沿いのビル3階にギャラリー「円月」がある。“円月撮法”を標榜する日本旅行写真家協会中村友一副会長の主宰する新進気鋭のギャラリーだ。'07.8.5

さる2日から新宿の「ギャラリー円月」で広田尚敬さん広田 泉さん親子の写真展「二本のレールが語ること」が開催されています。どこかで耳にしたような…と思われる方も少なくないと思いますが、昨年夏に東京・品川のキヤノンギャラリーSで開催された同名写真展をベースにした親子展で、今春には北海道・旭川でも開催されていますから、いわば3回目の巡回展とも言えるでしょう。

8.5n12.jpg今回はお二人の作品に加えて、先日津軽鉄道応援プロジェクトの一環として上梓された写真集『のんびり走ろう Take it Slow』を協同制作した女性鉄道写真家の矢野直美さんと、コーディネーターの杉崎行恭さんの作品も加えて展示が再構成されており、また新たな感動をもって作品に接することができました。
▲女性鉄道写真家としてめきめきと頭角をあらわしてきている矢野直美さんを交えてのトークは終始和やかな雰囲気の笑いに包まれていた。'07.8.5
クリックするとポップアップします。

8.5n13.jpg
▲従来のギャラリーより明度を落とした壁面が落ち着いた雰囲気を醸し出している。近年、新宿通り沿いには新設のギャラリーが増えてきており、ちょっとしたギャラリー通りの印象さえある。'07.8.5

そして今日は15時から杉崎さんの司会により広田さん親子と矢野直美さんのトークショーが開催され、即席に誂えられた会場は立ち見もでるほどの熱気に包まれました。改めてご紹介すると、矢野直美さんは現在朝日新聞夕刊(木曜日)に「鉄子の鉄学」を連載するほか、数々の連載や著作を持つ新進気鋭の鉄道写真家です。北海道在住ながら全国を行脚しての鉄道撮影は驚くべきパワーで、今回の津軽鉄道応援プロジェクトではロシア製ブローニー版カメラを使った独特の作画を見せてくれています。

8.5n15.jpg三人三様のトークは時間の経つのを忘れるほどで、ことに広田 泉さんによる発売前の各社試作カメラのテスト撮影にまつわる秘話や、一貫して列車移動だという矢野さんの撮影譚は実に興味深いものでした。15時に始まったこのトークショー、なんと3時間近くにおよび、お開きになったところで広田さんからとっておきのプレゼント…なんとそのままワインパーティーの開催となったのでした。これには皆さん大喜び。プロ、アマのボーダーを超えて新宿の夜は更けていったのでした。
▲あくまで鉄道での移動を基本とする矢野さんならではの撮影秘話に会場は大盛り上がり。'07.8.5

8.5n16.jpg
▲トークショー終了後は即席のワインパーティーでプロ、アマのボーダーなく楽しいひとときを過ごし一同大満足の記念撮影。'07.8.5
クリックするとポップアップします。

さて、この写真展「二本のレールが語ること」は8月22日(水曜日)まで開催(10~19時・水曜日は13時まで)されています。ありがたいことに土日も開催されていますので、ぜひお運びになってみてください。また、来る9月22~23日(土・日)にはストーブ列車貸切運転による矢野直美さんと行く津軽鉄道ツアーが企画されているそうです。こちらも注目です。

惜別! ライン河軌道。

koblach101.jpg
先日、個人的に非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。なんとあのライン河上流工事事務所の軌道があっけなく廃止されてしまったというのです。
▲コルバッハ採石場で休む“サンティス”。この情景ももう二度とふたたび見ることができなくなってしまった。'05.9.26

一昨年、このブログで足かけ10回にわたって連載しましたので、ご記憶の方も多いと思いますが、利根川になぞらえて便宜的にライン河上流工事事務所と勝手に名づけた“Internationale Rheinregulierung”(直訳すると「国際河川改修」)の軌道は、スイスとオーストリアの国境を流れるライン河の河川改修工事とボーデン湖の調整を目的に敷設されたもので、百年以上にわたって走り続けてきた750㎜ゲージ軌道です。おそらく現存する河川改修用インダストリアル・ナローゲージとしては世界最大規模で、本ブログのタイトルにも毎日使っているように、そのロケーションも群を抜いて魅力的なものでした。

koblach103.jpg詳しい状況はわかりませんが、どうやら改修工事用の石材輸送列車は昨年いっぱいで運転をやめ、今年になってから軌道の撤去が開始されたようで、積み込み側の起点であったコルバッハ採石場周辺はすでにすっかり撤去が完了してしまっているとのことです。オーストリア側のルスティナウにある工事事務所に隣接した河川改修博物館は従来どおり開館しており、その啓蒙活動の一環として運転されているエクスカーション・トレインはこれからも運転されるとのことですから、博物館周辺の軌道は存置されるものと思われます。
▲コルバッハには煉瓦造りの駐泊庫もあり、シンプレックスのDLが終日入換えに励んでいた。この付近の線路もすでにすっかり剥がされてしまったという。'05.9.27

おびただしい輌数が在籍している木製ダンプカー、石材用平トロ、それにナベトロ類は希望者がいれば払い下げるそうですが、機関車に関しては特にアナウンスされていませんから、恐らく博物館で保管されるのでしょう。

koblach102.jpg
▲ライン河堤防上をゆく定期砕石列車。ルスティナウの博物館周辺の軌道はエクスカーション・トレイン用に残されるというが…。'05.9.26

それにしても、かくもあっさりあの軌道が終焉を迎えようとは…、本当に言葉がありません。一昨年、12年ぶりに訪れたライン河軌道はほとんど変わることなく、インダストリアル・ナローゲージ本来の魅力を思う存分に味わうことができました。「今度は12年ぶりと言わずにまた来よう」、そう思ってあの堤防を下りたのが、最後となってしまいました。

※一昨年のブログではほんのワンシーンしかお目にかけられなかった動画を、今日はたっぷりとご覧にいれようと思います。ありし日のライン河軌道を偲んでいただければ幸いです。
84dvdnn.jpg
▲上の画像をクリックすると動画がご覧になれます。音声付きですので、周囲の環境に配慮のうえご視聴ください。なお、Macでは再生できないことがあります。
〔動画〕
・ルスティナウ付近の東岸堤防上をゆく石材輸送列車
・スイス川西岸堤防上をゆく砕石輸送列車
・国境の併用橋をゆくナベトロ列車
・ボーデン湖の終端付近をゆく石材輸送列車
・同返空列車(非電化のためディーゼル運転)

kushiroressya1n.jpg
▲道東ならではの爽やかな空気のなかを春採湖に沿って太平洋石炭販売輸送の運炭列車が行く。連接構造の石炭車もここならではのもの。P:奥山道紀

この1月に「北海道の鉄道と連絡船を保存するシンポジウム」を開催するなど積極的な活動を繰り広げている釧路の皆さんから、ぜひブログで紹介してくださいと現在開催中の博物館展示のご案内をいただきました。

kushirochikadoutop.jpgこれまでにもたびたびご紹介しているように、釧路には唯一生き残った大規模海底炭礦「釧路コールマイン」があり、その運炭を担う太平洋石炭販売輸送線(もと釧路臨港鉄道)が健在です。なおかつ知床や阿寒・釧路湿原と道東の豊かな自然に囲まれた釧路市は、製紙工場や漁業・酪農と、釧路港を背景とした産業都市でもあります。しかもかつては周辺に釧路炭田として地域に多くの炭礦を擁し、石狩炭田の夕張市や美唄市と同様に、私鉄の宝庫でもありました。先日も保存車輌をご紹介した雄別鉄道や、鶴居村営軌道などももちろん釧路エリアに路線網を築いた鉄軌道です。
▲釧路駅5番線北側に残された雄別鉄道線ホームへの連絡地下道出口。P:奥山道紀
クリックするとポップアップします。

kushirochikadou1n.jpgkushirochikadou2n.jpg
▲使われなくなって40年近い歳月が流れるなか、連絡地下道の暗闇の中に残されていた案内看板も博物館入りしているという。P:奥山道紀
クリックするとポップアップします。

その釧路市ですが、昨年、周辺の阿寒町・音別町と合併し一年が経過しました。これを記念して現在「釧路市立博物館」で、「阿寒・音別・釧路の魅力再発見・化石と炭鉱資料を中心に」と題する特別展が開催されています。

kushirosiryou2n.jpgkushirosiryou1n.jpg
▲釧路市博物館で開催中の特別展の鉄道関連展示の数々。普段は非公開の収蔵品も少なくない。P:奥山道紀
クリックするとポップアップします。

展示品は地質資料や炭礦関連資料に加え、釧路市と阿寒町を結んだ雄別鉄道、音別町の尺別鉄道の資料なども数多く出品されています。また、つい最近まで釧路駅の地下道に残されていた雄別鉄道線の乗り換え案内なども初公開されているそうです。
春採湖畔の高台に建つ釧路市立博物館からは、今なお現役の、太平洋石炭販売輸送(釧路臨港鉄道)の石炭列車ものぞめます。会期は8月19日まで。夏休みに道東地方をご旅行の際には立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

miki004n.jpg
▲現有車輌は富士重工業製の18m級LE?DC「ミキ300」形3輌のみ。開業以来のLE?Carの置き換えとして増備され、3輌目のミキ300-105は2002年製とまだ5年しか経っていない。'03.6.30 三木 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

miki002n.jpgかねてより存廃が取り沙汰されていた第三セクター三木鉄道が、さる7月23日に近畿運輸局に廃止申請を提出し、ついに廃止されることになってしまいました。JR加古川線の厄神から三木までの6.6kmを結ぶ三木鉄道はもと国鉄三木線で、国鉄時代末期の1985(昭和60)年4月1日にお隣の北条鉄道(旧北条線)とともに第三セクターとしてのスタートをきっています。
▲最終増備車ミキ300-105の車体標記。検査標記も新車時のまま。'03.6.30 三木 P:岡田誠一

miki001n.jpg
▲その客室内。ちなみに形式の「300」は出力が295psであることからきている。また、番号は開業時のLE?Carミキ180形からの連番で、「105」は開業以来5輌目の車輌であることを示している。'03.6.30 三木 P:岡田誠一

しかもこの区間はもともと播州鉄道として開業し、1917(大正6)年1月に全通しており、今年でちょうど開通90周年を迎える歴史ある線区です。それだけにその記念すべき年に最終決断が下されたことは何とも皮肉で、かえすがえすも残念でなりません。

miki003n.jpgしかし、当初38万人あった利用者も昨年度では15万人程度まで落ちこみ、累積赤字は2億5000万円にのぼっているといいます。三木市内から神戸市内への旅客のほとんどが神戸電鉄粟生線に流れてしまっていることもあって、再生を断念せざるを得ない状況でもあったようです。
▲昔ながらの佇まいを残す終点・三木駅。神戸電鉄粟生線の三木駅へは美の川を渡れば目と鼻の先。'03.6.30 三木 P:岡田誠一
クリックするとポップアップします。

なお、改正鉄道事業法では廃止は事前届出より一年後とされているため、本来の廃止日は来年夏となりますが、実は同法では「関係地方公共団体及び利害関係人の意見を聴取(後略)」(第28条の2第2項)して「届出に係る廃止の日より前に当該廃止を行ったとしても、公衆の利便を阻害するおそれがないと認められるときはその旨を鉄道事業者に通知し、当該鉄道事業者は当該通知を受けたときは、あらかじめ国土交通大臣に届け出ることにより廃止の日を繰り上げることができる」(第28条第3?5項)としており、今回の場合も繰り上げ申請によって来年3月末日に廃止されることがほぼ確実となっています。

※本日早朝よりサーバ障害のため本ブログをはじめホビダス上のすべてのコンテンツが一時視聴不能となってしまいました。深くお詫び申し上げます。

IMG_7552n.jpg
▲エントランスの改札を入るとまず「しづかホール」と名づけられた展示室中央の「静号」が出迎えてくれる。改めてご紹介するまでもなく、幌内鉄道が1884(明治17)年に導入したポーター製モーガル機7106で、間もなく開館する鉄道博物館の「弁慶」(7101)とは兄弟にあたる。'07.7.12 P:富樫俊介
クリックするとポップアップします。

開館十周年を目前にして昨年春に休館に追いやられてしまった「小樽交通記念館」が、このたび「小樽市総合博物館」に生まれ変わってリニューアルオープンしました。展示資料や収蔵品はもとよりのこと、屋外展示されている歴史的鉄道車輌の行く末が案じられていただけに、まずは再開を喜びたいと思います。

IMG_7557n.jpgIMG_7558n.jpg
▲「しづかホール」奥の鉄道展示室には小樽交通記念館時代からの貴重なナンバープレートや銘板類が並んで来館者を迎えてくれる。'07.7.12 P:富樫俊介
クリックするとポップアップします。

IMG_7572n.jpgIMG_7571n.jpg
▲2階の「科学展示室」(左)と企画展室(右)。従来と異なり、自然、科学など鉄道以外の展示にも力が注がれているのが特徴。'07.7.12 P:富樫俊介
クリックするとポップアップします。

IMG_7563n.jpg7月14日のグランドオープンを前に行われた内覧会においでになった富樫俊介さんから最新画像が届きましたのでさっそくお目にかけましょう。この「小樽市総合博物館」、従来の市博物館、市青少年科学技術館と統合するかたちでのリニューアルだけに、懸念されたような激変はなく、基本的にこれまでの交通記念館に自然・科学関係の展示やプラネタリウムが“同居”したような構成となっています。もちろん屋外の保存車輌も変わりなく展示されています。
▲2階の回廊から見下ろした「しづかホール」。うしろに見える客車は一等客車「い1号」で、こちらは車内の見学も可能。'07.7.12 P:富樫俊介
クリックするとポップアップします。

otaru0051n.jpg
▲「鉄道・科学・歴史館」と名づけられた手宮地区の総合博物館フロアガイド。鉄道関連の展示は1階に集中している。(小樽市総合博物館パンフレットより)
クリックするとポップアップします。

IMG_7537n.jpg
▲北海道鉄道開通起点標付近から屋外展示場方面を見通す。再び走りはじめたアイアンホース号の右側には現金輸送車マニ30の姿も見える。'07.7.12 P:富樫俊介
クリックするとポップアップします。

さらに3フィート軌間の蒸気機関車として屋外展示場の中央駅?手宮駅間を運転している「アイアンホース号」も交通記念館時代と同様に運行されており、なにはともあれひと安心といったところでしょうか。この手宮地区の館のみならず、小樽運河に面した「運河館」と呼ばれる別館も設けられており、小樽にお出でになった際は、いまだに軌道跡が残る旧手宮線跡の散策とあわせて、一日ゆっくりと見学されてみては如何でしょうか。

otaru52n.jpg
▲鉄道のみならず、ルマン24時間レースで優勝したマツダ787B(レプリカ)なども展示されている。なお、姉妹館として歴史的建造物「旧小樽倉庫」を利用した「運河館」がある。
クリックするとポップアップします。

レイル・マガジン

2007年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.