鉄道ホビダス

2007年7月28日アーカイブ

15年前の「給食軌道」。

lainz401n.jpg
▲バッテリー庫から出庫する2号機(左)と6号機。2号機はその後廃車されたが6号機は現在でも主力として活躍しており、この庫の雰囲気も変わっていない。'92.2.15 P:後藤康之

先日ご紹介したオーストリア・ウィーンの老人ホームの「給食軌道」について、15年ほど前に訪問された後藤康之さんが写真を送ってくださいましたので、今日はその貴重な画像をご紹介してみたいと思います。

lainz201n.jpg「編集長敬白」毎日楽しく拝見しております。老人ホームの「給食軌道」ですがディーゼル機と旧型バッテリー機の写真がありましたのでお送りします。保存車は4号機ですが私が撮影したときには展示されていなかったと思います。現役だったのは同形の2号機でしたので改番したのかとも思いましたが若干改造部分が違うようなのでどこかに部品取りか何かで保管されていたのでしょうか? ディーゼル機は降雪時に使用するとのことでバッテリー機のデッキブラシ風排障器がなくスコップ、箒などが装備されていました。
▲機関車用のスノープラウだろうか、無造作に重ねられた除雪器の数々。'92.2.15 P:後藤康之

お送りいただいた写真を見ると、まだアルゲマイネ(AEG)製の2号機が現役で活躍しており、周囲の風景こそあまり変わらないものの、黄色い警戒色の6号機などと比べると、そのレンガ色の塗色とあいまって、現状とはずいぶんと印象が異なります。ちなみにこの2号機は、現在正門前に保存展示されている4号機(1925年製/製番169)の兄弟(製番170)で、2・3(製番172)・4号機が同年製の同形機のようです。なにゆえ現在も稼動中の1号機(1957年製/製番358)の方が若年なのかはわかりません。

lainz101n.jpg
▲厨房棟付近を単機回送中の2号機。1925(大正14)年AEG製の古典バッテリー機関車である。'92.2.15 P:後藤康之

ちなみに後藤さんはRMモデルズのニュールンベルク・トイメッセ・レポートでもお馴染みのPPLの石塚さんと同メッセにお出でになり、その後ドレスデン近郊のナロー蒸機を見てから、この「給食軌道」に立ち寄られたのだそうです。その時の様子をご紹介していただきましょう。

lainz_dl201n.jpgウィーンに向かい、以前入手したオーストリアの鉄道の本(Oesterreichs Eisenbahnen im Jubilaeumsjahr 1987 国鉄、私鉄、専用鉄道、怪しい線路を網羅しています)に出ていたこの軌道を訪ねました。当時は未だ現在のようにインターネットが発達しておらず、大部分のフェルトバーンはどこにあるのか現地までのアクセスもわからない中、ここはウィーン市内しかも市電で行けるのでここを選びました。現地で門番に怪しい東洋人が来たと思われたようですが「フェルトバーンの写真を撮りたい」と言うとすぐOKとなりました、と言う事はご同業がしょっちゅう来るのでしょうか。
▲スコップやら箒やらを背負ってディーゼル庫で待機しているのはイエンバッハ製の2号機。'92.2.15 P:後藤康之

lainzd1n.jpg運転状況は当時も同じで朝昼晩の上げ下げ都合6回で、はじめに売店で停車して食料を買い込んで食べながら運転しているのも同じでした。ただ同時に2車輌出庫して厨房のあるところから坂の上と下で別々に運転していたように記憶しています。実際に撮影したのは昼の2回のみです(2月ですと朝晩はまともに撮影はできません)。線路は位置も変わりありませんが、機関庫が2線向かって右がバッテリーロコ、中央がディーゼル機を格納しており、もうひとつの庫は今にも崩れそうな小屋があって保線用と思われる運材車のようなトロと予備のピギーバック?車が留置されていました。当時使用されていた機関車は現在も使用されている1、5、6号機のほか2号機(AEG 170 / 1925)とディーゼル機1(Jenbach 1430/1966)と2(Jenbach 1076/1952)でした。
▲こちらは同じくイエンバッハ製の1号機。背面の窓には自動車用の最高速度表示のステッカーが貼ってあるが何と100キロ! '92.2.15 P:後藤康之

lainz301n.jpg
▲冬枯れの構内を「給食列車」を牽いてかいがいしく働く2号機。さながらヒゲのようなブラシ式排障器がチャームポイント。車輌塗色も現在のものより落ち着いていて風景とよく馴染んでいる。'92.2.15 P:後藤康之

後藤康之さん、ありがとうございました。
ウィーンと日本の時差はサマータイムシーズンは7時間。私たちがお昼を食べ終わるころ、彼の地では朝食のデリバリーのため、今日も6号機があの庫を出るはずです。

レイル・マガジン

2007年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.