鉄道ホビダス

2007年7月15日アーカイブ

lainz1n.jpg
▲厨房棟(右)から「夕食列車」を引き出すシュトルプ製6号機。背後に聳える煉瓦造りの教会の時計台からは、毎時澄んだ鐘の音が響き渡る。'03.9.26
クリックするとポップアップします。

日本からの観光ツアーが必ず訪れるウィーン随一の観光名所シェーンブルン宮殿のちょうど裏手に、ヨーロッパ最大の特別養護老人ホーム=アルタ・ウント・プフレーゲハイム・デァ・シュタット・ウィーン(Alters-und Pflegeheim der Stadt Wien)があります。市電の電停にして3駅分にもおよぶ広大な敷地には、病院、教会、カフェ、そしてパビリオンと呼ばれる17もの病棟・居住棟が点在し、3500人あまりの入居者が暮らしているといいます。

lainz23n.jpglainz13n.jpg
そしてこの各棟に日々の食事を運んでいるのが、構内に敷き巡らされた500㎜ゲージの軌道です。さながら毛細血管のようにパビリオンを巡る軌道は実にその延長4.2kmにも達するそうで、オーストリア国内に残された現役インダストリアル・ナローゲージとしては屈指の規模です。
▲広大な敷地に点在する各棟には500mmの軌道が引き込まれており、一日3回「据え膳」「下げ膳」列車がやってくる(左)。構内の各所には「フェルトバーン運転中」(Feldbahnbetrieb)の標識が…(右)。'03.9.27/29

lainz11n.jpg
lainz10.jpg
▲かいがいしく各棟を回る「下げ膳」列車。スチル写真で見るとのんびりとした作業のように見えるが、実際はまるで“軽業”のような素早さ。'03.9.27

広い構内のほぼ中央に位置する厨房棟から14棟のパビリオンに2657人分の3食の食事をデリバリーするのがこの軌道の役目です。厨房で作られた食事は、さながら機内食のコンテナのような手押しのキャスター付きコンテナに入れられ、トロッコへと積まれてゆきます。ただ、場所が場所だけにすべてが同じメニューというわけではなく、各棟、さらには各人によって作り分けられており、それぞれのコンテナにはなにやらこと細かなタグが付けられています。これを列車に編成して、間違いなく、しかも食事が冷めないうちにデリバリーせねばならないのですから、想像とは裏腹にめまぐるしい忙しさです。

lainz21n.jpg通常は2輌のバッテリーロコがそれぞれ「据え膳」列車と「下げ膳」列車を担当。「据え膳」列車の方は、各棟に櫛の歯状に入った側線に給食コンテナが載ったトロッコを“突放”、待ち受けた職員が“上乗り”して手馴れた手つきでハンドブレーキを操作、あっという間に建物のなかへと吸い込まれてゆきます。どうやらこの作業性も考えて各側線は分岐器から建物側へ緩い下り勾配となっているようで、逆に急ぐ必要のない「下げ膳」列車は、こまめにポイントを返して空車を引き取りに側線へと入ってゆきます。
▲2657人の食事を一手に賄うのがこの厨房棟。軌道はこの巨大な厨房棟を貫いている。'03.9.26
*この同様のシーン(単機)は下記リンクで動画をご覧になれます。

lainz14n.jpg
▲快走するAEG製1号機。インダストリアル・ナローゲージとはいえ、この軌道ばかりはクリスマスも元日もなく365日働き続けている。'03.9.29

この「給食軌道」、1925(大正14)年に敷設されたと聞きますから、なんと80年以上にもわたって走り続けていることになります。しかも当然ながら365日、朝・昼・晩の3回、決して“運休”することなく走ってきたわけです。それにしても、実際に現地に行ってみるまでは、なんと非効率なデリバリー方法だろうと呆れていたのですが、実状はさにあらず。敷地の面積からしても、複雑に入り組んだ建物のレイアウトからしても、クルマではとてもあれだけ短時間に回りきることは不可能でしょう。それに侮るなかれ、この「給食列車」の速いこと速いこと…。構内道路にはバンプも設けられているため、レンタカーで追っかけることさえ困難です。
今日はわずか30秒ほどですが、本邦初公開、いや恐らくは世界初公開のこの軌道の動画でその活躍ぶりをご想像ください。

動画
30秒ほどの1シーンのみですが、下記リンクよりホビダスTV内の動画がご覧になれます。音声付きですので、クリックする前に周囲の環境にご配慮ください。なお、Macでは再生できない場合がございます。
■「給食軌道」動画

レイル・マガジン

2007年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.