鉄道ホビダス

ヘレンタールバーンとナスバルトバーン。(下) 動画付

holrental4n082n.jpg
ヘレンタールバーンを訪ねたのにはもうひとつ理由がありました。パャバッハからヘレンタール(地獄谷)をさらに遡ること30キロあまり、峡谷沿いの道の行き止まりにナスバルト(Nasswald=湿った森)と呼ばれる小さな村があり、そこにナスバルトバーン(Nasswaldbahn)と名付けられた600mmゲージの保存森林鉄道があると聞いたからです。今でこそホームページ(ナスバルトバーンHP)も開設されていますが、4年前の訪問時にはほとんど情報がなく、日本出発前に集められた情報は場所と運転日程度という状況でした。
▲蓄電池機関車No.32に牽かれて“湿った森”へと入ってゆく列車。600mm軌間の軌道はかなりワイルドで、動画でもわかるように上下左右に激しく揺れながら走る。'03.9.27

holrental3n080n.jpgほとんど対向車もないような渓谷沿いの田舎道を走っている時に、風景こそ違えど「王滝村」を思い出していました。マイナーとはいえ、一応オーストリアの保存鉄道リストにも出ているヘレンタールバーンが木曽赤沢とするならば、めざすナスバルトバーンは「りんてつ倶楽部」の皆さんがボランティアを務めている王滝村の保存森林鉄道といった感じでしょうか。二者の距離感からしてもちょうど同じようで、何か不思議な親近感を抱きながらステアリングを握っていました。
▲主力機のNo.32は"Wismut Type B360”というバッテリーロコ。DLではないため走行音は極めて静か。'03.9.27

holrental3n078n.jpgholrental3n079n.jpg
▲昼なお暗い“湿った森”を目指す600mmの軌道。オーストリアの森林鉄道には一般的な760mmゲージのほかにこの600mm、700mm、720mm、800mmなど多様なゲージが混在したが、いずれもメトリック(メーター法)なのが特徴。'03.9.27

果たして辿り着いたナスバルト村はペンションやバンガローが点在する自然休養村のようなところでしたが、村の中心部の案内板を見ても、いったいどこに軌道があるのかさっぱりわかりません。尋ね歩いてようやくわかったのは、さらに林道を奥に入っていった森の中に起点があるらしいこと。それにしても村の人でも知らない人がいるのには驚かされます。

holrental4n084n.jpg運転日は基本的に4~10月の土曜日のみと“営業”を考慮した保存鉄道では考えられない鷹揚さです。恐らくボランティアの皆さんが日曜日は教会へ行かねばならないから…とかそんな理由から無理のないスケジュールになっているのでしょうが、そうなると怖いのはその日に限ってお休みという状況です。動いていないどころか誰もいなかったらとびくびくしながら起点らしき所に辿り着くと、ありがたいことに何人かが機関車を取り囲んで談笑しているではないですか。
▲軌道延長は2キロほど。起点にはクラブハウスと木造4線の庫があるほかはほとんど施設らしきものはなく、動力車以外は周囲の側線に留置されている。'03.9.27

holrental3n076n.jpgholrental3n077n.jpg
▲不釣り合いに大きなスノープラウを持つDL27号機はデータによれば"Babelsberger Type Ns2f"(左)。ナベトロのなかにはわが国ではあまり見られない枕木方向にダンプするタイプのものも…(右)。'03.9.27

さっそく日本から来たナローゲージャーであることを自己紹介しますが、どうも英語は通じないようです。責任者らしき年配者が構内外れで作業をしていた高校生くらいの男の子を連れてきて、彼に話せと言います。こちらでも高校では英語の授業があるのでしょう。とにかく彼を通して来意を告げたのですが、皆さん驚いたの何の…。それはそうでしょう、逆に考えれば「王滝村」にオーストリア人がひとりで車を飛ばして林鉄を見に来たのと同じ状況なわけですから、びっくりするのもわけありません。とにかく居合わせた人たち全員が集まってきてしまいました。ここぞとばかりこちらもお土産に持参したRMライブラリー『魚梁瀬森林鉄道』を献上。日本のWaldbahn(森林鉄道)だと説明すると、矢継ぎ早に質問が飛び交いますが、例の高校生(?)の彼しか“通訳”がいないもので、申し訳ないながら何を言っているのかさっぱりです。

holrental4n085n.jpg
とにかく一往復列車を出すからまぁ乗りなさいというわけで乗車した際の動画が下記リンクです。どうやらこの日集まっていた皆さんは全員ボランティアとその家族らしく、純粋なお客は結局私一人だったようです。
▲ナスバルトバーンの皆さんに盛大に見送られて“湿った森”を抜け出すと、そこには別世界のように明るい風景が広がっていた。'03.9.27 ナスバルト村にて

動画
下記リンクよりホビダスTV内の動画がご覧になれます。音声付きですので、クリックする前に周囲の環境にご配慮ください。なお、Macでは再生できない場合がございます。
ナスバルトバーンのサンプル動画

レイル・マガジン

2007年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.