鉄道ホビダス

2007年3月23日アーカイブ

n700nn11.jpg
▲工場正門前に保存されている0系の向こうをゆっくりと移動してゆく完成したばかりのN700系先頭車。東海道新幹線の歴史を凝縮したようなひとこま。'07.3.22 日本車輌豊川工場 P:RM(高橋一嘉)

今夏から営業運転を開始する東海道・山陽新幹線N700系の量産車がいよいよ完成、メーカーである日本車輌および日立製作所からの搬出が開始され、3月22日、日本車輌製造豊川工場でその模様が報道公開されました。

n700nn12.jpg
▲トレーラーに牽引されて日本車輌工場構内を移動する。3ヶ月あまり後にはこの先頭車が乗客を乗せて東海道区間は時速270km/h、山陽区間は時速300km/hで疾走しているはず。'07.3.22 日本車輌豊川工場 P:RM(高橋一嘉)

n700nn17.jpgn700nn16.jpg
▲N700系のシンボルともいえる車体側面のロゴ(左)と、783形1を示す車体標記(右)。'07.3.22 日本車輌豊川工場 P:RM(高橋一嘉)

今回公開されたのはZ1編成の先頭車、783-1号。昨年12月8日のブログでも同車の製作途中の姿を紹介していますが、外観上は昨年試乗記でご紹介した試作車と大きな差異は見受けられないようです。この日は仮台車から門型クレーンで吊り上げ、トレーラーの車輪を履かせ、日本車輌の正門前まで移動する様子が公開されましたが、日本車輌の正門前では保存されている0系の先頭車22-2029号とも顔を合わるシーンも見られました。

n700nn14.jpg
n700nn13.jpgn700nn15.jpg
▲完成した車体は慎重にトレーラーに載せられて工場構内を移動してゆく。当日はテレビ・新聞など多数のマスコミも取材に訪れていた。'07.3.22 日本車輌豊川工場 P:RM(高橋一嘉)

N700系量産車は7月1日から上下合わせて8本の「のぞみ」から営業運転を開始する予定で、同時に東京6:00発の「のぞみ1号」に先行する、品川発6:00→新大阪8:19の「のぞみ99号」も新設される予定です。

レイル・マガジン

2007年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.