鉄道ホビダス

2007年1月26日アーカイブ

turuimura071n.jpg
今回の釧路訪問では三菱大夕張鉄道保存会の奥山道紀さんのアテンドで、釧路市周辺の保存車輌の数々を見て回ることができました。今日はそのなかから鶴居村に保存されている泰和車輌製の簡易軌道用車輌をご紹介してみましょう。
▲素晴らしい状態で保存されている鶴居村営軌道のディーゼル機関車と“自走客車”。屋根はないが、最近再塗装まで施されている。'07.1.21

turuimura073n.jpgかつて道路が未整備だった頃の北海道内には、国鉄駅と“開拓地”を結ぶ「簡易軌道」(戦前は「殖民軌道」)が数多く敷設されていました。釧路市周辺の根釧原野はまさにそのメッカで、根室本線や釧網本線、それに標津線の多くの駅から2フィート6インチ(762mm)ゲージの軌道が原野へと分け入っていたのです。最後まで運行を続けた浜中町営軌道(1972年5月廃止)も根室本線の茶内駅を起点とした軌道でした。戦後は動力も馬力から内燃動力へと近代化されてゆきましたが、なかには『トワイライトゾ?ン・マニュアル 5』で広田尚敬さんが「一馬力の殖民軌道」として18ページにわたるグラフでご紹介してくださっている風蓮線(厚床?上風蓮)のように、1960年代まで馬力で残された希有な例もありました。
▲泰和製8tディーゼル機関車のバックビュー。今にも動き出しそうな錯覚さえ抱かせる。'07.1.21

turuimura072n.jpg
そんな数ある簡易軌道の中にあって、新富士駅を起点に中雪裡(簡易軌道雪裡線)、新幌呂(簡易軌道幌呂線)を結ぶ「鶴居村営軌道」はその線路延長も長く(雪裡線29.0km/幌呂線19.3km)、車輌のバラエティーも実に魅力的な路線でした。
▲泰和製の“自走客車”。1964(昭和39)年製だから、廃線までわずか4年ほどしか使われなかったことになる。07.1.21

turuimura074n.jpg現在保存されているのは1968(昭和43)年の廃止時まで使用されていた泰和車輌製ディーゼル機関車(1960年製8t)と、「自走客車」と呼ばれる気動車(1964年製)の2輌で、鶴居村中心部にある商工館(もと郷土資料館)前にかなり良好な状態で保存されています。実は現地には3年ほど前にも一度訪れたことがあり、廃車になってから35年以上の歳月が経っているにも関わらず傷みも少ないことから、“おらが村の軌道”を顕彰しようとする人たちの静かな熱意を感じたものです。ところが、今回はなんとさらに塗装が全面的に塗り替えられており、新車(?)と見まごうばかりの状態の良さになっているではありませんか。
▲“自走客車”の逆サイド。このタイプは他線にも同形車が見られた。'07.1.21

turuimura041n.jpg
▲3年ほど前の状況。多少錆が出てはいるものの、保存状態は決して悪くない。'04.6.20 郷土資料館前

簡易軌道の保存車輌はこの鶴居村以外にも別海町、浜中町などでも見ることができ、いずれも訪ね歩いたことがありますが、私の見たところでは保存状態の良さではこの鶴居村が抜きんでています。ちなみに、遠軽町(旧丸瀬布町)「いこいの森」で保存されている運輸工業製ディーゼル機関車もここ鶴居村営軌道の出身です。

turuimura042n.jpg1885(明治18)年より入植が始まったという「鶴居村」ですが、1937(昭和12)年に現阿寒町から分離独立して鶴居村を名乗るようになります。名前の由来はもちろんタンチョウの生息繁殖地として知られているため。現在でも、餌付けされている観光ポイントはもとよりのことながら、村内各所でタンチョウの美しい姿を目にすることができます。簡易軌道健在なりし頃は、タンチョウと自走客車のツーショットも頻繁に見られたに違いありません。
▲同じく3年前の状況。泰和の機関車は一種独特の風貌をしている。郷土資料館前 '04.6.20

turuimura075n.jpg
▲その名に恥じることなく鶴居村のいたるところでタンチョウの姿を見ることができる。写真は餌付けをしている牧場で、ネイチャー系カメラマンにとっては“お立ち台”のひとつらしい。'07.1.21

20mankushiro1n.jpg
▲地理調査所発行1:200000地勢図「釧路」(昭和30年発行)に見る鶴居村営軌道。北西方向に伸びているのは雄別鉄道。
クリックするとポップアップします。

レイル・マガジン

2007年1月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.