鉄道ホビダス

発見! 安比奈線列車写真。

ahinamurakashisan1.jpg
11月1日の本欄でいままで一枚たりとも発表されたことのない「西武安比奈線」の列車写真をお持ちの方は…と呼びかけたところ、さっそくレスポンスを頂戴しました。季刊『国鉄時代』に「霧島越え」や室蘭本線のC51など、迫真のモノクロ作品をご発表いただいている村樫四郎さんからで、走行写真ではなく安比奈の構内で写したものですが…と控えめなコメント付きでお送りいただいたのは、南大塚への折り返しを待っている貨物列車の姿。トラ501の列の先頭には明らかにE61の姿が見えます。まさにこれこそ、わが国で公開された初めての安比奈線上の列車写真にほかなりません。
▲本邦初! 安比奈線上の列車写真。観音開きのトム501形の列の先頭に立つのはGE製のE61(もと国鉄ED11 1)。角度から見て安比奈事務所脇の側線(中線)で、列車は夕方の4002列車、機関車は南大塚寄りに連結されていることになる。かなたにはちょこっとルールタール製機関車の後ろ姿が見える。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

ahinamurakasisann11.jpg当時、村樫さんは所属していた慶応鉄研のお仲間と一緒に安比奈を目指したのだそうで、やはりお目当てはコッペルの“E”。ただ、時すでに遅く、3輌の“E”は十年ほど前に火を落としてしまい、行き交うダンプの砂塵を浴びて路傍に放置されていました。ご他聞にもれず村樫さんも主目的が“E”だけに、安比奈線の列車そのものはほとんど記憶がないそうで、お送りいただいた写真も、いわばついで(失礼…)に撮った一枚。しかしその一枚が、長年にわたって発見されなかった貴重な記録だったのです。
▲もと鉄道聯隊の“E”。すでにこの時点で廃車体となって道路脇に放置されていた。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

ahinamurakashisan4.jpgこのE61の牽く貨物列車の写真とともに、村樫さんは同時に写した何枚かの安比奈構内の写真を送ってくださいました。哀れな姿をさらす鉄聯の“E”の横をゆくのは加藤製とおぼしきディーゼル機関車に牽かれた600㎜軌間(鉄聯の資材を流用しているため2フィート=609㎜ではなく、メトリックの600㎜)の砂利列車の姿です。貨車ももと鉄道聯隊の軽貨車を改造したト1形やト50形です。なにゆえ安比奈にこのように旧鉄道聯隊の車輌が集結したのかはいまだに不明ですが、“E”が安比奈入りしたのが1947(昭和22)年、この頃、西武鉄道は千葉の鉄道聯隊にあった資材を大量に導入しています。余談ながら西武山口線もレール等の資材はこの際の鉄聯発生品を利用して建設されたと伝えられています。
▲“E”の向こうをディーゼルにとって代わられた600㎜ゲージの砂利運搬列車がゆく。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

ahinamurakashisan3.jpg
▲もと鉄道聯隊の軽貨車を改造した鋼製のト100形2輌を牽いて安比奈線への積み込みホッパーへと向かうDL。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

ahinamurakashisan5.jpg1970年代までこの安比奈の河原で無残な姿を晒していた3輌の“E”(E16、E18、E103)は、その後西武鉄道の手によって回収され、ユネスコ村に保存展示されるなどされましたが、それ以外の安比奈に関わる車輌はことごとくスクラップされてしまい、今となっては実物を目にすることはできません。ちなみに3輌の“E”のうちE103は丸瀬布いこいの森に譲渡され、さらに近年、生まれ故郷であるドイツの保存団体に引き取られて帰国を果たしています。現在はフランクフルト近郊で動態復元を目指してフルレストア中だそうで、あの安比奈の河原で朽ちるかに思われた蒸機が、遥かヨーロッパの地で再び煙を上げる日もそう遠くはないかもしれません。
▲ルールタール(Ruhrtaler=ドイツ)製内燃機関車の廃車体。ルールタール製の機関車は日本国内では極めて珍しく、ほかには早岐機関区の入換機が確認されている程度。ちなみに特徴的な楕円形の正面窓からのぞいているのは若かりし頃の村樫さんご本人。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

レイル・マガジン

2006年11月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.