鉄道ホビダス

衝撃! 安比奈はED14だった!

ed14a1.jpg
17日付け「発見! 安比奈線列車写真」で本邦初の安比奈線の列車写真としてご紹介した村樫四郎さんの写真ですが、迂闊にも私の誤認でさらにとんでもない事実が含まれていることが判明しました。まずは最初にご指摘いただいた寺田牧夫さんからのメールからご紹介してみたいと思います。
▲安比奈駅構内に停車中の“西武鉄道の”ED14 3。しっかりと社紋まで入れられているのがわかる。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

「本日付けブログで、もとED11 1のE61とされている電気機関車ですが、平たい屋根、運転席窓の大きさ、デッキから斜めに降りている手すりの形から、当時一時的に西武で使われていた近江鉄道に転属予定だったED14 3ではないでしょうか? そうなるとこれはもっと貴重な写真になりますね。ED14 3が西武線上を走っている写真を見たことがないですから。ED14 3は西武では初めてレンガ色(他の機関車は青塗装だった頃)で入線した機関車で、いつも保谷に留置されていて貨物に使われていたのを見たことがありません。1960-61年当時は保谷に住む小学生で、毎日のように保谷検車区、上石神井検車区、三鷹電車区まで見に行ってました。ED14 3の隣には国鉄色、ナンバーのままのED11 1が停車していましたので対照的で面白かったです。この辺の写真は『鉄道ファン』誌の1けたの号に載っていたのですが、捜索できませんでした。一度だけ両者が連結されて検車区の中を移動している姿を見ています。この時が所沢に回送した時なのかもしれません。しばらくすると今度はED14 3が消えて同じ場所に改装なったE61が、かつてED11 1が居た場所に真っ茶色に薄汚れたED10が現れて驚いたものです。ご参考になれば、幸いです。」

ed14a2.jpgご自身も運営するホームページ「轍楽之路」で「西武鉄道画像保管箱」を設置されているだけに、流石のご指摘です。ちなみに、本件に関しては私の編集者としてあるまじきミスでして、最初に村樫さんからお送りいただいた画像データには正確に「ED14」と記入されていたのです。西武時代のED14 3はRMライブラリー『国鉄輸入電機の系譜』(上)で上石神井に留置中の姿をご紹介していますが、寺田さんのおっしゃるように実際使用された記録は現在までに公表されておらず、ED14の筈がないのでED11(E61)に違いない…と検証もせずに勝手に決め付けてしまったのが発端でした。改めてお詫び申し上げます。お詫びがてら村樫さんにお電話したところ、構内の情景は写っていないが安比奈で撮ったED14自体なら別カットにあるとのお言葉。さっそくメール添付でお送りいただいたのが本日お見せする2枚です。いや、確かにED14 3、しかも西武の社紋まではっきり見えます。
▲上の写真と逆サイド。前照灯には仙山線時代のかなり深い庇が残されている。'61.11 安比奈 P:村樫四郎

同様のご指摘は『西武の赤い電機』の著者・後藤文男さんからも頂戴しています。屋根形状の違いなどのほか、撮影年月が1961(昭和36)年11月であることからも、「ED14 3は1961年に西武に入線していますが、E61(国鉄ED11 1)は1962年ですので…」ED14 3に違いないとご指摘いただきました。沖田祐作さん作成のデータベースによれば、ED14 3は戦時中の1943(昭和18)年10月1日に八王子から作並に転属、仙山線交流電化まで使われたのち1959(昭和34)年11月に休車、翌1960(昭和35)年3月31日付けで廃車処分(総裁達173号)となっています。その後1961(昭和36)年6月9日に大宮工場に入場、譲渡のための整備を受けて出場したのが7月5日、このあと西武鉄道が一時的に借り受け、翌年(1962年)5月30日より正式譲渡された近江鉄道が使用を開始しています。つまり大宮出場から近江で実動するまでの空白期間は約10ヶ月。まさかこの空白期にしっかりと社紋まで入れられたED14 3が安比奈線を走っていようとは…安比奈線初の列車写真は二重の意味で驚異的な記録だったことになります。
ご指摘をいただいた寺田さん、後藤さん、そしてなによりもこの超貴重な写真をご提供いただいた村樫さん、ほんとうにありがとうございました。

ed14fign.jpg
▲1963年版国鉄工作局形式図に見るED14。ちなみに3号機は1925(大正14)年4月GE+アルコ製(製番9663)で、国鉄(鉄道省)では当初1060形として就役した。
クリックするとポップアップします。

レイル・マガジン

2006年11月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.