趣味の総合サイト ホビダス
 
 

レイル・マガジン編集長自らが作る編集日記。

2006年9月28日

阪神1000系誕生!

hanshin1000a.jpg
阪神電気鉄道の近畿日本鉄道相互直通運転用新型車輌「1000系」が完成、このたびメーカーの近畿車輌構内で取材することができましたので、今日はさっそくこの1000系車輌をご紹介してみようと思います。
▲MC(1501)を先頭とした増結用2輌編成。パンタグラフはシングルアーム式を搭載しているが、従来の下枠交差式も搭載可能な車体構造とされている。'06.9.16 近畿車輌 P:RM(新井 正)

hanshin1000g.jpg阪神は2009(平成21)年春に、西大阪線西九条と近鉄難波間3.4km(営業キロ3.8km)を結ぶ「西大阪延伸線」を開業する予定です。この西大阪延伸線は西大阪高速鉄道株式会社を第三種鉄道事業者(建設主体)、阪神電気鉄道を第二種鉄道事業者(運営主体)として開業するもので、これによって最長で阪神三宮?近鉄奈良間65.2kmの相互直通運転が実施されることとなります。
▲正面乗務員室部は鋼製ながらベースはステンレス近似色に塗装されている。'06.9.16 近畿車輌 P:RM(新井 正)

1000系はこの相互直通運転開始をふまえ、なおかつ昨年開業100周年を迎えた同社が、次の新しい100年へのスタートという節目に最初に開発する車輌という意味から、従来9300系(2001?2002年)まで重ねてきた車系番号をリセットして「1」から再スタート、あえて「1000系」と命名されています。

hanshin1000b.jpg
新造輌数は10輌。在来の急行系車輌と同じ6輌編成(TC1+M1+M2+T+M3+TC2)を基本編成とし、ラッシュ時に対応した増結用の2輌編成2本(TC+MC)が用意され、最大10輌編成が組成できるようになります。基本の6輌編成のMT比が従来(8000?9300系)の4M2Tから3M3Tに変更されている点も注目されます。
▲床面高さ1130㎜と5500系以降採用されている低床でホームとの段差を縮小した客室内。各車に車いすスペースが設けられている。'06.9.16 近畿車輌 P:RM(新井 正)

hanshin1000c.jpghanshin1000d.jpg
▲モニタ装置が設けられた運転台(左)。阪神線区と近鉄線区の運転保安装置等を一括して切り替えられる線区切り替えスイッチ(右)。'06.9.16 近畿車輌 P:RM(新井 正)
hanshin1000e.jpghanshin1000f.jpg
▲客室蛍光灯はグローブレスタイプが採用されている(左)。側出入口鴨居部に設置された扉開閉予告灯(右)。'06.9.16 近畿車輌 P:RM(新井 正)

溶接跡をなるべく目立たないようにスポット溶接ではなく仕上がりの美しいレーザー溶接を採用したステンレス構体は、現在の急行系車輌のベーシックカラーを引き継いだ「オレンジ系の新色」を車体前面(鋼製)と側面に配しています。また車体正面にはフルカラーLED式の種別表示器、白色LED式行先表示器を、車体側面には行先・種別一体型の表示器を採用し、こちらも種別表示部分はフルカラー LED、行先表示部分は白色LEDとすることによって視認性を向上させています。客室内も車いすスペースを全車輌に設置し、扉開閉予告灯・予告ブザーを新規に設置するなどホスピタリティーの向上が図られています。
注目のこの1000系、10月上旬には尼崎車庫に搬入され、試運転や乗務員訓練ののち今年度中には営業運転に投入される予定だそうです。

hanshin1000fign.jpg
クリックするとポップアップします。(阪神電気鉄道提供)