鉄道ホビダス

2006年7月27日アーカイブ

5goose21.jpg
■続・5番グースのこと
7輌のギャロッピンググース・ファミリーの中でも“フラッグシップ”と称される5番グースは、1933(昭和8)年6月8日にビッグ・グース3兄弟(No.3、4、5)の末っ子としてリッジウェー工場で誕生しました。長兄の3番4番はピアース・アロー1926年式“タイプ33”リムジンをベースとしているのに対して、5番だけは1928年式“タイプ36”を母体としており細部に若干の違いが見られたようです。
▲サンタクロースのような立派なひげがシンボルのモーターマン・ブラウンさんが運転する5番グースがダッシュする。開けっぱなしになった折り戸もラフっぽくてかっこいい! '00.8.28 Rockwood

5goose23.jpg
3番4番が比較的早い時期に“ヘッドランプ・フェンダー”と呼ばれる特徴的なフェンダーの撤去が行われてしまったのに対して、5番だけは1940年代まで優雅なホイールアーチを描く原形の“ヘッドランプ・フェンダー”を保っており、それもあってフラッグシップと称されているのかもしれません。
▲渓流沿いのカスケード・キャニオンで折り返し時間を待つ5番グース。川風と鳥の声だけが響くこの地点はクルマで進入することは出来ず、このグースのエクスカーションで訪れるしかない。'00.8.29 Cascade Canyon

5goose22n.jpg戦後の1946(昭和21)年、ビッグ・グース3兄弟は揃ってリニューアル改造を受けます。エンジンをGMCトラック用に換装するとともに、従来のピアース・アロー製“リムジンボディ”をウェーン・バスのいわゆる“バスボディ”に載せ替え、乗客定員も10人から12人に増加、私たちが“ギャッロピンググース”というと真っ先に思い浮かべるスタイルとなったのです。全長13mほどの銀色に輝く“バスボディ”のグース3兄弟はその後しばらく郵便・小荷物と区間客輸送に活躍しましたが、USメールが道路輸送に転換したことにともなって失職、1950(昭和25)年にエクスカーション・サービス用として再び改造を受けます。
▲“レールフェスタ”で3輌並んで発車を待つグースたち。先頭から5番、1番(レプリカ)、2番。'00.8.28 Rockwood

5goose25.jpg従来、乗客スペースは前半エンジン部分、ラッゲージ・スペースは後半パネルバン部分と分けられていましたが、この改造で窓さえなかった後ろ半分に横長の連続窓が設けられ、後妻面にも乗降用のドアが設けられました。しかも客室と化したこの荷室部分にはクロスシートが設けられ、キャブ側車端部にはなんとスナックカウンターが設置されたのです。奇跡の復活を果たしたドロゥレスの5番グースにももちろんこのスナックカウンターは再現されており、最近のデュランゴ&シルバートン鉄道での出張運転の際などは、コーラやチョコバーといったスナック類のほか、ギャロッピンググース・ヒストリカル・ソサエティ(GGHS)特製のTシャツやらマグカップやらの販売も行っています。
▲グースは子どもたちにも人気者。「なにこれ」「へんなの~」感想はさまざまなれど、親しみを持って接してくれている。'00.8.28 Rockwood

5goose24.jpg
エクスカーション・サービス用となった1950年代のグースは、6月1日から10月1日の間の毎週土日、1輌は9時にリッジウェーを出てリザード・ヘッドまで、もう1輌はドロゥレス~デュランゴ間(のちにドロゥレス~リザード・ヘッド間)で観光客輸送にあたり、1シーズンで2000人あまりのお客さんを運んだと伝えられています。“ギャロッピンググース”の語源ともなったあの車体側面のガチョウのヘラルドも、この時に描かれたものです。
▲涼風に頬を撫でられながらアニマス渓谷を5番グースで遡る。車内は乗客7人ほど。スナックカウンターで買ったコーラを片手に、とびっきりのヘリテージトリップ。'00.8.28 Cascade Canyon(Rockwood-Tacoma)

レイル・マガジン

2006年7月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.