鉄道ホビダス

2006年7月26日アーカイブ

2006matuya1.jpg
今日から夏休みの恒例イベントとなった松屋銀座の「鉄道模型ショウ」が始まりました。毎年このショウ初日は“梅雨明け十日”の真っ只中で、銀座通りには容赦ない夏の太陽が照りつけているのですが、今年はまだ梅雨明け前…。例年の暑さはないと8階催し物場に上がって仰天しました。会場内は例年にも増して熱気が渦巻いているではないですか。
▲夏休みとあって会場内はちびっこファンでいっぱい。これだけの規模でのNゲージ運転を銀座のど真ん中で見られるのもこのショウの大きな魅力。

2006matuya2.jpg2006matuya3.jpg
エントランス横の特価品コーナーは入場制限にも関わらず長蛇の列。会場内の体験運転コーナーも午前中にして一時間待ちといった状況で、各メーカーのブースにも新製品情報を求めたモデラーが押すな押すなと詰めかけています。今年で28回目となる日本Nゲージ鉄道模型工業会主催のこの「鉄道模型ショウ」、実は会場である松屋銀座さんにとっても年間を通して屈指のイベントだそうで、一緒にやってきたお母さん方による“経済波及効果”も尋常ではないそうです。
▲初日とあって会場内外は立錐の余地もないほどの混雑ぶり。入口の物販コーナーもひと、ひと、ひと…。

2006matuya4.jpgところで今回のショウではRMモデルズとホビダス編集部がお手伝いしている“実演”イベントが繰り広げられています。グリーンマックスさんとのコラボレーションでホビダス一周年記念としてリリースした103系森ノ宮区大阪環状線8連バージョンを、ホビダス趣味探検隊の「ホビダス・さいとー」こと斉藤綾子さんが組立実演をしようという画期的(?)な企画。師匠役はRMM編集部の瀧口君が務めます。今日は15時から第一回の実演が行われましたが、たいへん多くのギャラリーの皆さんにお集まりいただき、大成功を収めました。残念ながら毎日というわけにはゆかず、会期中あとは29日(土曜日)の15時、17時、19時の3回のみとなりますが、ご来場の際はぜひお立ち寄りください。
▲学校に見立てた「Nゲージ教室」も大盛況。

2006matuya5.jpg2006matuya6.jpg
▲GMブースで繰り広げられるホビダス一周年記念103系製作実演。実はまだ開場には時間があるが、さいとーにちょっと顔を出してもらってパチリ。

弊社ブログサーバのトラブルにより、当ブログの更新アップに不具合が生じています。現在修復中ですが、いましばらく更新アップが遅延したりアップできなかったりする場合がございます。ご迷惑をお掛けしますが事情ご賢察のうえご容赦くださいますようお願い申し上げます。

レイル・マガジン

2006年7月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.