鉄道ホビダス

2006年4月 3日アーカイブ

4月4日
shirakaba3.jpg
前夜もまたまた「大雪5号」です。北見を6分延発した518レの8号車スハフ44 15で仮眠をとること約6時間、4時12分到着の深川下車、待合室で深名線の始発を待つことにします。

興浜南線やら深名線やら撮影効率の悪い超ローカル線ばかり回っているように思われるでしょうが、本線筋はひとわたり撮ったこともあってか、実は今回の渡道では、なかなか行く機会のない支線を重点的に回ろうとひそかに決めていたのです。

▲文字とおり白樺に囲まれた原野を行く8993レ。数年前まで冬季間はDCに代わって9600牽引の客車列車が活躍していた。'74.4.4 白樺?蕗ノ台

shirakaba1.jpg6時37分、留萌本線始発の一時間近くあとに深名線始発の921D朱鞠内行が発車します。車輌はキハ11の北海道バージョンであるキハ12 2。深名線は全線121.8kmとローカル線としては長大で、しかも豪雪・極寒地帯として知られる厳しい環境ゆえに、冬期の全面運休を極力抑える必要から、全列車が朱鞠内での乗り継ぎとなっていました。
shirakaba2.jpgこの921Dも8時50分に朱鞠内着、9時25分発の943Dに接続するダイヤです。朱鞠内の乗り継ぎ時間に朝食を調達しようと試みましたが、朝早いこともあってか、結局食パン(120円)しか入手できず、やむなくただの食パンをかじりながら943Dのキハ22 31で今日の目的地・白樺へと向かいます。
▲59691〔深〕の牽く8990レが淡々と第二雨竜隧道への勾配を目指す。'74.4.4 白樺?蕗ノ台

白樺駅9時49分着。深川起点93.550kmのこの白樺は、区分上は一応“駅”ですが、実態はほとんど乗降場に等しく、ただ小さなホームと駅名標があるだけです。しかも面白いことに、厳冬期は通過扱いとなってしまう奇妙な駅でした。もちろん周囲には人家らしきものは見当たらず、周囲には朱鞠内湖の凍てつく湖面が広がるばかりです。

shirakabastn1.jpgshirakabastn2.jpg
深名線にも深川区の9600が牽く不定期貨物が1往復設定されており、4月の運転日は2、4、6日?の偶数日。奇数日運転の増毛への貨物とちょうど交互の設定となっています。上り貨物8990レの通過までまだ2時間以上。先の宗谷本線糠南乗降場ではないですが、この手の待合室さえない駅は居場所もなく、気象条件によっては“遭難”さえしかねません。幸い風もなく、ひたすら冷えているものの雪も落ちてきませんから、贅沢は言わずにひたすら8990レを待つことにします。
▲雪に埋もれた白樺駅ホーム。掘り出された駅名標でようやくここが駅だとわかる。ただ、通路はなく、線路を歩かないとどこにも行けない。'74.4.4

C5550a.jpg
隣の蕗ノ台近くの第二雨竜隧道に向かって22‰の勾配があるものの、8990レは期待はずれの無煙状態で目前を通過、さらに2時間半あまりもじっと耐えて待ち続けた戻りの8993レもスカスカ状態で何の見場もなく、これにて深名線の撮影は終了。今朝乗ったのと同じキハ22 31の947Dで名寄へと抜けることにします。
▲士別で停車中の323レのC55 50〔旭〕。ここで対向の346Dと交換、さらには305D急行「宗谷」の退避と20分近く停車する。C55はこのまま名寄でマルヨ、翌早朝の322レで戻ってくる行路だ。'74.4.4 士別

shibetu2.jpg
何とも達成感のない日で、ちょっと疲れぎみです。名寄駅待合室で香ばしい匂いをたてて売られていたとうきび(90円)を買って気分転換を図ります。このまま一日を終わるのも悔しいので、次の312D急行「なよろ2号」で士別まで行き、C55の牽く323レを狙うことにします。狙う…といっても323レの士別着は19時過ぎ。交換待ちで20分ほど停車するのを夜間撮影しようというのです。
▲夜の闇を震わせてC55 50の牽く323レが発車してゆく。再び静寂が戻った頃、多寄方から遠い汽笛が響いてきた。'74.4.4 士別

やってきたC55は、当然ながら唯一稼働状態にある50号機でした。バルブで発車までの何枚かを撮影し、駅前でまたしてもラーメン(180円)とライス(80円)を食べて、21時50分発314D急行「礼文」で旭川へ。例のごとく旭川駅待合室で仮眠をとって上り「利尻」か「大雪5号」で札幌へ向かう予定です。明日は泣いても笑っても道内にいられる最後の一日です。

レイル・マガジン

2006年4月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.