鉄道ホビダス

盛況だった「ベストオブレイルコンテスト」。

20141201142029-f17259b64fccda0eabee1e0aed6e64896eafd4d5.jpg
▲広田尚敬さんと広田 泉さんによる講演「鉄道写真の昨日、今日、明日」。親子共演はたいへん珍しく、しかも広田さんの模型談議は本邦初? 泉さんが手にしているのは1951(昭和26)年版のTMSスタイルブック。'14.11.29 P:植松一郎
クリックするとポップアップします。

先週もご案内した「ベストオブレイルコンテスト」がこの週末ホビーセンターカトー東京店で開催され、多くの来場者の皆さんで賑わいました。

20141201142049-4814afdabf352a30c702a2f33174d923cedcce38.jpg
▲2階ではコンテスト上位入賞作品が見やすいディスプレーで展示された。写真は企業クラブコンテスト最優秀賞に輝いたポポンデッタクラフトの作品。'14.11.29 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

夏に開催された全国高等学校鉄道模型コンテストの優秀作品を間近にもう一度見てもらおうと企画されたこの「ベストオブレイルコンテスト」ですが、模型の枠を超えて鉄道趣味を語れる場、学べる場にしようとさまざまな講演やフォーラムディスカッションが行われたのが特筆されます。それでは、二日間のプログラムの中から、私が拝聴できたいくつかをご紹介いたしましょう。

20141201142108-eefc6dbee5aa1c94c046e2c8277fb79b4fe61fdd.jpg
▲フォーラムディスカッションはタイトルにもなっている「01逢いたや」の著者・齋藤 晃さんによる講演で幕を開けた。'14.11.29 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

29日(土曜日)の15時からは「01逢いたや」と題してフォーラムディスカッションが行われました。フォーラムディスカッションとはひとつのテーマを複数の演者が独自の視点で公開討議を行うもので、今回のテーマはドイツの名機01形。1970年代から01に惚れ込んで現地へ足を運ばれた皆さんをはじめ、6名の方々かその思いのたけを披露されました。

20141201143132-1b7a4f008fb55c2ebe331513b1ec0d85de6a6029.jpg
▲フォーラムディスカッションに登壇された皆さん。右から齋藤 晃さん、長谷川進吾さん、井門義博さん、山下修司さん、杉江 弘さん、関 良太郎さん。'14.11.29 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

20141201142131-e61d5d0ad7769708842181f723b8d37e35a7ba61.jpg20141201142152-85fb11f7340cbd7f8b000e5d4ddcd69886a4d52e.jpg
▲長谷川進吾さんはコンピュータナンバー導入以前の本物のナンバープレートをご披露された(左)。しかも数字は「01234」。井門義博さんはまだ東独時代の01との出会いを貴重な動画で解説(右)。'14.11.29 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

続いて行われたのが広田尚敬さん、広田 泉さんによる講演「鉄道写真の昨日、今日、明日」。広田さん親子による"共演"は非常に珍しく、多くの鉄道写真ファンが詰めかけました。そして何よりも興味深かったのが鉄道写真の神様=広田尚敬さんの原点が鉄道模型であったというお話。魚籃坂のカツミ模型店に入り浸っていた広田少年は、自作の電車を作るために田町駅へ。側面は鯨尺(!)を当てて窓寸法を測ったものの、正面は計測できず、そこで考えたのがお父様から借りたベビーパールで写真を撮って寸法を割り出すこと。なんとそれが広田さんの鉄道写真の"原点"だったのです。当日はボロボロになってしまったために自作のイラスト表紙を付けて持ち歩いていたという1947(昭和22)年版TMS『スタイルブック』もご持参されて来場者に回覧。これには皆さん感激なさっていたようです。

20141201142215-bfc9174403fa020737841cebed461adcc2a2b3de.jpg
▲広田さんの講演は17時からで秋の陽は落ちて辺りは宵闇に。ブラインドを開けたままにして、新宿副都心を見渡すレセプションルームは落ち着いた雰囲気に包まれていた。'14.11.29 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

20141201143248-bb10f7c68f8b11722640f0a26954a04db391b11f.jpg20141201142256-08ce9f197f7c3fcecaa94fe310f9714f538a3d95.jpg
▲MC役は私が務めさせていただいた(左)。広田さんが手にしているのはご自身の鉄道趣味との出会いでもあった1947(昭和22)年版TMSスタイルブック(右)。表紙はすっかり破れてしまい、自ら描いたイラストの表紙を付けたという逸品。'14.11.29 P:伊藤真悟/植松一郎
クリックするとポップアップします。

翌30日(日)、私がMC役を務めさせていただいた東武博物館の花上嘉成名誉館長の講演もたいへんな反響を呼びました。8111号編成動態復活までの秘話や、先ごろ復元展示された伊香保電車にまつわる苦労話はまさにMCの私まで引き込まれてしまう面白さでした。残念ながらここでは書けないような超のつく裏話も次々と飛び出し、これは会場にお出でになった方ならではの"特典"となりました。

20141201142325-9baf718fe33ca52dd5c2044e69a092d63b0d0159.jpg
▲東武博物館名誉館長の花上嘉成さんの講演は東武博物館収蔵車輌のレストアから、直近の81107編成ツートンカラー化まで、リアルなトークショーでなければ聞けないお話に会場大盛り上がり。'14.11.30 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

日本旅行鉄道プロジェクトマネージャーの瀬端浩之さんは「汽車旅のトレンドとその楽しみ方」を講演。JRの貸切列車の実際などは、具体的な金額も詳らかになってこれまた聞き入ってしまうものでした。そしてもうひとつは小田急電鉄沿線事業部の濱崎勝明さんによる小田急ロマンスカーNSE3100のお話。KATOから同形が模型化されたのを受けての講演ですが、濱崎さんご本人が長年にわたってNSE3100のマスコンハンドルを握っており、いわば"愛車"を語るだけにその熱の入りようはお見事でした。

20141201142348-d0b9bcf90fa43b3597f87d1f3c2916b7e6237abf.jpg20141201142408-c1f95ebf92b186f301f1b82827eea821af7d3a3e.jpg
▲日本旅行鉄道プロジェクトの瀬端浩之さんは鉄道旅行のプロならではのお話を披露してくださった(左)。右は小田急電鉄の濱崎勝明さんによるNSE3100形の解説(右)。ご自身もハンドルを握っていただけに、迫真のお話の連続。'14.11.30 P:伊藤真悟/名取紀之
クリックするとポップアップします。

そして何よりも感動的だったのが全国高等学校鉄道模型コンテスト上位入賞校によるプレゼンテーションです。各校パワーポイントを使って、いかにわかり易く、見易く"人に伝えるか"を考え抜いたプレゼンで、単にコンテスト会場に模型をエントリーするだけでなく、こうして不特定多数の皆さんにプレゼンテーションする機会があってこそ「全国高等学校鉄道模型コンテスト」が真の意味で完結するとあらためて実感いたしました。

20141201142429-92cb495893223f4fad6837e36772d77f55185e4e.jpg
▲全国高等学校鉄道模型コンテスト上位入賞校のプレゼンテーションはどこもパワーポイントを駆使した見事な発表だった。写真は優秀賞を受賞した共立女子高等学校のプレゼンで、モチーフとなった棚田の「巡検」を行った際の報告。'14.11.30 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

20141201142448-f9ef6f859dca5e84c8371d9d68a346e6fa9cde19.jpg20141201142516-297d24a9ec7c5957b89489b683b24332f0fbf24f.jpg
▲一生懸命さが伝わってきた白梅学園清修中高一貫部のプレゼン(左)。作品は来場者が選ぶベストワン賞に輝いた。右は期末試験の合間を縫って一人「のぞみ100号」で駆けつけたという兵庫県の滝川中学・高等学校の発表。交通科学博物館をモチーフとした作品はフジサンケイビジネスアイ賞を受賞している。ちなみに試験勉強のため午後までおられずすぐに新幹線で帰らねばならないと残念そうだった。'14.11.30 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

実行委員長の水沼信之さんによれば、今回の「ベストオブレイルコンテスト」はあくまで来年以降のさらなる発展を見据えてのトライとのこと。果たしてこの「鉄道趣味を語れる場、学べる場」がどう発展してゆくのか期待されます。

20141201143539-e09acf3c98cbdd8d706f9ced80699cd61d324e40.jpg
▲最後は講演を終えて控室に戻られた東武博物館の花上名誉館長。手前のED11は壊れてしまってはいるがご自身の"原点"ともなっている模型。昭和世代の皆さんはどなたも模型に親しまれた経験をお持ち。'14.11.30 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

20141118165502-4d60cbedfb9ab49c629bd990219ae9f127824f0b.jpg

kokutetsu39_AD_520.jpg

kikansyahyoubn01.jpg

レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.