鉄道ホビダス
  • TOP
  • 編集長敬白
  • RMライブラリー今年最後の新刊は『米子を走った電車』。

RMライブラリー今年最後の新刊は『米子を走った電車』。

20161221141920-d3c3604079f4b92d35d2a0ddcceea808381388a7.jpg
▲小さな木造電車が並ぶ、春の日ノ丸自動車法勝寺電車部米子市駅構内。'65.3.28 P:宮田寛之
クリックするとポップアップします。

2016年の掉尾を飾るRMライブラリーは、お馴染み白土貞夫さんによる『米子を走った電車-日ノ丸自動車法勝寺電車部・米子電車軌道-』をお届けします。

20161221141941-088d1a20ce8e85503231170475bd8cc86e607f6a.jpg現在ではJR線のみが乗り入れる鳥取県米子市ですが、今から百数年前の大正末期には二つの民営の鉄軌道が建設されていました。ひとつは南側の法勝寺村を目指す法勝寺鉄道、もうひとつは北東側の皆生温泉を目指す米子電車軌道です。
法勝寺鉄道は、当初は単端式ガソリンカーによる軽便鉄道として計画されたものの、その後、1067mm軌間の蒸気鉄道を経て、1924(大正13)年、600V電化の電車線として完成しました。開業後、伯陽電鉄と名を変え、途中の阿賀から県境を越えて島根県母里村に至る5.3kmの支線も開通させましたが、この支線は戦時下に休止となり、そのまま復活することはありませんでした。

20161221142159-927848f49d8564ed3463a136fb135654e5229e0c.jpg
▲当初は単端式ガソリンカーによる軽便鉄道として計画された法勝寺電車だが、開業時には1067mm軌間の電車線となっていた。
クリックするとポップアップします。

1944(昭和19)年には戦時統合により荒島~島根広瀬間を結んでいた島根鉄道と合併、山陰中央鉄道が成立します。この合併は県境を越えた異例のもので、生活圏も異なり、双方の株主も納得できない面があったようで、戦後1947(昭和22)年には再び島根鉄道が分離しました。
法勝寺線のみとなった山陰中央鉄道は、乗客が減少したこともあって1953(昭和28)年9月にバス会社である日ノ丸自動車の傘下となり、同社電車部として再発足しますが、その後、目立った近代化も行われないまま、1967(昭和42)年に廃止されました。

20161221142059-6ba7fb5516d499ab5a8c5b9b1caabfdfddc4aa28.jpg
▲開業当初の車輌はすべて愛知電気鉄道から譲り受けたものであった。
クリックするとポップアップします。

 一方、米子電車軌道は1925(大正14)年から1928(昭和3)年にかけて米子駅、米子港、市街地と、日本海沿いの皆生温泉を結ぶ3路線7.8kmを開業させました。山陰地方では唯一の市街電車でしたが、未舗装路に敷かれた併用軌道は市民から決して快く思われていない面もあったようで、当時の新聞には「廃止すれば雨中の泥濘、晴天の土塵から市民は救われる」とまで書かれてしまっています。さらに昭和初期の不景気などにより温泉客が減少したこともあって、1938(昭和13)年11月に全線を廃止、わずか約14年のみの営業期間でした。廃止時5輌あった電車はすべて小倉電気軌道(のちの西鉄北方線)に売却されました。

20161221142119-d3392aa9674b481faa31be436a5ea8f47cf9090a.jpg
▲わずか14年間のみの運行であった米子電車軌道。残された絵葉書と公文書などからそのあゆみを紐解く。
クリックするとポップアップします。

著者の白土さんご自身は、実は両鉄軌道を訪れたことがないそうですが、所蔵されている絵葉書から、法勝寺鉄道電1形の出自が通説とは異なることに気づき、それを端緒に約10年の歳月を費やして「米子を走った電車」について綿密に調査・検証されてきました。その成果をまとめたものが本書です。小私鉄研究の第一人者である白土さんならでは本書、ぜひご覧ください。

20161221142224-94434aeb3e19b937693ced5c202da79c83d2872b.jpg

20161221142315-8f3a0872c16bee1ef741665e2d4c842469cbec9e.jpg

20161205151446-cb79558b1c23e1d51e9cec4ac7f41c7fbe4725de.jpg

20161118151734-e92374b7b94301285e7197c891a4e6a4e1099c4e.jpg

20160920191349-9b442949398417f29c117f4d0274bec7a1249d39.jpg

20160812144117-9c3f4f2f5dd65023d13e3f387fb62bb899160425.jpg

20160729165824-b2d81f3a1132d221b4dc8b5c9e6a8c51da8dcb0d.jpg

20160411195235-4d1d42b37f1bb46cf57b6a5f3d9d5a243b6ce5fc.jpg

レイル・マガジン

2016年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.