鉄道ホビダス

2016年12月13日アーカイブ

48650号機が整備完了。

20161213152118-07389d22a62402fd837e5464eac3644efa570f8a.jpg
▲さながら全検出場直後のような見事な仕上がりとなった48650号機。煙突上の回転式火粉止めはC58形のもの。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

広島県三次市の文化会館跡地で保存されている48650号機については、これまでにも清原正明さんのレポートでその修復過程をご紹介してまいりましたが(アーカイブ「48650号機の晴れ姿」参照→こちら)、このたび2年にわたる修復整備が完了、先週土曜日(10日)にお披露目会が開催されました。今回も清原さんのレポートでご覧いただきましょう。

20161213152138-e48a3c9427d8c253d1de703a56da04aee781eeaa.jpg
▲保存活動に取り組む若者にOBの皆さんが声を掛ける。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

20161213152205-8ba0504df281eb73b75ccd232bfbac5e246649da.jpg
▲近所の家族連れもやってきた。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

製造から95年を迎えた三次の48650号機は、作業開始から2年を経て、修復も概ね終わり、国鉄時代、乗務員として蒸機に接したOBなどを招き、12月10日(土)にお披露目を行いました。

20161213152225-501eb5c58fe456f217a70beaedf24d08e240e59e.jpg
▲神杉を発車する現役末期の48650号機。'70.10 神杉 P:竹廣敏秀
クリックするとポップアップします。

傷んだ塗装を剥がし、錆止めを塗った後に仕上げの塗装を施し、足回りは磨き出しで、その出来栄えにはOBも納得したようです。半世紀あまり前の懐かしい話に花が咲いていました。

20161213152244-295ff2d501fea607af5df5b711dedd19104aacfd.jpg
▲見事に磨き出された足回り。今にも動き出しそうな美しさだ。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

48650号機は住山式給水温め器を装備していた8620形式の中では唯一の現存車で、ボイラーには取り外した後の蓋が残っています。
この48650号機、苦労した修復の甲斐あって、外部のコンプレッサーから空気を送ると汽笛が鳴り、ブレーキや発電機も動作します。

20161213152303-db242683c43d473455d24edd860d4001632fc84f.jpg
▲実際に作動するようになった発電機。前照灯、尾灯も点灯する。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

20161213152324-abb15520920e36e6682d9c7155303161c37e9697.jpg20161213152345-76ccadc686ce67470df1856322ad6150bd708bd8.jpg
▲住山式給水温め器の取り付け跡(左)。確認できただけでも機関車部分で15ヶ所、炭水車部分14ヶ所が他機からの流用。右のシリンダー被第一覗穴蓋には68697の部品が流用されている。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

20161213152410-ae8652fd5da88bc240ec1f6c99b1071d7180a1ed.jpg
▲磨きこまれたクロスヘッド。こちらはオリジナルの48650と右を示すRの打刻が打ち込まれている。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

20161213152430-e7dda14d60086883033e14c86fdce7adfe0f92a2.jpg
▲火室内も照明が点灯し、構造がわかるようになっている。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

20161213152449-3afdd4ea63dab82f80356d0ba83c80a6444ba8f2.jpg
▲運転時刻表も設置し、ほぼ現役時代そのままの姿を再現した機関士席。'16.12.10 P:清原正明
クリックするとポップアップします。

当日は関係者以外にも、運行当時本機の写真を撮影した鉄道愛好家や、飛び入りの家族連れなども訪れ、特に子どもは大喜びでした。
今後は毎月の保守、周辺の整備などが課題ですが、来春には一般向けのイベントを計画しておりますので、その際はぜひお出で下さい。

20161213152508-babd249de6528f0f163e8835dadc58187df1e44f.jpg
▲三次の転車台にのる48650号機。この転車台は東武鉄道に引き取られ、来年から鬼怒川温泉駅でC11 207号機を回すことになっている。'70.9 芸備線管理所三次運転支所 P:竹廣敏秀
クリックするとポップアップします。

20161205151446-cb79558b1c23e1d51e9cec4ac7f41c7fbe4725de.jpg

20161118151734-e92374b7b94301285e7197c891a4e6a4e1099c4e.jpg

20161003173949-e66382346b4ae97347911b23ab3a3df011bfae16.jpg

20160920191349-9b442949398417f29c117f4d0274bec7a1249d39.jpg

20160926172819-3289ab368e97cf7e56ebec205d5330fa2a468771.png

20160812144117-9c3f4f2f5dd65023d13e3f387fb62bb899160425.jpg

20160729165824-b2d81f3a1132d221b4dc8b5c9e6a8c51da8dcb0d.jpg

20160411195235-4d1d42b37f1bb46cf57b6a5f3d9d5a243b6ce5fc.jpg

レイル・マガジン

2016年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.