鉄道ホビダス

2016年11月 1日アーカイブ

20161101111500-913a96ccc9c00630887f46572564423b72e70e7d.jpg
▲リニア・鉄道館のモハ52004。後ろにはクモハ12041があるので連結面はほとんど見られない。'12.7.5 リニア・鉄道館 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

引き続きもう1輌の保存車、JR東海のリニア・鉄道館のモハ52004をご覧いただきましょう。ご承知のように「流電」モハ52は側窓が小窓の通称「第一次流電」001・002と、側窓が大窓の通称「第二次流電」003・004・005・006に分かれますが、幸いなことに吹田総合車両所に保存されている001が第一次、ここリニア・鉄道館に保存されている004が第二次と、両タイプが1輌ずつ残ったことになります。

20161101111531-897678b232b66f1dfdd4c2744099f63a6222f70b.jpg
▲すばらしいコンディションで展示されているモハ52004。車内も常時公開されている。'12.7.5 リニア・鉄道館 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

ただ、両者ともに戦前のいわば原型に復されており、私たちに最も馴染み深かったスカ色を纏った晩年の姿を偲ぶことはできません。その意味では少々残念な気もいたします。

20161101111556-3715add55a6db7d38e9ff861494cff2ca9e51d37.jpg
▲飯田線で廃車後に日本車輌に運び込まれた際のクモハ52004。後ろは新造中の大阪市交通局10系2号編成。P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

リニア・鉄道館の004はもちろん休館日以外は見ることができますし、車内も公開されていて白熱灯に照らされた木製の内装をゆっくりと味わうことができます。また、乗務員室は001の半室運転台に対して全室となっており、その点でも両者を比較すると興味深いものがあります。

20161101111619-04e6ed6fa5df2a0c74f67e6a632fa020e0e0a029.jpg
▲モハ52004の車内。吹田総合車両所のモハ52001とは異なり、天井の通風口がない。'12.7.5 リニア・鉄道館 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20161101111642-2d212d22ffb5e41b90af67ffd5fc9ee8e2a1e573.jpg
▲モハ52004の運転室。全室運転台なのでモハ52001と比べて実に広々としている。'12.7.5 リニア・鉄道館 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20161101111703-4e18c2475bb580bc56f5dc58a7bebc4e9692a951.jpg
▲現役時代のクモハ52002の運転室。助士席も備えられており、実にルーミーな空間となっている。'78.11.2 飯田線牛久保 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

宮武さんありがとうございました。2輌のクモハ52がこのようなかたちで残るまでには、さまざまな紆余曲折があったようにうかがっています。それにしても、リニア・鉄道館は通年で見学可能ですが、吹田総合車両所の公開はまた一年後...なにやら織姫と彦星のようです。

20161101111722-10c595d89aee0b10b271ac1c9257098785756c65.jpg
▲牛久保駅で顔を合わせたクモハ52002(左)と、現在はリニア・鉄道館で保存されているクモハ52004(右)の豊橋区35編成。'78.11.2 飯田線牛久保 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

20161023011157-ee282e0e3e43c994806a9bedb67eee9911dc3827.jpg

20161003173949-e66382346b4ae97347911b23ab3a3df011bfae16.jpg

20160920191349-9b442949398417f29c117f4d0274bec7a1249d39.jpg

20160926172819-3289ab368e97cf7e56ebec205d5330fa2a468771.png

20160812144117-9c3f4f2f5dd65023d13e3f387fb62bb899160425.jpg

20160729165824-b2d81f3a1132d221b4dc8b5c9e6a8c51da8dcb0d.jpg

20160411195235-4d1d42b37f1bb46cf57b6a5f3d9d5a243b6ce5fc.jpg

レイル・マガジン

2016年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.