鉄道ホビダス

生まれ変わった鞍馬山鋼索鉄道。(下)

20160601114250-d2adf244dcf90083ea1fb09a95a4908dd5f53ddb.jpg
▲すっかりリニューアルされた山門駅ホーム。以前は軌道左側に集電用架線が設置されていたが今回の更新で撤去された。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

昨日もご紹介したように、この鞍馬山鋼索鉄道はわが国の鉄道事業者の中で唯一「宗教法人」によって運営されています。しかも驚くべきことに"事業者"である鞍馬寺では、本来の参拝は歩いてするものなので、出来れば歩いてほしいと説いているそうです。ケーブルカーは年配の方や体の不自由な方のための、いわばエレベーター代わりの位置づけなのかも知れません。

20160601114312-3183b8d910db5dd4cbe12c75870f9794c4433aa1.jpg
▲集電用架線が撤去されたことで保守用の階段が整備されて以前よりすっきりとした。はるか先には重錘車が降下しているのがわかる。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20160601114333-78783e1568a0ea2e0c2479e308babf0008d0f055.jpg
▲新型車輌「牛若號Ⅳ」。今回から乗降口は外吊引き扉となった。正面の上窓は通風口。なお、鞍馬山鋼索鉄道は車輌と重錘車との釣瓶方式なので、車輌はこの1輌のみ。'16.5.21 多宝塔駅 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20160601114357-c886d2c0dcd285955308e6298d27ebcead123cac.jpg20160601114426-10d058c395a8266736d88a53acd5382d3b12ec4c.jpg
▲多宝塔駅の操作盤(左)と降車口。以前あった木製のラッチは撤去され、乗車口と降車口が完全に分けられた。写真右は降車口。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

そしてさらに驚くのはこの鞍馬山鋼索鉄道には「運賃」の設定がないことです。宗教法人鞍馬山が"事業者"である以上、営利目的ではないということなのでしょうか...運賃の代わりに「御寄進」として200円(小学生100円)を収めると片道乗車することができます。鞍馬山内の諸堂や施設の維持のための寄進だそうで、乗車料金ではないところが特筆されます。

20160601114450-8c1b5b2e7eed43e2789b69c0d5e6e63297a0cb04.jpg
▲新しく導入された券売機(?)2台。これは山門駅のもので、多宝塔駅の券売機は1台のみ。「領収書」ボタンもある。'16.5.21 山門駅 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20160601114524-5016dc3ba4c1691c5e92b35a51742b6b8cfa71f2.jpg
▲「ケーブルご乗車にあたって」と題された注意書き。200円(小学生100)円は乗車料金ではなくあくまで「御寄進」。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

20160601114544-82cc6a7d73d88096d38cebd2a46c7d75e92c40c9.jpg
▲御寄進票と記念札。乗車の際には寄進票(画面左)は回収され、かわりに記念札散華(画面右)が配られていた。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

この「御寄進」、改修前は古色蒼然とした"出札窓口"で支払っていた、いや託していたのですが、今回の改修で何と自動券売機(!)が導入されました。しかも以前は100円だった「御寄進」は200円となっています。窓口で手渡ししていた時代が懐かしく感じますが、そのかわりに今度は「御寄進票」と引き換えに「記念札散華」がいただけるようになりました。

20160601114606-edb320bce10a2b0071588985300a704c40c22e87.jpg
▲多宝塔駅からはわずかながらケーブルカーの全景をとらえることができる。'16.5.21 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

営業距離わずか0.2㎞、日本で唯一宗教法人が運営する「鉄道」、しかも運賃が存在しない不思議な鉄道に、ぜひお出でになってみてください。もちろん、鞍馬寺の参拝もお忘れなく...。

20160520145701-beeb8b579c3ef81f9978cb3b112c1956d7b8dcd0.jpg

20160510130947-c796b0f7cf041832f2592a01c9f62929361de1cf.jpg

20160322124628-129d57da1e9f5921031fb5e041a7a0f120843579.jpg

20160411195235-4d1d42b37f1bb46cf57b6a5f3d9d5a243b6ce5fc.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

レイル・マガジン

2016年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.