鉄道ホビダス

銚子電鉄デハ1001引退へ。

20160203121822-d8927c7e87dfc189429ffd6eaa762ce216eda8e3.jpg
▲笠上黒生で交換する1001(右)と、現役時代の1002(左)。1002はひと足早く昨年1月に引退している(アーカイブ「デハ1002引退で最後の"協調運転"」参照→こちら)。'12.12.15 笠上黒生
クリックするとポップアップします。

1994(平成6)年以来、22年の長きにわたって親しまれてきた銚子電気鉄道のデハ1001が今月末に引退することとなりました。新型車輌3000形(もと伊予鉄道700系)の導入にともなうもので、2月27日(土)・28日(日)に引退記念イベントが開催されます。

20160203122156-94456d532bca387f281f280ff4a487a2bfc6bfeb.jpg
▲1001の外川方運転台は両運転台化にともなって増設されたもの。'14.12.13 仲ノ町
クリックするとポップアップします。

デハ1001はもと営団地下鉄2000形2046。第三軌条式でゲージも異なる銀座線用車輌のため、同じ営団地下鉄3000系で使用されていた主電動機やパンタグラフ、富士急行5700形の台車FS316を組み合わせ、さらに同じ2000形2033の廃車発生品の運転台を用いて両運転台化改造したもので、1994(平成6)年に僚車1002とともに誕生しました。
以後、銚子電気鉄道の主力車輌として活躍、2007(平成19)年からはゲーム「桃太郎電鉄」のラッピング車輌となり、さらに2012(平成24)年からは"銀座線カラー"に塗色変更されて現在に至っています。

20160203122222-b666e0d4bc70a57a16b0c7fee34ddfb4de7acc75.jpg
▲銚子名物のキャベツ畑の中を行く"銀座線カラー"に変更間もない頃のデハ1001。'12.12.15 海鹿島―君ヶ浜
クリックするとポップアップします。

「デハ1001 おつかれさま運転」と銘打たれた今回のイベントでは、27日(土)と28日(日)で異なるヘッドマークを装着して運転されるほか、28日(日)の最終充当列車到着(銚子駅15:08着)後、運転士への花束贈呈が予定されています。
●運行ダイヤ:銚子駅発外川行9:49 → 以降 銚子~外川間運行 → 銚子駅着15:08 運転終了
仲ノ町車庫ではデハ1001とデハ1002最後の共演と題して両車を並べての撮影会が予定されています(27・28日の15:30~16:30。要入場券150円)。また、記念乗車券・グッズの販売(27・28日の10:00~15:00、OTS犬吠埼温泉犬吠駅前広場)も予定されています。

20160203123710-1b605805d43313546f5a3f7d6b4a94487e5fa942.jpg
20160203122349-2c0593d781fcddb984639e0c8112c9d23ae0d767.jpg
▲「デハ1001 おつかれさま運転」のフライヤー(表裏)。 提供:銚子電気鉄道
クリックするとポップアップします。

全駅のネーミングライツ実施や3000形の導入など変貌を遂げつつある銚子電鉄。デハ1001のラストランを見届けに、早春の銚子に足を向けてみられてはいかがでしょうか。

資料提供:銚子電気鉄道


20160122105556-18cf2d822174a08d323439a277edbfa3d3aeb70f.jpg

20151222161801-8b7482bf7dea3a5646594eaa604417ecd5cc2bc2.jpg

20151211193753-8a5863164703fc4d3c24a5c17fb1f01da091546a.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

レイル・マガジン

2016年2月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.