鉄道ホビダス

JR九州 架線式蓄電池電車は819系。

20160201132230-febe4591adbafc08e7cf500f54366e028d1b55ae.jpg
▲架線式蓄電池電車819系の外観イメージ。愛称は「DENCHA」と名付けられた。 提供:JR九州
クリックするとポップアップします。

JR九州は、従前の気動車に代わる次世代の車輌として架線式蓄電池電車の開発を進めていましたが、このたびその車輌デザインなど発表されました。形式はベースとなった現行の817系に続いて819系。愛称は"UAL ENERGY CHARGETRAIN"から「DENCHA」と名付けられました。

20160201132301-0f784bef896fa9653bb9f81bdc15678dc5834b51.jpg
▲架線式蓄電池電車の走行概要。
○交流電化区間
・従来の電車と同じように架線からの交流電力で走行
・走行及び停車中に、架線からの交流電力を変換して蓄電池に充電
○非電化区間
・パンタグラフを下げて、蓄電池のみの電力で走行
・ブレーキ時に回生エネルギーを蓄電池に充電
 (JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

開発コンセプトは「人と地球の未来にやさしい」をイメージした車体で、地球をイメージした青色で環境へのやさしさを表現しています。ベースは現行の817系です。最大の特徴は架線のない区間では蓄電池のみの電力で走行する架線式蓄電池電車であること。ブレーキ時に発生する回生エネルギーを蓄電池に充電することで高効率も実現しています。

20160201132319-260edb3b81b86d51e103cbdf0405149c47ec3cce.jpg
▲架線式蓄電池電車819系の客室内イメージ。 提供:JR九州
クリックするとポップアップします。

客室照明にはLEDを使用。室内温度環境の維持のため「スマートドア」を採用し、省エネ効果を実現しています。また、バリアフリー・ユニバーサルデザインを追求した視認性のよい液晶画面「マルチサポートビジョン」で停車駅や乗換案内などのほか、車輌内の電力の流れを解説するエネルギーフローを表示します。

20160201132340-4956775e5b55a6b48866c3ac33a90469a4de7058.jpg
▲スマートドア(押しボタン式開閉ドア)の概要。駅に到着後、ドア横のボタンが点灯し、青いボタンを押すことでドアが開扉。車内の黄色いボタンを押すとドアが閉扉。(すでに筑肥線の305系でも同様の方式を導入) (JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

20160201132400-62036af58ae018adc59bc2f8a16a8dc28892de99.jpg
▲マルチサポートビジョン(MSV)。各車輌のドア上部の液晶画面に、停車駅や乗換案内、スマートドアのご案内などを表示するとともに、各車輌に電力の流れを解説するエネルギーフローを表示。 (JR九州プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

導入される非電化区間は筑豊本線(若松線)若松~折尾間、今後のスケジュールは以下のように発表されています。
2016(平成28)年4月:試験運転を開始(1編成2輌)
2016(平成28)年秋:営業運転を開始(先行投入)
2017(平成29)年春:6編成12輌を追加投入
資料提供:九州旅客鉄道株式会社

20160122105556-18cf2d822174a08d323439a277edbfa3d3aeb70f.jpg

20151222161801-8b7482bf7dea3a5646594eaa604417ecd5cc2bc2.jpg

20151211193753-8a5863164703fc4d3c24a5c17fb1f01da091546a.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

レイル・マガジン

2016年2月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.