鉄道ホビダス

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」報道公開。

20150722150323-9f57d94b7984d2a267e008d8c2eb7ec462788db7.jpg
▲キハ47形を改造したJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」。外観は金と黒に唐草模様があしらわれている。なお、前照灯が追設されているほか、後位側の側扉は埋め込まれている。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

JR九州は、「ななつ星in九州」に続く10番目の"D&S列車"としてJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」を登場させることを発表していましたが、このほど車輌が完成し、去る7月17日に小倉総合車両センターで報道公開が行われました。

20150722150348-4b8df1f5ff1f8f584f6047e92684664ee9ffe8bf.jpg
▲1号車キロシ47-9176の客室内。テーブル席車輌で、2名利用と4名利用テーブルが設置されている。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

「或る列車」とは、1906(明治39)年、当時の九州鉄道がアメリカのブリル社に5輌編成の豪華客車を発注したものの、九州鉄道が国有化されたため、ほとんど活躍する機会のなかったいわゆる「九州鉄道ブリル客車」です。「原鉄道模型博物館」を開設した故原信太郎さんが、この客車を自身のオリジナルを加えて模型化したのはご存じの通りです。

20150722150412-156d090d9207be78251a9485bf673b3815ddbb60.jpg
▲2号車キロシ47-3505の客室内。こちらは2人用個室車輌で、雪見障子により部屋が仕切られる。なお、旅行商品では大人1名での利用も可能(テーブル席車輌は2名利用テーブル)。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

今回登場したJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」は、故原信太郎さんが愛した幻の客車「或る列車」の模型(アーカイブ「原鉄道模型博物館 7月10日開館」参照→こちら)を元に、同館副館長の原 健人さんの監修により、水戸岡鋭治さんがデザイン・設計を行ったもので、「或る列車」の模型を1/1スケールで再生させ、そのロマン・情熱を受け継げるよう、世界の、日本の、九州の色・形・素材に匠の技を組み合わせて、質の高いオンリーワンD&S列車としたものです。

20150722150436-cee08726245a3ee27594091a312e36c74457aa5f.jpg
▲お披露目式であいさつをする九州旅客鉄道株式会社 青柳俊彦代表取締役社長。また、JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」のオリジナル音楽は株式会社音楽館の向谷 実さんが担当し、来賓としてお披露目式に出席された。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

また、キーワードは「ARU」で、AMAZING(「素晴らしい」九州の魅力を広く紹介)、ROYAL(「豪華な」デザイン、「素晴らしい」スイーツコース)、UNIVERSAL(「世界中の」「皆さま」に愛される列車を目指して)からなっています。
車輌はキハ47形を改造した2輌編成で、1号車がキロシ47-9176(元キハ47 176)、2号車がキロシ47-3505(元キハ47 1505)となり、形式記号に「キロシ」が初めて登場したのが特筆されます。

20150722150458-38532b6045580f1090f74dcc1aa6fbfd6befc0c0.jpg20150722150529-b0c181942e4dbe63ed87eb59c9bbc1583a93bd9c.jpg
▲主催者のあいさつに続き、水戸岡鋭治さんと原 健人さんが来賓あいさつを行った。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

外観デザインは、模型の「或る列車」を手本に金と黒、唐草模様をあしらいJR九州流にアレンジしています。このため、前面から側面にかけての下部や、前面窓下の手すり・スカート部にも唐草模様が施されています。

20150722150555-faa01fdc884fbf9415186b21aa982cd84d5f265f.jpg
▲「或る列車」模型借受で模型が披露された。この模型はJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」内で展示される。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

客室内は1号車がテーブル席車輌で、2名利用テーブルと4名利用テーブルが配され、ロマンチックな色・クラシカルな形とし、素材は明るく優しいメープル材を使用しています。一方、2号車は2人個室車輌で、落ち着いた色とウォールナットの組子に囲まれた個性的なコンパートメントとしており、厨房とカウンターが設置され、スイーツやドリンクが提供されます。

20150722150618-ed91c02303fb7afafb19ab54ff456cf9bdf58ffe.jpg
▲「或る列車」お披露目で除幕直前のシーン。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

このJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」は、8月8日から久大本線大分~日田間で運行を開始し、金曜・土曜・休日などを中心に1日1往復の運行を予定しているほか、今年の秋季以降には佐世保~長崎間でも運行を予定しています。また、乗車するには、JR九州旅行支店、JR九州の駅旅行センターや大手旅行会社の旅行商品を購入するかたちになります。

20150722150640-574bb3a23f51fe62af87d8a40d9b9ed1e07856b0.jpg
▲お披露目をした後に、客室乗務員を交えてフォトセッションが行われた。'15.7.17 小倉総合車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

なお、報道公開当日は、車輌公開の前にお披露目式が開催され、九州旅客鉄道株式会社 青柳俊彦代表取締役社長のあいさつ、水戸岡鋭治さん、原 健人さんのあいさつに続き、客室乗務員の制服紹介、「或る列車」模型借受、「或る列車」お披露目(除幕)、フォトセッションが行われました。
このJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」につきましては、本誌次号(8月21日発売号)で詳しく紹介する予定です。
取材協力:九州旅客鉄道株式会社


20150721162657-5115891ce48fd3bf13fd5f49f31372c8343cd9b2.jpg

20150619140130-e411c4c26629fe91fa810bb0c6a70f859c098209.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

20150703184437-2de5d1fdc6e76d608fdd3a24d92b9972911919ea.jpg

レイル・マガジン

2015年7月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.