鉄道ホビダス

JR九州305系電車登場。

20150114173824-70789fa8c46c7a0e5d93555cd646bce4d54f5ddd.jpg
▲「人にやさしく、環境にやさしいスマートトレイン」をコンセプトとした305系直流通勤型電車。編成番号は「W」が冠された。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

JR九州は、このほど筑肥線に305系直流通勤型電車を導入、去る1月8日に報道関係者向けの公開が行われました。筑肥線に新車が投入されるのは303系以来、実に15年ぶりのことです。

20150114173843-326268ecb2d58b9151a0e7c0957bca3a78edaed0.jpg
▲クハ305形。西唐津方の制御車で1号車。定員は128名。同車のみ客室の床が木のフローリングとなっている。JR九州では初めて押しボタン式開閉ドアを採用した。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

報道公開された305系は、1本目となるW1編成で、西唐津方からクハ305-1+モハ305-1+モハ304-1+モハ305-101+モハ304-101+クハ304-1の6輌、編成定員は851名(座席291名、立席560名)となっています。

20150114173941-149c70fc22f9985746efa35061bac8d13a9ef9e4.jpg

20150114173901-57732b56185f255a7c5908d0be6763174063698e.jpgコンセプトは「人にやさしく、環境にやさしいスマートトレイン」で、車内の冷暖房効果を高めるために、JR九州では初めて押しボタン式開閉ドア(JR九州ではスマートドアと呼称)を採用しています。押しボタン開閉の対象区間は筑肥線の美咲が丘~西唐津間で、長時間停車する場合のみ下山門~筑前前原間でも使用できます。
▲大型液晶画面は、停車駅・ホーム設備案内以外にドアの開閉説明も表示する。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

20150114174002-a62cb38e1ac7a0fff6513fe45aadbf028a4b370f.jpg
▲1号車の客室内。床がフローリングされているのが特徴。優先席は背もたれ部を白にして明確化している。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

20150114174022-988400c4e43a9005efdc4cdb6e1aae1488fd5d59.jpg
▲5号車の客室内。2~6号車とも共通でホワイトを基調とした明るい空間としている。7人掛けの腰掛は両側2席がヘッドレスト付き。なお、腰掛の柄は全部で11種類ある。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

内外装ともデザインは水戸岡鋭治さんが担当。ホワイトを基調としており、西唐津方先頭車の1号車の床には唐津への観光気分を湧き立てるために木のフローリングを採用しているとともに、防音車輪、密閉式モーター、スクロール式空気圧縮機を採用することで車内の静音を向上して快適な車内空間を提供しています。

20150114174041-f18786bd1dc3740ac57bf02799791d7a3360ab34.jpg
▲1号車の運転台背面。303系と異なり、仕切扉は一番助士側に配置されている。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

また、バリアフリー・ユニバーサルデザインを追及し、各車に車椅子・ベビーカースペースを配置しているとともに、視認性のよい大型の液晶式画面で停車駅やホームの設備案内やスマートドアの操作説明をするほか、非常通報装置を各車4ケ所(103系1500番代は各車1ケ所)に増設しています。

20150114174100-827730dccdf0503b2078898abbfb527721367f9d.jpg20150114174122-00a2cf546185ce9d07673ad564727dc64bccdfee.jpg
▲クハ305形の4位側には車椅子・ベビーカースペースを設置している(左)。303系クハ303形は4位側に車椅子対応トイレを設置しているが、クハ305形は3位側に設置している(右)。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

さらに、高効率の駆動用モーター(永久磁石同期電動機)採用により消費電力量を削減(103系1500番代と比較して約57%、303系と比較して約85%)し、客室照明にLEDを採用することで環境性能を向上させています。

20150114174144-657c031fa384f648e4297824326c8c52b0da3867.jpg
▲各車とも後位に車椅子・ベビーカースペースを設置している。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

20150114174201-5a0bb9247c95f6c44976e31bc12c99fc18ee469d.jpg
▲客室内の側扉にはさまざまな表情の"くろちゃん"が描かれている。'15.1.8 唐津車両センター P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

この305系は6編成の計36輌が投入され、2月5日から順次営業運転に投入する予定となっており、既存車輌と同様に福岡市地下鉄空港線(福岡空港~姪浜間)と相互直通運転を行います。
なお1月31日には、唐津~筑前前原間で試乗会の実施が予定されています(既に募集締切)。一般営業運転開始前に305系を見るよい機会となるでしょう。

取材協力:九州旅客鉄道株式会社

20141218171026-64613021229d0399922f9a4e08835a1b126eb656.jpg

20141225112449-ff0129ac2e932fd0035bb8daa01383c1a407b4d7.jpg

20141210191124-886e55eecf201a4ff3333f233475abadad0f5899.jpg

kikansyahyoubn01.jpg

レイル・マガジン

2015年1月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.