鉄道ホビダス

2014年10月27日アーカイブ

「鉄おも!号」を運転。

20141027005829-95ff3906bd61446b92d5bf3d96a187d13407beac.jpg
▲伊豆高原の検修工場見学でこれから乗車するクモハ103の前に勢揃いした参加者の皆さん。天気にも恵まれて今日一日の期待がふくらむ。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

※サイトリニューアルに伴うシステムの変更で不具合が生じ、現在とりあえず暫定的に復旧いたしましたが、ブラウザによっては正しく表示できないなどの現象が生じているようです。また、PC以外のスマートフォンなどでの表示も不安定で、現在、システム担当が修復作業中でございます。引き続きご不便をお掛けしますが、今しばらくご容赦下さい。

先週土曜日(25日)、ファミリー向け姉妹誌『鉄おも!』の読者イベントとして「伊豆急行100系『鉄おも!号』」が伊豆高原~伊豆急下田間を走りました。

20141027005924-ba89404124f32be075ee31aa3b83c9d3233f8e42.jpg
▲検修工場では特別にピット線を案内していただいた。ちょうど全般検査で入場中のリゾート21EX「黒船電車」の床下機器に興味津々。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

当日は幸いお天気にも恵まれ、全国から集まってくれた月刊『鉄おも!』読者ファミリーが9時過ぎには伊豆高原駅に続々と到着、さっそく同駅に隣接した検修工場見学へと向かいました。

20141027010057-d5f14cc5dbd61b4b30a7fddb12354bcb2b017c3c.jpgクモハ103号のクロスシート定員から50名ほどの参加に絞らせていただきましたが、1歳から11歳までのちびっこファンは初めて被るヘルメットと検修工場の迫力に大興奮。2班に分かれてピット線や構内留置線を見学し、これから乗車するクモハ103号の前でしきりに記念撮影を行っていました。
▲初めて触れるホンモノの台車にビックリ。取り外された主電動機の大きさも驚きだった様子。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

20141027121603-9121f8d3811a6507d4edf0c34109bcb676a96def.jpg
▲この日も半世紀以上前の車輌とは思えない軽快な走りっぷりを見せてくれたクモハ103。その端正なスタイリングはまさに「名車」と呼ぶに相応しいもの。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

「鉄おも!号」のヘッドマークを掲げたクモハ103は11時10分、定刻に伊豆高原駅を発車、私たち世代にとっては"あたりまえ"の電車ですが、ちびっこファンにとってはまず「窓が開く」電車が珍しかったようです。クロスシートに壁のスイッチを押すと回り出す扇風機...そんな車内風景も新鮮に映ったのか、コンパクトカメラで逐一撮影している姿が印象的でした。

20141027010213-afe86cee4f667042a3b238de52eaebfcd3c1ede1.jpg
▲下段上昇で窓が開く電車が初めての子も! 交換待ちでの対向列車にも熱い視線が向けられていた。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

それにしても2年ぶりに乗車したクモハ103は、車齢50年を超えるとは思えない矍鑠たる走りっぷりを見せてくれました。単行ゆえのヨーイング、ピッチングはあるものの、コイルバネのTS台車の乗り心地は現代的レベルでも決して侮れないもので、バネクッションのモケットシートや、昔ながらの空気笛の音色と相まって、しばしその乗り心地に酔いしれてしまいました。

20141027010247-36cfb3f079c7aba4b06df593629572adb5d2ab3d.jpg20141027010320-1a52cb73257c2b96e35a629be14f78d741553d7e.jpg
▲「鉄おも!号」の横サボ(左)と、参加者に配られた特製お弁当(右)。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

20141027121231-49ac38ec7e8c2aed6c4eb6473c3b71980b50aee1.jpg
▲伊豆急行さんの心配りで、お土産の硬券はダッチングマシーンを使って自分で日付を印字する体験も...。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

20141027121322-3c572c854c50b782c3d6950f7f610b90587345e3.jpg20141027121353-ffbc80bc14c1b18a0208d62c343f6bcaccaffed6.jpg
▲くじ引きによるプレゼント大会で大盛り上がり。カトーさん提供の「東海道新幹線開業50周年記念スターターセット・スペシャル」(右)まで登場!'14.10.25
クリックするとポップアップします。

20141027122420-485e3c79ffd5372dc3020be6985917e8803242d1.jpg
▲一番のシーニック・ポイント、片瀬白田-伊豆稲取間の海岸沿いでは徐行運転していただき車窓を堪能。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

伊豆急下田にはお昼前の11時53分着。参加者の皆さんはそれぞれ下田の街の散策にお出かけになり、再び15時12分発の「鉄おも!号」に乗車、16時09分に伊豆高原に戻り、名残を惜しみながら帰路につかれました。

20141027121443-b4d61cf75136bc245a65330980e05d0f28ed0a97.jpg
▲伊豆急下田駅で「鉄おも!号」と記念撮影。なかには大阪や兵庫から来てくれたご家族もおられ、和やかに一日が終了した。'14.10.25
クリックするとポップアップします。

20141024155953-13b50c8b8d46c8fbb8132e50eddd30121e63fdad.jpg

kokutetsu39_AD_520.jpg

kikansyahyoubn01.jpg

2014年10月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31