鉄道ホビダス

2014年7月 4日アーカイブ

140704n001.jpg
▲よみがえれボールドウィン実行委員会の皆さんの献身的な努力で見事に修復されたボールドウィン3号機とホイットカム。'09.10.4 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

昨年は10月に開催された「根利森林鉄道まつり」が、今年は夏休みの7月27日(日曜日)に開催されます。会場は群馬県沼田市利根町の林野庁森林技術総合研修所林業機械化センターで、主催はよみがえれボールドウィン実行委員会。修理中のB型客車も展示され、賑やかなものとなりそうです。

140704n002.jpgB型客車はこれまで修復に取り組んできたボールドウィンやホイットカムに比べても木造なだけにたいへんな苦労があるそうで、2011(平成23)年から本格的な修復を開始し、現在ようやく側板外板が貼られた状態にまで進捗しているそうです。今回のイベント終了後はいよいよ内部の修復に入る予定とのことで、B型客車特有の木造トラス構造の台枠(→こちら)を目にすることができるのも最後のチャンスとなります。
▲林業機械化センター展示棟室内では、根利森林鉄道の遺構調査報告をはじめ数々の展示が予定されている。'13.10.20 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

140704n005.jpg
▲外板を貼る作業中のB型客車。もとは王滝営林署のB15号。'14.6.15 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

140704n003.jpg140704n004.jpg
▲独特の木造トラス構造の台枠。トラス構造部はオリジナルを移植したが、他の部分はオリジナルと同じ木質での修復はかなわず、ほぼ新製状態となっているという。'14.6.15 P:木村一博
クリックするとポップアップします。

今回展示が予定されているのは修復中のB型客車のほかに、ボールドウィン3号機、協三工業 10tディーゼル機関車、ホイットカム ガソリン機関車、それに運材台車で、ボールドウィン3号機には普段は取り付けられていないプレート類が取り付けられるほか、汽笛吹奏も行われるそうです。また、ホイットカム ガソリン機関車は運材台車を牽引して走行シーンを披露してくれる予定で、室内の各種展示とともにたっぷりと楽しめる一日になりそうです。

2014 第7回根利森林鉄道まつり
■開催日:平成26年7月27 日(日)
■開催時間:10:30~15:30(10:00受付開始)
■会場:林野庁森林技術総合研修所林業機械化センター展示棟
群馬県沼田市利根町根利1445番地
■アクセス:関越道沼田ICより国道120号、県道62号で約30分(当日JR沼田駅より送迎バスを検討中)
■「まつり」の内容
・森林鉄道・軌道車輌群の展示、デモ走行、撮影会
・ポスターセッション:根利森林鉄道(利根林道)遺構調査報告

※ご注意:飲食物の用意はありません。各自ご用意頂き来場願います。

■問合せ先
よみがえれボールドウィン実行委員会事務局
しみず(048-831-8151 不在の際には、問い合わせ内容と連絡先をメッセージに残してください。)

140704n000.jpg
▲クリックするとポップアップします。

RML179bn.jpg

kokutetsu38bn.jpg

国鉄車輌誕生秘話_bn.jpg

kikansyahyoubn01.jpg

レイル・マガジン

2014年7月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.