鉄道ホビダス

2014年3月31日アーカイブ

140328n009.jpg
▲上り特急「つばめ」の先頭にたつC62 2号機。'53.7.1 大垣 P:大橋邦典 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

単行本『「SL甲組」の肖像』の最終巻となる第8巻が先週末に発売となりました。292頁におよぶ、まさに十年間の連載の掉尾を飾るにふさわしい大冊となっております。

140328n001n.jpg連載「SL甲組」の肖像は、本誌2003(平成15)年2月号でスタート以来、椎橋俊之さんが十年あまりの歳月を掛けて100か所近い区所を巡り、本年1月号(№364)でついに最終回を迎えました。単行本化にあたっては、7巻収録以降の連載16区所に加え、特急「つばめ」の加減弁を握った名門・名古屋機関区、そしてあの超特急「あじあ」を走らせた南満洲鉄道・新京機関区を新編として追録しております。

140328n005n.jpg
▲集煙装置を装備した異色機C62 42号機が電化目前の近江長岡-柏原間を行く。電化試運転列車のEF58(旧)のデッキから撮影されたと思われる貴重なひとコマ。P:鈴木靖人 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

また、随所に連載では収録しきれなかった手記や資料を追加しており、こちらも必見の内容です。新米機関助士時代の言い知れぬ苦労、お召列車乗務の栄光と緊張...等々、ファインダー越しでは決してうかがい知ることのできない逸話の数々には思わず引き込まれるに違いありません。

140328n002n.jpg140328n003.jpg
▲新版として収録した名古屋機関区編(左)。単行本化にあたっては貴重な手記なども採録している(右)。 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

140328n006n.jpg
▲横手機関区の「機関車操縦法」は後部補機の運転操作などこれまで知られていない"実技"が詳述されている。 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

そしてそのオーラルヒストリーを語ってくださった「甲組」の皆さんとの出会いを綴った「出会った人びと」も、椎橋さんの取材者を越えた温かい目線とともに心に響きます。なかには残念ながら単行本化をお目に掛けることが間に合わなかった方もおられますが、普段は家族にさえ語られなかったという乗務の苦労や喜びが、こういったかたちで多少なりとも後世に残せたことをきっと良しとしていただけたのではないかと思います。
「SL甲組」の肖像はこの単行本をもってついにすべての幕を閉じます。わが国の鉄道趣味史に残る壮大なオーラルヒストリーの完結を、ぜひともご覧ください。

140328n007n.jpg140328n008n.jpg
▲恒例の「出会った人びと」も各機関区を収録。取材秘話とともに語り部の皆さんの姿に思いを馳せることができる。 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

なお、「SL甲組」の肖像の完結と単行本最終巻の発行を記念して、来たる5月10日(土曜日)に東京・神保町の書泉グランデ7階イベントスペースで『椎橋俊之「SL甲組」を語る』が開催されます。去る2月8日には秋葉原の書泉ブックタワーでトークショーが開催されましたが(アーカイブ「大雪の中での椎橋俊之さんのトークショー」参照→こちら)、前回は『SL機関士の太平洋戦争』(筑摩書房)の発行記念とのコラボレーションであったのに対し、今回は「SL甲組」に特化した"濃い"トークとなる予定です。MCは私が務めさせていただきます。入場無料ですが、事前予約が必要です。前回聞き逃された方もぜひお運びください。
■椎橋俊之「SL甲組」を語る
期日:5月10日(土曜日)15:00~17:00
会場:書泉グランデ7階イベントスペース(東京・神保町)
   ※無料/事前予約が必要です。
参加券配布場所:書泉グランデ6階、書泉ブックタワー5階
店頭受付:4月12日(土曜日)10:00から
電話受付:4月12日(土曜日)10:00から ☎03-3295-0016(書泉グランデ6階鉄道フロア直通電話)

140328n004n.jpg
▲掉尾を飾るのは新編の南満洲鉄道新京機関区。あのパシナが牽く「あじあ」が新京~大連を文字通り驀進する。 (『「SL甲組」の肖像』 8より)
クリックするとポップアップします。

「SL甲組」の肖像 8(最終巻)
本体3048円+税
A4変型国際版(本誌同寸)/292頁
〔主な内容〕
名古屋機関区/「つばめ」の男たち、標茶機関区/最果ての原野を往く、釧路臨港鉄道/ヤマの盛衰を見つめた90年、横手機関区/峠越え、豪雪との戦い、新小岩機関区/京葉の動脈を守る、成田機関区・佐倉機関区/両総台地にたな引いた煙、八王子機関区/桑の都に居を構え、武蔵野を駆ける、大宮機関区/首都圏の物流を支えた機関車乗りたち、山田(伊勢)機関区/参宮快速にかけた機関士魂、紀伊田辺機関区/黒潮洗う紀州路を往く、米子機関区/山陰ど真ん中鉄道黎明の地、木次機関区/奥出雲の峻険を往く、松山機関区/四国鉄道発祥の地の誇り、小松島機関区(徳島気動車区)/眉山が見つめた阿波の要衝、若松機関区/石炭とともに生きた94年、早岐機関区/長崎道、佐世保道の要衝、大分機関区/豊後のダイヤを守れ。時刻表は社会との約束事、新京機関区(南満洲鉄道)/驀進!超特急「あじあ」

!cid_2149A3F2-F1FB-45D6-ACCE-8F75F23EFF12@NEKO-HOME.jpg

国鉄車輌誕生秘話_bn.jpg

kokutetsu37_01_520.jpg

yashiki_520.jpg

RML176bn.jpg

kikansyahyoubn01.jpg

レイル・マガジン

2014年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.