鉄道ホビダス

憧れのスタッフォードバーンへ。(1)

130930n001.jpg
▲17時、"Late Summer Enthusiasts Day"のフィナーレを飾る大行進が始まった。本線上に隊列を組んだ実に17輌の軽便蒸機が、その音階の異なる汽笛でメロディーを奏でた後、1輌1輌ブラスト音も高らかに機関庫へと帰投してゆく。目の前で繰り広げられる光景に、ただただ絶句...。'13.9.14 
クリックするとポップアップします。

英国第2の都市(人口比)バーミンガムの北東40キロほど、いかにもイングランドらしい緩やかな起伏のカントリーロードの先にスタッフォードバーン(Statfold Bahn Railway)があります。実は英国のヘリテージ・レイルウェイ・マップにも記載されていないこの鉄道こそが、ヨーロッパ、いや世界最大のプライベート・ナローゲージ・サイトなのです。

130930n205.jpg
130930n002.jpg
▲トリプルゲージ、デュアルゲージの3線機関庫を埋め尽くす2フィートと2フィート6インチゲージの蒸機たち。こんなシーンの中を自由に歩き回れるのもプライベート・サイトならでは。ちなみに給水塔はグレートウェスタン調。'13.9.14 
クリックするとポップアップします。

かねてよりその噂は聞いていたものの、このスタッフォードバーンは完全なプライベート・サイト、というよりは個人のお宅で、通常の保存鉄道のように行けば見られるというものではありません。それでも基本的に年に3回、春と秋に招待客を招いた公開が行われており、何とかこれに参加できないものかと思案しておりました。そんななか幸いにも、今年初めに所属しているナローゲージ・レイルウェイ・ソサエティー経由で夫婦宛に待望のインビテーションを得ることができ、先々週、夢にまで見た現地に行ってまいりました。
それでは何回かに分けて、想像を遙かに超えたスタッフォードバーンの世界をご紹介してまいりましょう。

130930n003.jpgスタッフォードバーンを所有されているのはグラハム・リー(Graham Lee)さん、キャロル(Carol Lee)さんご夫妻。グラハムさんはシードオイル会社をはじめ数多くの事業を展開されてこられた大富豪で、熱心なナローゲージャー。もともとはご自宅の庭(といっても都内の公園ほどの大きさの見事なイングリッシュ・ガーデン)に2フィートゲージの庭園鉄道を敷設されたのが発端だったのだそうです。
▲スタッフォードバーンへのエントランス・ロード。"PRIVATE EVENT TICKETS ONLY!"と記された立看板(右奥)が延々と続き、その先にはセキュリティーガードが待ち構えている。'13.9.14 
クリックするとポップアップします。

それからというもの、後述するような経緯から2フィートと2フィート6インチの線路をお庭の外の敷地にも延伸、ご自宅のあるスタッフォードシャー州から州境を越えてウォリックシャー州にまで至る延長2.4㎞に及ぶプライベート・ナローを築かれたのです。

130930n207.jpg
▲SLMばりのブラウン式弁装置を持つ1884年製コルペット(Corpet/フランス)の牽く列車と、2フィートのファウラー製B1タンク機の牽く列車がすれ違う。しかも後補機はバグナル製2Bタンク機。'13.9.14 
クリックするとポップアップします。

さらに驚異的なのはその車輌陣容です。世界各地から集められたナロー蒸機はどれもが逸品ばかり。しかもそのレストアをするために専用の工場まで造られ、さらにはついに19世紀から続く英国屈指の機関車メーカーをも自らのグループ傘下に収めてしまったというのですから、そのスケールの大きさは想像を遙かに超えています。

※"Statfold"の発音は正しくは[stæ't-fóuld]ですが、現地のヒアリングに近い片仮名表記として本稿では「スタッフォード」としております。

130930nbnjnr10.jpg

keio100nn001.jpg

RML170bn001.jpg

kokutetujidai35bn.jpg

seibujyu.jpg

レイル・マガジン

2013年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.