鉄道ホビダス

2013年10月30日アーカイブ

131030n001.jpg
▲中秋の名月には少々遅いが、見事な満月が浮かんだ七戸駅構内にレールバスのアイドリング音が響く。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

遅ればせながら、先日、青森県上北地域県民局主催の「地域鉄道フェスティバル」に参加のため、青森県上北・下北地方の鉄道遺産を巡った際の様子をお目にかけましょう。

131030n208.jpg
▲腕木信号機も残る七戸駅構内を走るレールバス。残念ながら左前方にはバイパスが新設されて線路は途絶えてしまっている。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

今回の現地視察は南部縦貫鉄道の旧七戸駅、向山駅ミュージアム、十和田観光電鉄旧三沢駅、旧大畑線大畑駅の4か所を中心としたもので、それぞれの保存に取り組んでおられる皆さんとの意見交換が大きなテーマでした。

131030n205.jpg
▲一年に一回程度という給油シーンにも遭遇。小型のタンクを積んだトラックがやってきて手作業で100ℓほどを給油。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

131030n212n.jpg131030n202.jpg
▲現役当時そのままの七戸駅駅舎(左)と資料展示室となっている旧待合室(右)。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

まずご紹介するのは南部縦貫鉄道旧七戸駅。上北地方を走るレールバスとして全国的に人気を博した南部縦貫鉄道が惜しまれつつその運行を止めたのが1997(平成9)年5月(正式廃止は2002年)。すでに16年以上の歳月が流れていますが、ご承知のように南部縦貫レールバス愛好会の皆さんの献身的な努力でレールバスは現在も素晴らしい状態に保たれ、定期的に公開運転も行われています。

131030n206.jpg
▲機関庫内にはキハ104やD451、DC251もしっかりと保存されている。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

131030n210n.jpg131030n204.jpg
▲現役時代からレールバスを運転してこられた木村さんが公開運転を担当(左)。右は取り外し式のシフトレバーがユニークなその運転台。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

最近になって旧七戸駅構内の敷地などが七戸町の管理となり、七戸町観光協会が主催して毎週土日には構内の見学会(10:00~16:00/無料)が行われ、立派なパンフレットも用意されています。しかしながら、このレールバスが鉄道遺産として認識されるまでには言い知れぬご苦労もあったようです。

131030n211.jpg131030n501.jpg
▲例によって定点観測を試みてみた。機関庫右側に張り出し部が増設されている以外は32年間ほとんど変わっていないことがわかる。'13.10.19/'81.3.21 七戸 
クリックするとポップアップします。

訪問当日は「地域鉄道フェスティバル」の一環としてレールバス・キハ101の公開運転会が開催されており、私もひさしぶりにその独特の乗り心地を味わうことができました。運転されるのは元車輌区長の木村さん。クラッチを踏み、シフトレバーを倒し、スロットルを開いて...と機械式気動車ならではの"儀式"を目にできるのも縦貫のレールバスならではの醍醐味です。

131030n209.jpg
▲夕暮れの展示線をホームへと向かうレールバス車内。柔らかい曲線を描く正面窓に独特の揺れ...現役時代を体験した者には懐かしい思いがこみ上げてくる。'13.10.19 七戸 
クリックするとポップアップします。

七戸駅構内で保存されているのはレールバス・キハ101、102のほか旧国鉄キハ10形の生き残りキハ104、それに貨物輸送に活躍したD451、DC251と除雪用のDB11で、キハ104も完調ではないものの、愛好会の皆さんの手によって動態にまで修復されたそうです。いずれにせよ、保存車輌の修復や維持費用は、寄付金を募らない方針から体験乗車会の会員証やオリジナルグッズの売上金、さらには会員のポケットマネーに頼っている状況だそうで、その意味でも愛好会の皆さんの熱意には頭が下がる思いがいたします。
南部縦貫鉄道レールバス愛好会情報「思い出のレールバス」こちら

RML171bn.jpg

keio100nn001.jpg

130930nbnjnr10.jpg

kokutetujidai35bn.jpg

seibujyu.jpg

レイル・マガジン

2013年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.