鉄道ホビダス

寝台特急「あけぼの」に乗る。(上)

131018n001.jpg
▲昔も今も変わらぬ上野駅"とうさんばん"で発車を待つ2021列車青森行き「あけぼの」。高崎線の遅れの影響で21時04分の入線となり、発車までは10分ほどしかない。'13.10.18 上野 
クリックするとポップアップします。

先週末は青森県上北地域県民局主催の「地域鉄道フェスティバル」に出席のため青森へ。当初は19日(土曜日)朝の「はやぶさ」で青森入りするつもりでしたが、同行の東武博物館花上名誉館長らのご提案もあって、前夜18日(金曜日)の寝台特急「あけぼの」に乗車することとなりました。

131018n003.jpg
▲本日の牽引機は長岡車両センターのEF64 1053。かつては夜の帳とともに次々と発車していった東北夜行も、今やこの「あけぼの」が最後となってしまった。'13.10.18 上野 
クリックするとポップアップします。

131018n005.jpg131018n002.jpg
▲特急青森行きの方向幕と「あけぼの」のテールサイン。この日も多くの同好の士が熱心にカメラを向けていた。'13.10.18 上野 
クリックするとポップアップします。

言うまでもなく寝台特急「あけぼの」は上野発の最後の青森行き寝台特急であるとともに、トラディショナルなブルートレインとしては最後の存在で、趣味的にも人気が高まっています。もちろん乗車効率も良好で、この日もA寝台は発売直後に完売したようです。

131018n004.jpg結局、B寝台個室ソロの2階を選択。中央通路のいわゆるプルマン式の個室寝台に乗るのもひさしぶりです。なお、当日の編成は以下の通りでした。
機:EF64 1053〔長岡〕
電:カニ24 109
8:オハネフ24 7(ゴロンとシート)
7:スロネ24 551
6:オハネ24 551
5:オハネ24 555
4:オハネフ25 117
3:オハネ24 7
2:オハネ25 148
1:オハネフ24 23(レディース ゴロンとシート)

※客車はすべて青森車両センター所属

▲1号車は「レディゴロ」こと女性専用の「レディース ゴロンとシート」車。8号車の「 ゴロンとシート」車とともに結構人気が高い。'13.10.18 上野 
クリックするとポップアップします。

131021n214.jpg
▲これが一夜を過ごす5号車B寝台ソロの2階室。左の寝台は折り畳まれた状態で、使用時には自らセットする必要がある。左側に垂れ下がっているベルトは転落防止用のもの。'13.10.18 上野 
クリックするとポップアップします。

B寝台個室ソロの2階に"よじ登って"みると、あらためてその狭さに驚かされます。かつて英国インダストリアル・レイルウェー・ソサエティーの友人を立山砂防軌道に案内する際、「世界的に珍しいナローゲージのプルマン式スリーパー」に是非乗りたいとせがまれて「北陸」に乗車したことがありますが、あの大きな図体でさぞや窮屈だっただろうと今さらながらに思い出されます。

131018n006.jpg
▲上野を定刻に発車。まだまだ帰宅客で混雑するホームを"見下ろし"ながら通過。ちょっとした非日常気分にまずは缶ビールを開ける。'13.10.18 赤羽 
クリックするとポップアップします。

講演の資料等もあって今回はキャリーバッグを引きずってきましたが、これが大失敗。2階室のベッドを広げると置く場所がありません。やむなく出入口の折り戸の階段部に寝かせることにしましたが、今度は扉が開かないのはまだしも、靴を置く場所がありません。寝台車を語る際には、下段が良いか上段が良いか、1階が良いか2階が良いか、たびたび議論されるところですが、このソロの場合、1階室は床面に多少余裕があるものの、逆に2階への階段部の張り出しがあって着替え用にも立ち上がれない辛さがあります。

131018n014.jpg131018n013.jpg
▲中央通路のプルマン式B寝台個室ソロ(左)と7号車のA寝台シングルデラックス(右)。プルマン式の通路はすれ違うのもたいへんなくらい狭い。'13.10.18 
クリックするとポップアップします。

131021n206.jpg
▲B寝台個室ソロの寝台番号の偶数は2階、奇数は1階で、この日は「B10」で一夜を過ごす。'13.10.18 
クリックするとポップアップします。

131021n303.jpg131021n301.jpg
▲B寝台個室ソロの1階室入口(左)と2階室入口(右)。どちらもかなり狭隘で、体格の良い方は出入りするだけでも結構たいへん。'13.10.18 
クリックするとポップアップします。

131021n210.jpgそしてもうひとつ、懸念されていた事態が起こってしまいました。個室のドアの施錠はカード式ではなく4ケタの暗証番号を入力する方式です。最初の設定で任意の4ケタを登録し、以後は施錠・開錠ともにこの番号を入力するというものですが、たまにエラーが出てしまうことがあると聞いていました。まさかそれがわが身に降りかかって来ようとは...。開錠しようと入力したものの、「♯」を押すのを間違え、さらに再入力したのが失敗だったようで、液晶文字が上半分しかない悲しい状況に...。結局カレチを呼びにいって開錠してもらう体たらくとなってしまいました。
▲入口扉の施錠はカード式ではなく4ケタの暗証番号によるセルフロック式となっている。'13.10.18 
クリックするとポップアップします。

131018n012.jpg
▲iPadをいじっているうちにもう高崎に到着。2分停車で22時48分発車。市街地のネオンが広がっていた車窓も次第に漆黒に包まれて行く。'13.10.18 高崎 
クリックするとポップアップします。

keio100nn001.jpg

130930nbnjnr10.jpg

RML170bn001.jpg

kokutetujidai35bn.jpg

seibujyu.jpg

レイル・マガジン

2013年10月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.