鉄道ホビダス

2013年8月23日アーカイブ

120824n012.jpg
▲会場は東京ビッグサイト西3ホール。巨大なホールが狭く感じられるほど、高校生たちの熱気が溢れている。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

5回目となる全国高等学校鉄道模型コンテストに初めての全国大学鉄道模型コンテストを加えた「鉄道模型コンテスト2013」(→こちら)が、23日(金曜日)、24日(土曜日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)の西3ホールで開催されています。

120824n011n.jpg
▲女子中高生の参加が増えたのも注目される。写真は横浜富士見丘学園中等教育学校地理研究部の1畳レイアウト部門のエントリー作品。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n008.jpg
▲こちらは白梅学園清修中高一貫部鉄道模型デザイン部のエントリー作品。「神様たちのいるところ」と名付けられたファンタジックなレイアウトは「千と千尋の神隠し」をモチーフとしている。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

今回の参加校は各部門合わせて実に137校。全国から集った鉄道模型レイアウトに情熱を燃やす高校生たちの熱気で、会場は午前中からたいへんな盛り上がりようでした。次第に女子高や女生徒の参加も増えてきており、従来のモデラーにはない感性に、まさに"目から鱗"状態でエントリー作品を見て回りました。とにかく膨大な作品数ですので、詳しいご紹介は『RM MODELS』本誌に譲るとし、ここではダイジェストをご覧ください。

120824n013.jpg
▲「東北震災復興プラン -町を重ねて津波を受け流す-」を発表したのは国立舞鶴工業高等専門学校鉄道研究同好会。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n001n.jpg
▲高校生の作品とは思えない作り込みも随所に見られる。これはモジュール部門にエントリーした灘中学校・灘高等学校鉄道研究部の「アドリア海の女王」。昨年に続いて海外をテーマにし、今回はベネチア市街地の運河をモジュール化。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n009n.jpg
▲逗子開成高等学校・中学校鉄道研究部はタイムリーな東急東横線代官山駅の地下線切り替え工事を再現。地上線には工事資材が配置され、地下線側は走行風景が見えるようにアクリル板でシースルーにする凝った造作がなされている。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

とにかく驚かされるのはその発想の柔軟さです。「こうあらねばならない」という固定観念を払拭して作品作りに取り組む姿勢は高校生ならでは。しかも予算的にも制約があるためか、身近は材料を工夫してイメージを具現化しようとする様は、実に清々しいものがあります。

120824n003n.jpg
120824n004n.jpg120824n010n.jpg
▲千葉県立千葉高等学校は京急神奈川駅をリアルにスケールダウンしたモジュールを出展。JR線側にZゲージ用軌道を用いて狭軌感を演出し、さらに架線や停車車輌の開扉(ダミー)を見せるなどその拘りたるや驚き。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n007n.jpg
▲奇想天外な発想が、アクアリウムの中を列車が通り抜ける大阪府立佐野工科高等学校電子工作部の「佐野海溝」。水槽そのものに透明パイプを貫通させたものではなく、実作は手前と上面にのみ水をはっているものの、それでも4㎏近い水量となっているという。手前側のエアポンプは"魚"が沈まないための役目も担っている。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n006n.jpg
▲水面(?)のサーファーは楊枝による手作り。スイスイと滑るためにサランラップを付けるアイデアが光る。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

120824n005n.jpg120824n002nn.jpg
▲トークショーも人気。いすみ鉄道の鳥塚社長と由利高原鉄道の春田社長のトークに会場が沸く(左)。右は会場内で実に7年ぶりに再会した米国サウンド・トラックス社のナンシー・ウォークマンさん(編集長敬白アーカイブ「ナローゲージ・コンベンションの旅」参照→こちら)。KATOが開発中の「サウンドボックス」(仮称)のビジネスパートナーとして来日している。ちなみにこの写真は社長のスチーブン・ドミンゲッツさんに撮っていただいたもの。感謝!'13.8.23
クリックするとポップアップします。

思えば私が初めて『鉄道模型趣味』誌の誌面を飾らせていただいたのも高校生の時。高校鉄研の仲間と製作したレイアウトが山崎主筆の目にとまり、当時としてはあまり類例のなかったエンド・トゥ・エンドの分割式セクションレイアウトに、さらにナローをドッキングさせた点をご評価いただいたのか、高校生の作品としては異例のカラー5頁を含む15頁にもわたってご紹介いただきました。取材前日はあまりの嬉しさに一睡もできなかったのを昨日のことのように思い出します。同様に、今日の「鉄道模型コンテスト2013」も、きっと生涯忘れられない日となる皆さんが少なくないのでしょう。

120824n014.jpg
▲会場内には5インチゲージの体験乗車コーナーや、全国の鉄道事業者のブースなども並んでいる。24日(土曜日)までの開催で、日曜日までではないので要注意。'13.8.23
クリックするとポップアップします。

seibujyu.jpg

130718RML168bn.jpg

kokutetsu34_bln.jpg

レイル・マガジン

2013年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.