鉄道ホビダス

2013年8月 8日アーカイブ

竜ヶ崎線を歩く。(下)

130806n221.jpg
▲竜ケ崎の駅本屋を出て右手にささやかな車輌基地がある。周辺道路と地続きの車庫線にはキハ2002が休んでいる。中央の矩形庫は蒸機時代からのもの。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

終点の竜ケ崎駅には開業以来の伝統ある車輌基地があります。車輌基地といっても、在籍車輌3輌の今では矩形庫を含めた3線の検修線があるのみのささやかなものとなってしまいましたが、かつては倍以上の線数を持つ4.5㎞のミニ路線としては立派な車輌区でした。

130806n202.jpg
▲逆側、バス車庫のある側の線にはキハ2001が留置されていた。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

130806n006.jpg
▲37年前の同地点。キハ41302の検査中で、取り外されたTR26形台車の修理が行われていた。背後の矩形庫は今とほとんど変わらないことがわかる。'76.3.9 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

中央に位置する矩形庫はまだ4号機や5号機が現役だった蒸機時代からのもので、今でも外観はほとんど変わっていません。しかし、ふと気づいて昔の写真と比べてみると、なんと庫内の線数が2本から1本に変わっているではないですか。かつてこの庫内で4号機を撮影した際にかなり窮屈だった覚えがありますから、作業スペースの確保のため、その後線路位置を移動して1線にしたようです。

130806n220.jpg130806n219.jpg
▲竜ケ崎線の車輌はこの庫で検修を受けるため、リフティングジャッキが備えられている(左)。奥のキハ2001の手前に"だるま"となった有蓋貨車の車体が見えるが、これは明治生まれのテ1の廃車体で、現在でも油庫として利用されている。車庫線の佐貫方には給油設備が備わる(右)。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

嬉しいことにこの車輌基地の周囲は一般道となっており、遮蔽壁のない状態で留め置かれた車輌や検修設備を観察することができます。かつての竜ケ崎駅構内はそれこそ模型のジオラマにうってつけの好ましいものでしたが、今でも充分に魅力的で、まだお出でになったことのないモデラーの方も、ぜひこの夏休みに足を運ばれることをおすすめします。

130806n214.jpg
▲竜ケ崎駅はかつての広々とした構内とはうって変わって片側ホームの頭端式1線のみとなってしまった。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

130806n217.jpg
▲竜ケ崎駅の駅舎は1974(昭和49)年に完成した建物。売店で販売されているたい焼きは古くからの名物。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

130806n216.jpg130806n215.jpg
▲竜ケ崎駅入口(左)と出改札付近(右)。掲げられた駅名標の表記が「竜ヶ﨑」となっているのに注意。'13.8.3 竜ケ崎
クリックするとポップアップします。

ところで、竜ケ崎という地名は実にややこしく、RMライブラリーの新刊『関東鉄道竜ケ崎線 -龍崎鉄道・鹿島参宮鉄道竜ケ崎線-』でも白土貞夫さんがわざわざ「"龍ケ﨑"と"竜ヶ崎"」と題したコラムを設けて詳述されています。"龍"と"竜"、"ケ"と"ヶ"、"崎"と"﨑"がさながら順列組合せ的に入り乱れており、実際に駅頭に立って周囲を見回してみても異なる表記が乱立しています。ちなみに本書では現行路線名は「竜ケ崎」としています。

130806n218.jpg
130806n005.jpg
▲竜ケ崎駅構内上り方の今昔。現在は跨線橋ができて上の写真のような展望が可能。票券閉塞式を用いていた(現在はスタフ閉塞式)旧写真を見ると色灯式信号機が建っているのがわかる。'13.8.3/'76.3.9 竜ケ崎-入地
クリックするとポップアップします。

東京のベッドタウンとしても発展を遂げてきた竜ケ崎線沿線ですが、まだまだ信じられないような長閑な光景を目にすることができます。山手線内からでも半日あれば充分堪能することができますので、お盆休みのミニトリップに訪れてみられてはいかがでしょうか。

seibu100bn.jpg

130718RML168bn.jpg

kokutetsu34_bln.jpg

レイル・マガジン

2013年8月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.